FC2ブログ

プロフィール

nobotyan

Author:nobotyan
イヤハヤ、いつの間にか「古稀」の年代に突入です。

妻や、猫、犬は、お空の上で楽しく暮らしているかな?。
那須オジサンは、独り寂しい限りですが、もう少しだけこの世で頑張ろうかなとね。

那須の素敵な自然が伝われば、また、田舎暮らしも悪くなさそうと思って頂ければ、少しは地域貢献に役立つでしょうから、せっせと発信します。是非ご覧くださいね。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


フリーエリア

良かったら、是非ポチィと

DATE: CATEGORY:旅行記(写真)
さて、ホテルから京都駅に荷物をデポして、JRで山崎まで移動です。
山崎と言うと呑兵衛なら、あれ、サントリーのウイスキー工場があるところだよねと思い浮かぶはず。

でも、今日は、アサヒビールにゆかりの美術館です。

2016 12 18 大山崎山荘 入口 ブログ用.jpg

今日はお寺は回りませんよ。
京都とは言っても、明治以降の遺産で、素敵なところを2か所回ります。

まず、大山崎山荘美術館です。
京都駅から鈍行で4つ目の駅に山崎駅。

駅からはそう遠くないのですが、サービスで、無料の送迎バスが運行されており、坂道を登って行かねばならないので助かります。

満席の時は高齢者、障害者優先ですが、マイクロバスに乗れるほどの人数だったので、僕たちも利用させて頂きました。

9時50分のバスに、丁度ぴったりの駅到着でほぼ待たずに本日の第1便に乗車です。

2016 12 18 大山崎山荘 入口のトンネル ブログ用.jpg

開門5分程度前に着き、しばし待って開門。
この写真のトンネルを抜けて敷地に入ってゆきます。

流石にアプローチからして素敵なところです。

2016 12 18 大山崎山荘 紅葉 紅葉.jpg

2016 12 18 大山崎山荘 黄葉 ブログ用.jpg

アプローチのスロープは、京都から見ると南部になりますのでまだ名残の紅葉が彩を添えています。
勿論、盛りは過ぎていますが、優しい雰囲気でお出迎えしてくれました。

登って目的地に向かう訳ですが、この適度な時間と景色は期待感を益々高める効果を出しています。
美術館ですから、内部は基本的には撮影禁止です。美術館によっては時には撮影可能なところもありますがね。

中に入ると、僕の大好きな洋館の意匠があちこちに。

暖炉や、階段の手すり、お風呂、壁の装飾、ドア、窓のステンドグラスと色んなところに洋風のデザインがほどかされています。

趣味人の本領発揮です。

2016 12 18 大山崎山荘 展望塔 ブログ用.jpg

この展望塔は、この敷地全体を眺めて構想を練ったという話ですが、その時間的金銭的なゆとりには感嘆です。

2016 12 18 大山崎山荘 日本庭園 ブログ用.jpg

どこかのおっちゃんが、許可されている外の風景をどう切り撮ろうかと思案中。
外は、モネのハスの池のような庭園もあり、和洋を上手く調和させて混在させ素晴らしい別荘を作り上げていました。

洋館大好き人間としては、中の絵画や彫刻などの美術品より館自体が素晴らしい美術作品でした。

こらー!

2016 12 18 大山崎山荘 レストランのビール ブログ用.jpg

ここは、アサヒビールの美術館です。

テラスで一服。
写真で気が付いた人もいるでしょうが、怒りで絵がピンボケです。

誰がこのラウンジを運営しているのでしょうかね。頭の固い学芸員でしょうか。

ビールは、何処にでもある単なるスーパードライ、御つまみに頼んだチーズも市販のクリームチーズ。
何処が経営しているの?と思わず尋ねたくなりました。

アサヒビールなんだからもっと気ましな品を揃えてはと不満たらたらです (-_-)/~~~ピシー!ピシー!

今どきの美術館はお洒落なレストランを備えているところは多く、少し工夫をしてはと思いましたよ。

では、この辺で。

(追記) 
実はブログを始める時に、3か月は毎日書くと決めました。

妻もペットたちも居なくなってきて、何だか気が抜けてしまって、生活もいい加減になりつつあったので、自分に縛りをかけました。

今日が、その3か月の終了日です。達成はしました。

これからは、少し力を抜いて、気ままに書こうと思います。
多分、ほぼ毎日という程度ですが、結構書くのは好きなので、続きそうです。

旅行の時は、予約投稿という手もあるのを知ったことだし、繋げることには固執はしない範囲でね。

では、また (^^)/~~~
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2020 那須の緑風に乗って all rights reserved.Powered by FC2ブログ