FC2ブログ

プロフィール

nobotyan

Author:nobotyan
イヤハヤ、いつの間にか「古稀」の年代に突入です。

妻や、猫、犬は、お空の上で楽しく暮らしているかな?。
那須オジサンは、独り寂しい限りですが、もう少しだけこの世で頑張ろうかなとね。

那須の素敵な自然が伝われば、また、田舎暮らしも悪くなさそうと思って頂ければ、少しは地域貢献に役立つでしょうから、せっせと発信します。是非ご覧くださいね。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


フリーエリア

良かったら、是非ポチィと

DATE: CATEGORY:旅行記(写真)
今日は、旅の最終日です。

朝は、しっかりホテルのバイキング形式の朝食を食べます。恒例のチェーン店のホテルよりは格が上でその分朝飯も充実しています。料金が別途取られているのですし、夜には居酒屋として開いている所でもあり、対応は幾分若い女性でしたしね。

89.jpg

急ぎ過ぎたようで、始めに目的としたロープウェイはまだ動いていません。入口近くの昨日にお参りしたお寺で時間を潰します。
まだ季節に逆らうように耐え残っていた紅葉、健気にも色づいていて僕を慰めてくれました。


優しく迎えてもらえるのはいつでもどこでも嬉しいものです。


91.jpg

晴天のスカイブルーの世界へ突き進んでゆきます。朝一番のロープウェイに一人貸切で乗り天上に向かう気分です。

大きな乗り物ですが、一人では寂しい限りのところを、若くて可愛い女性の添乗員が声を掛けてくれました。何処から来たのかとの問いでしたが、結構嬉しいものです。

92.jpg

 
頂上からの展望を楽しんだ後に、ひっそりとした「文学の道」を下り始めます。こんな素敵な空間を独り占めでいいのでしょうか、思わず笑みがこぼれてきます。


いやー、楽しい、生きているぞー、そんな感慨が湧いてしました。

93.jpg


眼下には営々と続いてきた街並みとそれを支えてきた海、見事な調和です。

人知の限界に対する畏れを知った人の日々の生活での思いが、多くの寺社を造らせたのでしょうか、坂道や山の極々狭量の土地にへばり付くようにして建立され大切に信仰を一身に集めています。

94.jpg

尾道には何故か猫が多くいてこのまったりした雰囲気が心を和ませます。僕の家にも猫がいますが癒しとしては最上の存在です。文豪の小宅(失礼!)の手水鉢の少なめな水で喉を潤している猫もいます。実に素晴らしい時間の流れを感じます。


95.jpg


96.jpg

写真の技術が未熟なのが歯痒いですが撮影ポイントは至る所に有ります。とても美しい街です。勿論生活するには坂道の暮らしは困難を伴うでしょうが、その減点を補うだけの景観と穏やかに流れる時間があるように思えます。


97.jpg


98.jpg


猫と色んなところで出会えるのは楽しいです。教会もあります。地元の方との会話は少なかったけど、商工会議所の方や道行くご婦人や寺で遊ぶ子供たちとの交流もありましたが、いずれも体内時間が少しゆったりしているうえ、許容量が広そうで安心できるような人達でした。



今日はこれまで  また明日  (@^^)/~~~


いよいよ、尾道の後半で、帰路の旅が終わります。明日がフィナーレです.



朝食前薬前(126,54,61,6.1)  今日は、朝の内は曇り時々晴れ、その後雨が降りそうです。

ちょっとだけお出掛け、上手く雨が晴れていれば、かなり気になる菜園の雑草を取りたいです。

そろそろ、天気が良い日にはジャガイモの収穫も出来そうです。

あぁ、鮎釣りも行って無いので行きたいな。旅はもう少し我慢かな。

やりたいこと、やらねばならない事が沢山ありますね。




にほんブログ村  「栃木情報」もクリックして頂ければ、とても嬉しい!

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2020 那須の緑風に乗って all rights reserved.Powered by FC2ブログ