FC2ブログ

プロフィール

nobotyan

Author:nobotyan
イヤハヤ、いつの間にか「古稀」の年代に突入です。

妻や、猫、犬は、お空の上で楽しく暮らしているかな?。
那須オジサンは、独り寂しい限りですが、もう少しだけこの世で頑張ろうかなとね。

那須の素敵な自然が伝われば、また、田舎暮らしも悪くなさそうと思って頂ければ、少しは地域貢献に役立つでしょうから、せっせと発信します。是非ご覧くださいね。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


フリーエリア

良かったら、是非ポチィと

DATE: CATEGORY:写真
今日のブログは、昨日と今日のチマチマした話、オジサンにそうそう驚きがある生活でも無く、楽しい話も無い。


昨日も家遊び。


そうだ、葉は小鳥に食べられたけど、人間が食べる所は残してくれているので収穫にと菜園に降り立ちます。


111北窓は低いもの.jpg

北窓の半分は映せないものがあるので、右手だけ写しますが、この先に菜園があります。

小鳥を観察しているものもこの窓で、撮影や視界の関係で低いものを置いています。

お空に上がったこの子を慰みに飾っていますよ。



でね、標記の話。

今までも何度か覗きに行っている花のこと。

お隣さんのものはとっくに咲いているのに、我が家のものは一向に音沙汰がない。

111やっと咲いた福寿草.jpg


でも、もしかしてとサザンカの生垣の手前を見たら、チラリと黄色い花が。

良く見たら確かに「福寿草」。

「おお、咲いている!!」と嬉しい大きな声をあげてしまった。

そうしたら見えなかったが、生垣の先の道路を歩く人が、「どうしたの?」と声を掛けてくれました。

良く見たら、那須オジサンのような年寄りよりも先輩のような女性が、手押しのシルバーカーに掴(つか)まって歩いている時で、驚いたようです。


言い訳を兼ねて、福寿草が無くなったと諦めていたら、咲いていたので思わず声をあげて仕舞ったと説明をしました。

それは良かったねぇと声が帰ってきました。


近くのユズを見てオバサン、鳥が来るのかなと言う問いに、説明後オジサン、持って行きすかね?と言うと、オバサン、貰いたいと言う。

届くところにあった4個ばかりを採って差上げました。

知らない方ですが、それなりのふれあいがありましたね。



そうだ、このまま、久し振りの散歩に出掛けようと思いました。
用心して、手慣れた場所の短いコースに。1.2キロほど。


途中では、小学校の校庭をかすめます。

白梅.JPG


愛犬が生きているときは、何時も那須オジサンとランディとの二人で歩いた通り道。
そこの行程に、小が生る古木が早めに咲いています。

が咲いているのね」と、見上げて撮影している那須オジサンに声を掛けて来る、小さな犬を連れた散歩の方が。


先を行く散歩さんをついて行くように、行くと、こちらは犬の散歩の時に時々見ている方ですので、ここを曲がるはずだと言う場所で曲らずそのまま直進。


那須オジサンは、ちゃんと曲がって、散歩の方の家だと言う庭先を見ると、一杯に夏ミカンがなっています。冬に黄色い色が綺麗な感じ。


そうしたら、途中でまた出逢い、あのミカンが夏ミカンと尋ねた。

少し怪訝そうな顔。やっと成るようになったのですよと返事が来た。

那須オジサンは、この道は犬の生前には散歩コースだったので、貴方を何度か見掛けて知っていたんですよと、怪訝顔を払拭するように説明、これまた短いふれあいでした。



こんな話、他人様にはどうでも良い話ですが、こんな人とのふれいあも楽しいものです。


で、冒頭の絵とこの後の絵は本日の小雨の日です。


遊び部屋の南窓.jpg


この絵は、遊び部屋の南窓。

こちらは背が高いものがありますね。

その先には、お隣の庭が。

大好きなイチョウもやっと強烈な剪定に耐えて、枝を出を始めています。
これから芽吹きから、青青とした青年の葉、黄葉の秋、針のような枝だけになった冬、野鳥の止まり木もなる大切なイチョウさんです。


それこそ、平凡な日々の話でした。


じゃあ、これまで  また明日  (@^^)/~~~


朝(114,61,57)  今日は快晴。お出掛け日和ですが、来客が予定されるので、どうするか悩んでいるところ。

一番行きたいのは、コーヒー豆の補充にお隣の街までお買い物。片道40分くらいかかるので、ちょっと直ぐ行ける場所でも無いので、時間的な空き時間と相談です。




にほんブログ村  「栃木情報」もクリックして頂ければ、とても嬉しい!

スポンサーサイト



tag : 那須 菜園 福寿草

コメント

Re: 会話はいいですね

歳を重ねるごとに、お喋りオジサン化してきました。

たまに会話をすると機関銃の様に、一方的に喋っています(トホホ)


確か、「男は、黙って…」何とかと言っていた寡黙を、男の美学としていたコマーシャルがあったよね。

ゴリラ顔のオジサンが、ペラペラとほざいていると可笑しいね。

会話はいいですね

連れ合いが亡くなると・・・困るのは会話が無い事です
一番・身に堪えます
それで何気ない会話が楽しいですね
私も日々会話を求めています 出かけたり・誘われたりです 


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2020 那須の緑風に乗って all rights reserved.Powered by FC2ブログ