FC2ブログ

プロフィール

nobotyan

Author:nobotyan
イヤハヤ、いつの間にか「古稀」の年代に突入です。

妻や、猫、犬は、お空の上で楽しく暮らしているかな?。
那須オジサンは、独り寂しい限りですが、もう少しだけこの世で頑張ろうかなとね。

那須の素敵な自然が伝われば、また、田舎暮らしも悪くなさそうと思って頂ければ、少しは地域貢献に役立つでしょうから、せっせと発信します。是非ご覧くださいね。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


フリーエリア

良かったら、是非ポチィと

DATE: CATEGORY:旅行記(写真)
今日のブログは、昔(ブログを始めた前のもの)旅をした時のもので、自分でも又1回見て行きたいなぁとか、楽しかったと言う絵を見つけて、登載します。

今旅にも行けないので、少しストレスにもなっているね。
もしかしたら、仲間から頂いたCDなどなら、那須オジサンも映っているので、時々使ってみるね。

絵が那須オジサンの食事が中心になっているので、マンネン化していて所謂【蔵出し】と言うことで変化のため使いますね。


2005年5月下旬の、「信州の旅」です。

那須オジサンは、2002年から絵日記と言うか紀行を書いているのです。

今回は、この頃はたまに女性も参加していましたが、普通はオジサンのグループです。

ぶろぐ 阿弥陀堂.jpg

ここは信州の飯山市だったという記憶です。

旅の日は、5月の21日でしたから、今年ならやっと退院出来た頃でした。

この絵は、昔のPCの背景に使っていました。

映画の撮影に建った「阿弥陀堂」ですが、昔からそこに有ったと言う感じで風景にしっくりそこに有るのです。「阿弥陀堂だより」と言う映画を見てから南木佳士さんの本も読んだような覚えです。

この菜の花が一つのポイントとですね。

今もそのままあるのかなぁ?

この時は、車を出して連れて行ったくれた仲間は、昨年に鬼籍に入っています (合掌)


ブログ IMG_5801.jpg


どんな場所にあってんだなぁという場所ですが、山の懐で棚田の下向こうには盆地があって、豊かな山々に囲まれているのです。

何だか菜の花の香りと、爽やかな山から吹いてくる風、静かな時間が漂っているような場所です。

実際には豪雪地帯で映画にも出てくるのですが、冬の寒さを考えると生きているのは大変だと思います。

この映画は、ビデオやTVなどで何度か見ています。



記念写真を載せてみますね。


ブログ IMG_5789.jpg

図々しく年配と言うことで真ん中に那須オジサンがいます。

今回は滅多ことですが、綺麗な若い、那須オジサンの子供のような歳の女性が同行しています。

偶然ですが、見て見たら今日来ているシャッツと同じように見えます。
体型は今と変わりそうで、今も使っているのかなぁ?デブだだなぁ。

この頃は一眼などカメラに興味は無かったので、デジカメを手に持っているのですね。


ブログ じぞうさん.jpg

「路傍の仏も優しげに見下ろしています」と、その時の紀行に書いていました。

これを見て「和歌」を作っているが、ご披露なものではないので止めますね。

「深く息  緑に生きる  野の仏(ぶつ)」(nobotyan詠む)

何か変ですが、ぼんやりしている今の頭で捻っていました、ちょっと違うなぁ !


と言うことで、A4、4枚使った紀行を、短くしました。

明日も、残りのA4の4分を、さくっと短くしてお届けします。


では、これにて (@^^)/~~~

「脳梗塞による失語症を発症しました。今は、リハビリのためブログを書いていますが、かなりの誤字や言い回し、意味が分からないなど間違いがありますので、ご容赦ご願い致します」


朝(136,76) 朝食後雨だし、身体が重たく感じなので散歩中止。夕方はお散歩に行くかな、嬉しいことがあったしね。


にほんブログ村  良かったらですが、「栃木情報」もクリックして下さいね。押して頂けたらやっぱりとても嬉しい!


スポンサーサイト



コメント

Re: タイトルなし

コメントありがとうございました。

とっても素敵でしたね。

菜の花の世界とその香り、豊かな風土が感じました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2020 那須の緑風に乗って all rights reserved.Powered by FC2ブログ