FC2ブログ

プロフィール

nobotyan

Author:nobotyan
イヤハヤ、いつの間にか「古稀」の年代に突入です。

妻や、猫、犬は、お空の上で楽しく暮らしているかな?。
那須オジサンは、独り寂しい限りですが、もう少しだけこの世で頑張ろうかなとね。

那須の素敵な自然が伝われば、また、田舎暮らしも悪くなさそうと思って頂ければ、少しは地域貢献に役立つでしょうから、せっせと発信します。是非ご覧くださいね。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


フリーエリア

良かったら、是非ポチィと

DATE: CATEGORY:写真
「洋食 おがた」を後に、次は締めのバーに出向きます。

事前チェックの結果、歩いてそう遠くなさそうな「バー カルバドール」です。

いやはや、傍まで行っても見つかりにくいお店です。二手に分かれて探しましたが、中々見つかりません。
もしやと思って観たところ2階にそれらしきお店を見つけるも、同から上がるか判らない。

1階の雑貨店のようなお店から出てきた女性に聞くと2階は美容院だと。
でも、その女性が判っていて、来過ぎたようで、お店の所在を教えてくれました。

さあ、今度はと行ってみましたが、バーなどが入ってそうなビルの看板には見当たりません。

もさもさと、入口で迷っていたら、出てきた人が尋ねてくれ、それならこの2階。
自分の今までいたし、お客は一人だけだから行ったら良いよと教えてくれました。

京都市役所にも近く、住宅街のような感じの静かな通りにある、目立とうとはしていない隠れ家的バーです。

2016 12 16 カルバドールの看板 ブログ用 .jpg

これが1階の入り口に他のものと並んで出ていたものです。
果たしてこれで判る人はかなりの洋酒通ですよね。

謎解きをすれば、お店の名前になっている「カルバドール」と言う洋酒の原料がリンゴであり、そのデザインなのでした。

バーテンダーはマスター一人の静かなバーです。
判りにくかったですと愚痴交じりに言うと、どうやってここを選んだのか言い当てられました。
太田さんの記事を見て来たんですね、3週間程前にも来ていましたよとありました。ズバリかな!

まずは、僕が毎日家でも飲んでいるジントニックを頼みます。
2016 12 16 カルバドール ジントニック ジントニック .jpg
流石に美味しいです。

暫くすると、カウンターの反対側の端に一人の女性、隣に「和服を着た女性と御贔屓の年配の男性カップル」が入り、少し賑やかになりました。

皆さんは常連客のようで楽しく会話をしています。連れのこの旦さんはあまり話をしません。
でも、女性は気配りをして、椅子を少しだけずらし、向こう側の女性に旦さんがあまり近づいて迷惑をかけないよう言い聞かし、今度は僕の脇に自分が座るときは、旦さんの方にずらして、ご迷惑をおかけしますと僕に挨拶をしてくれました。

でも、もう一つ深く考えると、旦さんにぴったりと寄り添い、お誘い頂いたお礼の気持ちも込めて、男心を掴む手練手管上手なのかな?

聴くともなしに聴いていますと、上七軒の話も出て、西陣の旦那さんでもあるんだろうと僕は推察しました。
西陣は昔は旦那さんたちが京都の芸奴さん文化を育てたと聞きますが、今は西陣織が斜陽になり、粋な遊びは減っているというそうですね。

さて、次は何を呑もうかなと、そうここに来たのだから「カルバドール」をストレートで頼みました。
とてもふくよかな香りがして、少し甘みもあり美味しいものでした。

しばし楽しんでホテルに引き返しました。

では、お昼になり、その準備と、温かい日差しに誘われ、小春日和の中で布団を干したので裏返すので、この辺で閉じます。

まだまだ、この旅行記は続きます。なにせ、半日分だけでしたので、あと1日と半日分あるんですかね。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2020 那須の緑風に乗って all rights reserved.Powered by FC2ブログ