FC2ブログ

プロフィール

nobotyan

Author:nobotyan
イヤハヤ、いつの間にか「古稀」の年代に突入です。

妻や、猫、犬は、お空の上で楽しく暮らしているかな?。
那須オジサンは、独り寂しい限りですが、もう少しだけこの世で頑張ろうかなとね。

那須の素敵な自然が伝われば、また、田舎暮らしも悪くなさそうと思って頂ければ、少しは地域貢献に役立つでしょうから、せっせと発信します。是非ご覧くださいね。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


フリーエリア

良かったら、是非ポチィと

DATE: CATEGORY:オジサンの手料理や外食
夕方、5時半過ぎ、さて、洗濯物も取り込み、それなりに片付けも終わりました。

ちょっと期待して待っていたカメラ関係の本3冊が届き、渋い雰囲気に「うしっし」と含み笑いを浮かべて、でも、後でゆっくり味わおうと夕食の準備を始めます。夕食は、本さわらの西京漬、イタリアン風鶏肉料理、それに、白菜と春雨の「白菜スープ」です。

まず、白菜をかなり大量に刻みます。買い置きのベーコン、ニンジン、玉ねぎと春雨を準備し、コトコト煮込み始めます。息子や娘にとっては、多分おふくろの味の料理。でも、優しい味でしたが、僕はあまり好きでなく、レシピは不明。妻のダイエット料理であったようですが、息子のためにも娘が正月に帰省したらレシピを教わろうっと。

サワラを2切れでは不似合の大型のグリルで焼き始め、そうだと、友人と出掛けた息子に確認すると、夕食は不要とあります。仕方がありません中止できず焼き上げました。スープは元々数日食べられるように作ったので問題なし。イタリアンは調理中止。

ではと、急きょ変更し自分のためだけの晩酌用の「大人な料理」としました。それが、次の写真です。
2016 10 4 夕餉の晩酌
左時計回りで、小鉢が貴重な郷土料理で近所の方から頂いた蜂の子のつくだ煮、味付けが上品で美味しいです。次に、本サワラの西京漬、真ん中は、家にある山椒の葉を使った会津の郷土料理のニシンの山椒漬。

この山椒漬、春に新芽を沢山使い酢醤油を基本としたタレに漬物用の陶器の器を使って長く漬けたものです。途中では、タレを捨て、今度は自分なりの工夫である山椒をフードプロッセサーで粉砕したものを香りづけに加え2度漬けにしました。

円やかな味になり、日本酒の肴として美味しいという自信ありですよ(^∇^)
2016 10 4 酒 浦霞
お酒は、昨日買って来ていただいたものは保存してあり、手持ちの【浦霞】を大好きな娘と妻が僕のために買って来てくれた【琉球焼き】の杯で、また渋く優しいフォルムの片口で頂きます。

一人酒は寂しいですが、外から、お互いを求めあうように精一杯の鳴き声を上げる虫の営みの様子が届きます。僕も、もがきながらも、それなりに優しく、心豊かに季節の移ろいを感じつつ、日々を穏やかに過ごせるような素敵な大人の男でありたいと思っています。

今、後ろでは、CDの平原綾香さんがカバーしている、福山雅治さんの「桜坂」が流れています。奇遇にも、糸井重里さんのHPの「ほぼ日」で、福山さんと糸井さんの対談の模様がアップされており、今日が最終回でした。

冒頭の方で先述し、カメラ関係の3冊の本も、この「ほぼ日」から得た情報で購入しました。

では、この辺で、お休み!。
夜はまだ浅く、ベットに入って本でも読むことにします(@^^)/~~~
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2020 那須の緑風に乗って all rights reserved.Powered by FC2ブログ