FC2ブログ

プロフィール

nobotyan

Author:nobotyan
イヤハヤ、いつの間にか「古稀」の年代に突入です。

妻や、猫、犬は、お空の上で楽しく暮らしているかな?。
那須オジサンは、独り寂しい限りですが、もう少しだけこの世で頑張ろうかなとね。

那須の素敵な自然が伝われば、また、田舎暮らしも悪くなさそうと思って頂ければ、少しは地域貢献に役立つでしょうから、せっせと発信します。是非ご覧くださいね。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


フリーエリア

良かったら、是非ポチィと

DATE: CATEGORY:俳句(写真)
駄作ばかりとは自覚していますが、少々、このところ俳句や川柳に興味を持ち、詠んで吐いて一人遊びをしています。

サークル(結社)や趣味の会などに、人と交じることが苦手な那須オジサン、あえて入り込むことは控えています。

勿論、人が嫌いと言うのではないのですが、素直に仲間に溶け込むのが慣れないのです。

人恋しく思ったり、逢いたいなぁと思う人がいますが、気楽につきあうことが下手なのでしょうね。


今日は、家の花にお付き合いして頂き撮影をして、下手な俳句を添えて今日のブログとすることにします。



IMG_0428.jpg

このバラは年越しをして新春に咲いています。

名は「新雪」と言うツルバラで、わざわざ園芸店で取り寄せてもらったものです。

丸太で作った自家製の棚は、先の地震でお隣の高い大谷石の塀が崩れた時に、棚が崩壊し片付けの時に別なバラはダメにまりましたが、この子だけは気丈に生き永らえました。

今は、鉄パイプで棚を作りました。

ですから、那須オジサンとしては本当に可愛いバラですね。

愛犬も愛猫もこの下に埋葬されています。

耐えて咲く新雪のバラ冬の一枝(いっし)」(nobotyan詠む)



玄関先に植えてあるビオラ、同じく遊び部屋の北窓の出窓の棚にも、小さな鉢に一株植えています。

ビオラ 1.jpg

飾り窓は、オジサンの遊び部屋で、毎日の外を見るための窓として一番大好きな場所になっています。


行く雲の頬杖(ほおづえ)見やる君が郷(さと)」(nobotyan詠む)



この窓辺には、生前に愛猫(ミューちゃん)が外を見るためにも、鳥を眺めるのも、彼女も大好きな窓辺でした。

那須オジサンのお気に入りは、ミューが、この窓で外からオジサンを見ているのを、こちらは作業中に菜園から見上げるのが大好きな風景でした。

本当に平和で温かい時間を持っていました。(懐かしい大好きなひと時!)


ビオラ 2.jpg

那須オジサンも、猫のように日溜まりで外の景色を、心たいらにして眺めていたいです。

窓越しの日溜まり午睡(ごすい)我も猫」(nobotyan詠む)



外に出る時には細めの幅の襟巻(マフラー)を頂いて、これを毎日重宝に使っていますが、もっと本格的には、そう寒い外での撮影には、えんじ色の妻の残したマフラーをカメラバックに、ほかにカメラマン手袋とベロ付きの毛糸の帽子を入れておき活用しています。

パンジー 1.jpg


形見巻き北からの風頬寒し」(nobotyan詠む)

寒い季節になってきました。
1月は、新春とか俳句の季語としては1月から3月が春なので、もう春なんですが、那須地方はこれからが冷たい北の風が厳しく強い風が吹き荒ぶるようになるのです。

「おお寒い!!!」

パンジー 2.jpg

日溜まりになる表玄関先のパンジーを見たり、北風を防ぐように植えた生垣のサザンカを眺めます。


サザンカ.jpg


そうそう、サザンカの風避けの助けを得て咲いている妻が残したロウバイも既に咲いています。

蝋梅.jpg


咲く花の一心の強き応援歌」(nobotyan詠む)


花を愛で、心平らかに、身体は健やかに、平々凡々をモットーにして過ごしましょう。

では、今日は、これまで、また明日  (@^^)/~~~


朝(112,61,47) 今日は、曇り時々小雨。昨夜に薄っすらと雪が降り、朝の内に溶けました。

人想う小雪溶け去る春来たれ」(nobotyan詠む)

今日は、家で沈澱とします。休むと言うのもひと仕事かな。

疲れが、あちこち痛める原基となるから休めとな、温かいと忠告、素直に従います。

昨年の病は、完全治癒とは言えませんが、可なり良くなっています。
今度は、歯が傷んできました。焦らず癒して行きます。


にほんブログ村  「栃木情報」もクリックして頂ければても嬉しい!




スポンサーサイト



tag : 那須 俳句

コメント

Re: いい文です

レディに発ししてはいけな言葉、妻は結構おドブさんの人でした。

間違って買ったのか、大きなセーターをお下がりを頂きましたよ。
那須オジサンは、かなりのデブですが、今でも何とか重宝に使っています。


花は好きですが、一時のガーデニングを一所懸命やった頃からすると、止めたというくらいです。

でも、玄関先ぐらいは綺麗にしたいものです。(表は、自分らは使わないのですがね)
 

いい文です

文がいいなぁ↗ 貴方の心情が出ていて!

>そう寒い外での撮影には、えんじ色の妻の残したマフラーを・・
 形見はいいですね\(^o^)/
 私は夫の分 大きすぎてどれもダメです スニーカー・服等・・・
 でも思い出は沢山ですよ

私もパンジィーは小さいビオラが好きです
 
 


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2020 那須の緑風に乗って all rights reserved.Powered by FC2ブログ