FC2ブログ

プロフィール

nobotyan

Author:nobotyan
イヤハヤ、いつの間にか「古稀」の年代に突入です。

妻や、猫、犬は、お空の上で楽しく暮らしているかな?。
那須オジサンは、独り寂しい限りですが、もう少しだけこの世で頑張ろうかなとね。

那須の素敵な自然が伝われば、また、田舎暮らしも悪くなさそうと思って頂ければ、少しは地域貢献に役立つでしょうから、せっせと発信します。是非ご覧くださいね。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


フリーエリア

良かったら、是非ポチィと

DATE: CATEGORY:俳句(写真)
俳句を詠んでみようかなと言う気分になってから、概ね1年になって来ます。

勿論、仕事が企画的なことで文章を作ることが多く、まには俳句や和歌も挟んで乙になっていた時も有ったかな?

でも、俳句の本を買って読み始めたのは、1年ちょっとかな?
結構独り遊びに適した趣味ですね。

これからは、一人旅にはその気になって俳句を詠んでみようかな。
それこそ、吟行かな?

ウロウロと景色や歴史的な建造物を眺めるのも、流れるように歩くことが多いので、俳句を詠むのには歩みを止めて時間を自分に取り込んで咀嚼(そしゃかく)して、吐き出さないと作句できませんから楽しいかも。



今日は、小鳥さんが俳句にお付き合い。

ツグミ  2.JPG



冬枯れの季節と遊び時喰(く)らう」(nobotyan詠む)


ツグミさんは結構ポピュラーな小鳥さん。
案外懐(なつ)っこい小鳥な気もします。

ある程度の距離があれば逃げ去って行くことはいです。

ツグミさん.JPG



笑顔の子こちらも破顔春陽射(はるひざ)し」(nobotyan詠む)



途中で小さなベンチに「ぶちかって」休みます。

「ぶちかって」とは、「座って」と表記するのか?栃木、茨城などの北関東の方言のような言葉。

何か、オジサンがちょっと声に出して「やっこら、どっこいしょ」と座る感じが上手く表現出来ているよな方言と自画自賛。

冬終わり、春を迎える公園のベンチの日溜まりは、まあご馳走ですねぇ。

ツグミさんに遊んで頂いて、先に進みましょう。



園路がアスファルト舗装の小道でこの子に出会いました。


ヒンズイ.JPG

ちょっと緑っぽい感じな姿。
もしかしたら逢いたかったアオジさんかな?とカメラを向けます。



笑顔女(ひと)寒風の日に霜(しも)溶(と)かす」(nobotyan詠む)


女性の笑顔は、心の氷を融けさせてくれます。
小鳥さんの愛くるしい仕草にも心をホッコリとさせてくれますよ。

この子はアオジさんでは無く、ヒンズイさんですかな?

ヒンズイかな


小鳥の名前を同定(どうてい)するのは初心者には難しい。


ああこの子ならよく知っているよ!

シジュウカラ.JPG

この子なら公園の散歩ではお馴染みの子ですねぇ。
シジュウカラは公園の主流派。


縄暖簾(なわのれん)馴染みの女将(おかみ)溶(と)ける寒(かん)」(nobotyan詠む)


馴染みとか、定番とか、平凡とか、でも悪くない。安心して心の置き場所になるよね。
「寒」と「燗」を掛けましたが変かなぁ?

大いなるマンネリ万歳!!


今日も、あちこちと心も頭も逍遥して、とりとめ無いブログでしたかね。


では、これまで  また明日  (@^^)/~~~


朝(120、54、70)  今日は快晴。気持ち温かい。送って来てから、2台の車を洗いました。素では冷たかったけど、自分を戒めるミニの罰の仕事。

心を洗う代わりに、車を洗ったよ。

天皇誕生日の振替、登校、通勤が無く静かな日になっています、陽射しも少しづつ強くなってきています。

コーヒーを飲んで、そんな日が始まりました。



にほんブログ村  「栃木情報」もクリックして頂ければ、とても嬉しい!

スポンサーサイト



tag : 那須 ツグミ ヒンズイ シジュウカラ 俳句

コメント

Re: タイトルなし

春になって来ましたねぇ。空気も丸くなりました。

小鳥は「さん」を付けた方が可愛感じますよね。


今日は、通院日だったので久し振りにマスクを着けました。

院内はほぼ皆さん着けてました。

何だか すっかり春の陽射し・陽気ですね 

ツグミさん ヒンズイさん シジュウガラさんと まるで外国の恋人のような名前ですね 小さくて可愛い小鳥達です
いつも「〇〇さん」と さん付けで呼んであげる 優しいnobotyanさんです

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2020 那須の緑風に乗って all rights reserved.Powered by FC2ブログ