FC2ブログ

プロフィール

nobotyan

Author:nobotyan
イヤハヤ、いつの間にか「古稀」の年代に突入です。

妻や、猫、犬は、お空の上で楽しく暮らしているかな?。
那須オジサンは、独り寂しい限りですが、もう少しだけこの世で頑張ろうかなとね。

那須の素敵な自然が伝われば、また、田舎暮らしも悪くなさそうと思って頂ければ、少しは地域貢献に役立つでしょうから、せっせと発信します。是非ご覧くださいね。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


フリーエリア

良かったら、是非ポチィと

DATE: CATEGORY:旅行記(写真)
ネットで調べたら、東北の大地震や栗駒一体の地震で壊滅に温泉がなりましたが、今日紹介するのは2019年には再オープンすると言うそうな、頑張って再建して頂きたいなぁと言う旅館です。


那須オジサンさんたちは、かなり古い1軒屋旅館や、新館では無く本館や旧館の方を選ぶんです。

古い方が旅情を掻(か)き立てられますよね。

今日は、宮城県栗駒市の「温湯(ぬるゆ)佐藤旅館。

趣きある外観.jpg

百聞は一見に如(し)かずと言うそうですが、この絵を見ればかなり古そうだと判りますよね。

廊下を見ると、絵が少し歪んで見えるのですよ。

旅館の廊下.jpg

今のガラスと違って歪んでいたりして、そはそれで趣があります。
却って、このガラスの方が貴重なものです。


湯殿だけは新しく露天風呂を作ったようです。

新しい湯小屋.jpg

写真を撮るか迷っていたら、見ず知らずの方が、撮ってあげますよと言われ、ご親切に甘えて撮って頂きました。

本日は那須オジサンの裸は登場しませんよ、ご安心を!。


で、先の「岩魚の館」の昼酒を敵をとるように、ガバガバと呑んで二日酔いになりました。

佐藤旅館.jpg

地ビールか何かも呑んでしまって、オジサンは節操と言うのが無いのですね。


でね、不思議なんですが…。

朝はあっさりと.jpg

家でなら朝ご飯はパスするはずが、ちゃんと2杯食べるんですね。

オカズを見て頂くと、山のお宿と言う感じです。
マスの甘露なんかも付いてね、これで十分すぎているご飯でした。


では、明日はメインの秋の温泉(今は幻になってしまった温泉)をお届けしますね。

じゃあ、次は第4弾に続く (@^^)/~~~

「脳梗塞による失語症のリハビリ中。誤字や言い回しなど間違いもありますので、ご容赦ご願い致します」


にほんブログ村  「栃木情報」もクリックして下されば、とても嬉しい!
スポンサーサイト



tag : 那須 温泉 幻の温泉

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2020 那須の緑風に乗って all rights reserved.Powered by FC2ブログ