FC2ブログ

プロフィール

nobotyan

Author:nobotyan
イヤハヤ、いつの間にか「古稀」の年代に突入です。

妻や、猫、犬は、お空の上で楽しく暮らしているかな?。
那須オジサンは、独り寂しい限りですが、もう少しだけこの世で頑張ろうかなとね。

那須の素敵な自然が伝われば、また、田舎暮らしも悪くなさそうと思って頂ければ、少しは地域貢献に役立つでしょうから、せっせと発信します。是非ご覧くださいね。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


フリーエリア

良かったら、是非ポチィと

DATE: CATEGORY:旅行記(写真)
2日目は、快晴と言う日までにはなりませんが、後半は雨が心配と言う感じで折りたたみ傘を持参するような陽気。


朝風呂に入って、朝食を頂き、連泊なので小さな荷物で、9時10分宿の車で駅に。

海岸縁のホテルから山の中腹を走る鉄道の駅まで送って頂きます。直線では大した距離ではないのですが、勾配が半端なく急で歩いて行くのなら、途中で帰ってくるような感じ。


昨日の特急踊り子号よりかなり綺麗な普通車が来ました。

ブログ 終点 伊豆急下田駅.jpg

右の青い列車は伊豆急の特別列車ですが、左の赤い列車が普通車でした。
展望シートが着いていてとても豪華な感じ。へぇ、これで普通車なのだねぇと喜ぶオジサンたち。

車窓を楽しみながら終点の伊豆急下田に向けて進みます。

ブログ 北川温泉街.jpg

伊豆北川(ほっかわ)駅のホームから宿泊している白いホテルが見えます。
駅は無人駅です。


ブログ 車窓から  2.jpg

日射しが陰ってきましたが、それでも綺麗な海を見てながら、海向きのシートで堪能できます。

台風の風の波も収まってきているようです。

ブログ 車窓から.jpg

小さな湾に打ち迫る波も心なしか収まっているような。

ブログ 車窓から  3.jpg

目を凝らすと、小さな漁船が出ています。向こうには荷物船が北から南へと進んでいます。

こんな風景を見ているだけで十分旅情を堪能できますね。


ブログ 車窓から  4.jpg

海の向こうには霞んでいますが、伊豆7島の一部が目を楽しませています。


たった、30分間の車窓だけでしたが、十分中身の濃い列車時間でした。


では、今日はこれまで  (@^^)/~~~

朝(136,59,52)  今日は、快晴! 紅葉偵察に山に行きたいのですが、洗濯日和、溜まっていた洗濯物を気になりますよね。布団も干したり、ベッドカバーも取ってベッド自体にも風をあてたり、主夫業優先です。



「脳梗塞による失語症のリハビリ中。誤字や言い回しなど間違いもありますので、ご容赦ご願い致します」



にほんブログ村  「栃木情報」もクリックして下されば、とても嬉しい!
スポンサーサイト



tag : 那須 伊豆の海 車窓

コメント

Re: タイトルなし

おはようさん。

早朝に、起きました。

豪華列車、行く時ボロい踊り子号から駅ですれ違いに見ましたよ。

綺麗なランプを着けた食堂車が見えました。

また、伊豆高原駅近くで、保線区か何かの人達が線路に並んでお迎えしていました。

誰か偉い人でも通過するのかなと見ていたら、この列車が来ました。こちらも高原駅に着いたら、止まっていました。

帰りの踊り子号は、時間が余ったので繰上げたら今度はリゾート号に乗れました。

伊豆は海が素敵ですよね

以前行った西伊豆の海越しの富士山が良い思い出になっています。

今度の時は、西伊豆に行きたいな。船で沼津に出て帰りましたが、これも印象深い思い出です。

Re: タイトルなし

おはようさん。

早朝に目が覚めました。

赤い列車、展望車もついて本当にお得な普通車です。

金目電車ですね 

隣の青の電車 ロイヤルエクスプレスです

横浜~下田間 フランス料理付き ピアノ生演奏付きで
2万5千円 高いかそうでないかは その人感覚で


今では乗る人がいないので いつも伊豆高原で停車してます

来年 北海道で走らせると聞きましたが・・・


北川きたがわではなく ほっかわなんですよね

きたがわって読んでしましますよね 北川~今井浜海岸まで
トンネルもありますが 海スレスレ走りますから スリル
満点ですね 

お疲れ様でした また おいで下さいませ。









こんばんは、

普通列車にはとても見えませんね。
十分満足わかるような気がします♪

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2020 那須の緑風に乗って all rights reserved.Powered by FC2ブログ