FC2ブログ

プロフィール

nobotyan

Author:nobotyan
イヤハヤ、いつの間にか「古稀」の年代に突入です。

妻や、猫、犬は、お空の上で楽しく暮らしているかな?。
那須オジサンは、独り寂しい限りですが、もう少しだけこの世で頑張ろうかなとね。

那須の素敵な自然が伝われば、また、田舎暮らしも悪くなさそうと思って頂ければ、少しは地域貢献に役立つでしょうから、せっせと発信します。是非ご覧くださいね。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


フリーエリア

良かったら、是非ポチィと

DATE: CATEGORY:写真
ほぼ1か月、伏せっていた内に、秋の綺麗な里の錦秋を見ないうちに冬がずんずんと入り込んできました。

口惜しい日々でしたが、前日にはホームウェアから普段着に着替えて気分を替えています。

さて、その翌日には、体力が無いオジサンでも撮影できる場所、車で30分以内、歩くのは100メートル程度まで、しかもベンチなどあれば最高と選んだのは「ここ、羽田(はんだ)沼」

田んぼの温水溜池のような場所に白鳥が来るので、結構小さな池ですが沢山のお客さんが来ています。


5K5A3144.jpg

これが憧れの君、「ミサゴ」さんです。

苦節十数年などとは言えませんが、夏に、山で出会った親切な野鳥カメラマンに情報を頂い時から4回目の訪問です。

伏せったので1か月ぶりの登場。


「出たぞ!」と言う言葉にびっくりして、大きな望遠レンズを付けた2人のカメラマンさんの声に、もそもそと反応する那須オジサン (;^ω^)

5K5A3129.jpg

こんな感じの時にやっと那須オジサンにも捉えることができました。

「トビ」さんじゃないのぉと言う思いは那須オジサン。


どんどん来てくるとどうも違う!

5K5A3133.jpg

旋回しながら池の上に登場です。

例えれば、長いこと逢えなかった大好きな恋人が顔を見せた時の「ドキドキ感」です。


情けは人のためならず」と言うことでしたね。

那須オジサンが座っているベンチの10メートルのところに、三脚に迷彩服をまとった超望遠レンズカメラを載せて、何かを狙って狙っているようです。

別に聞き耳を立てなくても、色んな撮影場所や那須オジサンが美味しい話と思える野鳥の話が届く。

でね、色んな情報が聞こえて楽しかったと、近づき持っていたキャランルをお礼に差し上げました。

那須オジサンだと、もしかしたら見落としてカメラを向ける瞬間を逃すところでした。感謝、感謝!


5K5A3135.jpg

この後、目を切ってしまって何処に行ったか判然としてしまって、もう何処に去ったと思っていました。



もうこれでお仕舞と思ったら、また「でたぞ!」という言葉。

どうも池の中に鴨が沢山いる所に急降下して魚を獲ったようでした。


慌ててカメラを向けても「ミサゴ」をキャッチできない、ピントも合わない。


自分の戒めとして、ひどすぎるピントボケの写真を2枚計上します。

5K5A3147.jpg

池から飛び立って、どんどんこちらに来ます。

5K5A3159.jpg

これですよ、ちゃんと魚をくわえて飛び去るのを捉えきれませんでした。未熟を痛感しましたよ  (≧◇≦)

この絵を綺麗に撮っていたら最高でしたね (T_T)

でも考えれば、最初の出会い、大好きな恋人でも遠慮というもので、「御簾」越しの逢瀬と言うことで、次回ははっきりと生で対面して綺麗な姿を映させて頂くことにしました。


改めて傍の親切なカメラさんにお礼をして辞去しました。

「OK」のサインで笑みを浮かべて応答してくれました。
本当に嬉しい時間を過ごさせて頂きました。

帰り車でまた見たら彼らはカップラーメンを啜(すす)ってこれからも粘るんでしょうね、見習わなくてはいけません。


では、今日は那須オジサンにとって病気後の嬉しい出来事の話、「ミサゴとの逢瀬」の話でした。

興味の無い方には飽きられましたでしょう。ゴメンナサイ。

じゃあ、また明日 (@^^)/~~~

「脳梗塞による失語症のリハビリ中。誤字や言い回しなど間違いもありますので、ご容赦ご願い致します」

朝(130,66,63)  今日は薄曇り。強い北西からの山おろしの風。

じっと家で過ごします。少し位は散歩でもして落ちている体力回復をしたいのですが、今は焦る時では無いようです。急(せ)いては事を仕損じると言うからね。


にほんブログ村  「栃木情報」もクリックして下されば、とても嬉しい!
スポンサーサイト



tag : 那須 ミサゴ 情けは人のためならず

コメント

Re: お早うございます

ほおずきさんへ

何回か通っての逢瀬だったので、病み上がりと言う事もあり、嬉しかったです。

あれ〜、「言いまつがい」(糸井重里さんのホームべージのコーナーのパクリ)です。
失語症のせいだね。

カタカナは、漢字変換しないので注意しないと、こう言う「言いまつがい」の天然ボケの失敗が発生することが多いですね。

今のオジサンの大きな楽しみなので、下手な撮影を続けますよ。

お早うございます

貴方の 恋人と逢瀬した様子が いいですね!
>おお!! マイベイビー!!! その尊顔 ミサゴ様
 高揚したことでしょう 

>近づき持っていたキャランルをお礼に差し上げました
 キャランル? 専門用語?かなと思い検索しました
 ふぅ・・・キャラメル系の事だったのですね 了解

失敗画像 何て言わないで 恋人画像なら 愛おしい事でしょう

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2020 那須の緑風に乗って all rights reserved.Powered by FC2ブログ