FC2ブログ

プロフィール

nobotyan

Author:nobotyan
イヤハヤ、いつの間にか「古稀」の年代に突入です。

妻や、猫、犬は、お空の上で楽しく暮らしているかな?。
那須オジサンは、独り寂しい限りですが、もう少しだけこの世で頑張ろうかなとね。

那須の素敵な自然が伝われば、また、田舎暮らしも悪くなさそうと思って頂ければ、少しは地域貢献に役立つでしょうから、せっせと発信します。是非ご覧くださいね。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


フリーエリア

良かったら、是非ポチィと

DATE: CATEGORY:旅行記(写真)
いよいよ夜の街に繰り出します。

こんな言い方をすると、かなり遊び人風ですが、実は至って地味。色気は全くなし。

まずは、地道に、有名店でありますが、正統派の居酒屋へ。
「蛸八」へ。新京極の賑やかな繁華街のすぐ近く、静かにありました。

お店は狭く、カウンターだけの店構え。それも、椅子が隙間なくぴったりとくっついて並んでいます。長椅子状態です。

どうやって座ればいいのか迷います。座るまでに一苦労。
結局は、仲間同士、椅子を前後させて肘がぶつからないようにして座りました。

結構若い女性客が多く、繁盛店で、料理の内容は素晴らしいですが、この席のゆとりの無さは京都人の好みなのでしょうか?

写真は撮りませんでした。
さいなら、2回目は無さそう、肥満児には厳しいので、残念です (-_-;)

次いで、バーへと。

先の3か月前の残暑時期に来て見つからなかった、木屋町通りの「bar stand」に向かいます。

河原町通りを横切り、木屋町通りへ。

土地勘はあるので、この辺にあるはずというところまではすぐ行けました。
何のことは無く、路地(京都では「ろーじ」)の長屋風の2階建ての2階に発見。前回どうして見つからなかったのか不思議。

2016 12 17 京都 bar stand ブログ用.jpg

入ると、お客は誰もいず、仲間を連れて来ると予約して表の通りの木屋町通りに戻ります。

今どきの偵察隊は、携帯電話で結果を報告します。

3度、4度読んでも何の反応もありません。

3名の内、土地勘、方向感覚などでちょっと不安な仲間を、連絡要員として公衆トイレという目印になるところに残し、2名が偵察隊として出撃。

この連絡要員、普通の感覚なら連絡がいつ来るかと待ち構えているはずが、全く反応がなし。
ならばと、もう1名の偵察隊員に連絡するも、これまた日常的に携帯にはすぐ反応してならないという強い信念があるのかどうか、こういう時も、反応なし。

バカヤロー!!!
結局、携帯電話は早く立たず、前線基地まで戻りました。

僕らはスマホのナビや、携帯連絡もままならないアナログな昔人間のようです トホホ (-_-)/~~~ピシー!ピシー!

でも、こんな無頓着な連中なのですが、これがまた良いのかもしれませんね (^_-)-☆

戻って、入店。

まずは、京都の有名なバーの「K6」の出ですから、ジントニックを頼みます。
やっぱり美味しいです。

2016 12 17 barスタンドのジントニック.jpg

2杯目はと、仲間の一人が、こじゃら臭く(これ方言か?)、ホットラム、バターなどと頼んだら軽く却下 !(^^)!

それなりに夜は更けてゆきます。

急な階段を無事に降りて、ホテルに戻ります。

どうやってホテルに戻ったか失念するほど呑んで楽しんだご仁も一名いたような (-_-;)


次いで、朝ー!!! 12月18日(日)

いよいよ、今日の3時で京都からおさらばです。

今日は、古都京都の風情は排除して、おじさんの変幻自在な高尚な趣味の見せ所。お楽しみに (@^^)/~~~

その前にホテルの朝食はパスして、三条のイノダの本店にいつものように朝飯に向かいます。

2016 12 18 イノダの朝食 ブログ用.jpg

中途半端に出遅れたので、7時開店の第2弾のお客として待つ羽目になりましたが、楽しく正当な洋風の朝食を頂きました。

ゆっくり朝食を済ませ、ホテルに戻り、荷物をまとめてチェックアウト。

JR京都駅に行き、荷物をロッカーに入れて、本日の観光に出掛けます。

この後は、また後で (^^)/~~~
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2020 那須の緑風に乗って all rights reserved.Powered by FC2ブログ