FC2ブログ

プロフィール

nobotyan

Author:nobotyan
イヤハヤ、いつの間にか「古稀」の年代に突入です。

妻や、猫、犬は、お空の上で楽しく暮らしているかな?。
那須オジサンは、独り寂しい限りですが、もう少しだけこの世で頑張ろうかなとね。

那須の素敵な自然が伝われば、また、田舎暮らしも悪くなさそうと思って頂ければ、少しは地域貢献に役立つでしょうから、せっせと発信します。是非ご覧くださいね。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


フリーエリア

良かったら、是非ポチィと

DATE: CATEGORY:写真
「飛びものを撮っているの?」と小鳥の撮影でのんびり椅子に座って、高原の初夏を満喫していた時のこと。


どう見たって、望遠レンズを付けてしかも三脚を立てているのですから、野鳥の撮影と誰もわかるようなものですが、「飛びもの?」ってなんじゃろかな?とこっちらは怪訝に応える。

「目の前の木に小鳥が何来るかわからないけど待っているのですよ」とね。


「ふふっーん?」と返事が来て、那須オジサンよりずっと大きなレンズ(バズーカ砲のような)を持ち出してきて離れたところに、ぶっとい足の三脚を設置して構え始めます。

素人のオジサンは話題を膨らめることができませんですね。

どうも業界用語では、「鷲、鷹」などの飛行を撮ることをそういうのだなと気づきました。

谷筋を上昇気流に乗って飛んでくる猛威類の鳥を狙っているんですね。

(ここまでが、落語なら「枕」になりますかね?)




那須オジサンは、今日は飛びものと言っても、小さなトンボさんを撮っています。


111IMG_6883.jpg

アキアカネの雌でしょうか?(似たようなトンボにナツアカネがいるそうな)


やっぱり、トンボのチャームポイントはクルクル回る御目めでしょうか。


111IMG_6915.jpg


こちらは少ししっぽが赤いです。

アキアカネの雄でしょう。

人間と違って男の方が綺麗です。鳥でもそうですねぇ。


あれ、こちらにも女の子。

111IMG_6978.jpg

虎視眈々とさっきの男の子は女の子を狙っているのかな?目移りしてるのかな?、羨ましい!


遠くには線香トンボがいるのですが、沼の向こう側であまり近づいたらオジサンが沼にハマってしまいます。


やれやら別なトンボを発見!


111IMG_6924.jpg


シオカラトンボ、ちょっとお休みしているのを素早く撮ります。

飛んでいるところを撮るのは結構大変です、ボケ防止に今度は瞬発力アップを兼ねてチャレンジしますかな?



他には何かいないかなぁと探してもいません。

こんなものならいましたよ。


111IMG_6819.jpg

ちゃっかりとね、スイレンの葉の上に、子供のスイレンがのっています。


お母さんの葉がゆりかご代わりになっているのでしょう。

さて、何の夢を見ながら寝ているのでしょうか。


ほかには面白いのが見つからないので、ピンチヒッターを出しますね。


111 コウホネ.jpg

コウホネです。

漢字にすると「河骨」なるのですが、漢字ズラでは武骨で色気がないよね。


こっちは少し珍しいこの子。

111IMG_6858.jpg

驚いて、黄色信号から赤信号になったような。

丸い信号機のようです。ベニコウホネです。


では、今日はこれまで  また明日  (@^^)/~~~


朝食後(120,51,42,6.1)  今日も雨、もう直ぐ梅雨明けかなと期待を持てる予報が出て来ました。太陽を待ち続けて来ました。

今度は猛暑との戦いです。血液をサラサラとしておかないと脳梗塞の再発の危険があるので、水分をしっかり摂らないといけません。

朝から笑ってしまいました。いよいよ、これ以上放置出来ない状態になり、歯医者に予約して今日かかります。


でね、朝の歯磨きの時、今日取ってもらおうとしたガタガタになっていた奥歯が痛くもなくポロリと取れました。今飲んでいる薬のせいで血が止まらないと言う恐れは杞憂の話でしたね。良かった良かったよ!!

勿論、少々安心して歯医者に行けますね、変な感慨と思われるでしょうが、歯医者が大苦手だったのでね。



にほんブログ村  「栃木情報」もクリックして頂ければ、とても嬉しい!

スポンサーサイト



tag : 那須 トンボ

DATE: CATEGORY:写真
春夏秋冬、その時行動しないと後になって後悔するのが、お花に出会いに行くこと。

毎日、コロナどころに加えて、長い梅雨で閉じ込められていて、閉口している那須オジサン、今行かねば会えなくなるなぁと、雨を覚悟でお出掛け。

今の時の時期の綺麗なカワイコちゃんは、来客が少なく寂しそうにしています。

まあ、ゆっくり愛でているのには人が少ない方がありがたいですがね。


年齢により、少々値引きしてもらって、入園します。


行くときに迷ったのは、カメラの機材。
雨が降ると面倒だからと、最小限にしてカメラ1台、レンズも1本にします。

鼻からきれいな絵を撮ろうと思っていない証拠、アリバイ写真のようにスナップでごまかしました。


さて、今日の綺麗なこの子たちを登場させます。


111IMG_6738.jpg

この子は、赤いスカートに白いフレアがあるドレスをまとっています。

くるりと舞っていますよ。


111IMG_6751.jpg

この子は、ウエディングドレスのモデルのようでしょうか。真っ白なドレスでダンスを舞っています。

清楚な佇まいですね。


111IMG_6789.jpg

この子は、ピンク一色のドレスを着せてもらって楽しくはしゃいでいますね。

基本に色はこの3色です。まあ、混成の子もいますがね。


さて、ゆっくり愛でさせていただきます。


ダンスには、パートナーが必要なのかな?

妻はダンスが大好きで、那須オジサンをパートナーに仕立てる気もありましたが、死んでもダンスは無理と勘弁してもらっています。

今になっては、一つくらい趣味を合わせてやれば良かったなぁと後悔しています。


111IMG_6771.jpg

白い衣装でダンス、ちょうど離れて舞うパートだったのかな?


111IMG_6810.jpg

こちらはピンクの衣装の組ダンス。楽しそうです。


111IMG_6813.jpg


白い衣装の子の組ダンス。


111IMG_6826.jpg

そうなるとこちらはカップルのダンス。お池の中でデートしているの?


池一杯を使って組ダンスか、ダンスの競技会なのでしょうか。


それとも、バレエの舞台の舞でしょうか。



そうなると、この子は、バレーのトゥシューズでつま先で立ってポーズを決めているのですかね?

111IMG_6793.jpg


このポーズをするにはそれなりに練習が必要なんでしょうね、那須オジサンは、捻挫でもしそうだなぁと詰まらい心配をしてしまいました。


何とか、降雨はなかったので、今日は「好」とします。


撮影は、かなりアンダーにし過ぎてしまったなぁとちょっぴり反省。

静かなお池の静かなダンスショーを堪能させていただきました、感謝!



では、今日はこのへんで、また明日  (@^^)/~~~


朝食前薬前(113,55,47,6.2)  今日も梅雨空、雨が降っています。かつ、梅雨寒で閉口しています。

今日は夜明け前に起きてしまった。寝直おそうかな?と思ったが、えいやっと起きてしまった。さて、外歩きは出来そうなのでまた家籠り。

マイブームのウッドデキのごろりも、寒いので薄い毛布などを被るようなので快適だとは言えないので、2階の遊び部屋か寝室に蟄居するようです。

今日は、雨読で、あとは時間をかけて作るもつ煮込みを作る予定にします。ハッカクを入れて、焼酎を沢山いれて香りと味の深みを狙います。

肝心なのは、臭いを消すために何度も茹でこぼし、モツの揉み洗いなどするので、「時間という調味料」を味に入れ込む料理ですね。


にほんブログ村  「栃木情報」もクリックして頂ければ、とても嬉しい!

tag : 那須 スイレン

DATE: CATEGORY:俳句(写真)
しばし、お出掛けをしていないので、コーヒー豆を買いに那須高原の方に行ってきます。

で、そうだ真っ直ぐに帰るのもつまらないよと言うことで、ほぼ記憶がないような道へと脇道に分け入ってきました。

勿論、同じ那須地域、大まかな地図は頭にあるので、完全な迷子にはなりません。今は、ナビもあるのでダメダときは頼りにします。

高原地帯の森の中、別荘地や小さな集落やペンションなども散在しています。


そうだ、この地域は歴史的には、那須オジサンが住んでいるような新開地、明治期以降の那須野ヶ原の開拓地では無いので、古い集落もあるから、そこには地蔵尊なども道端にありそうと、今日の目的を定めます。

山を突き進むと、小さな田畑を抱えているような家があります。

ああ、有ったと車を止めます。


111IMG_6672.jpg


道端の地蔵さま、手には宝剣のような、宝輪のようなものを持っています。「持物(じもつ)」にはそれぞれ意味がるようですが、千手観音の手に乗っているものが直ぐ分かるようだと楽しいかも。

刻まれた文字が擦り切れて良く分かりませんが、「宝暦」とあるような?300年前の作のようです。



「齢(よわい)古希(こき)おいらの先はさて何処(いずこ)」(nobotyan詠む)



迷いながら先に進むと大きな遊園地が目の前に現れます。最後はここに繋がっているのかと自分の位置が分かったのです。


今日のミニ旅は、「寄り道」、「回り道」、「別れ道」、色んな道を辿ってゆけば小さな冒険です。


普段遊びで通る道に出てきました。

消防署員やミニパトカーがうろうろしています。別荘地に熊さんがお出ましたのかな?



また、本線を外れて田舎道に入ります。

山を伐採してありお墓が見るようになっています。赤い色が目に付いてきたので、停車。

111IMG_6699.jpg


お顔が見えないくらい帽子を深くかぶっている六地蔵。
まだ色褪せていないので被せてあげたのはつい最近のような感じです。


雨ばかり降っているこの季節、全然くたびれてもいないです。

我が家は浄土真宗なので塔婆は供えないのですが、塔婆のようなものに「能化(のうけ)」と書いてあります。

書いたお坊さんのサインかな?と思いましたが、よく見れば、「六道 南無地蔵尊 能化」とあるのですから、菩薩の事で「六地蔵菩薩」と言うことですね。


傍にはまるで供えたように、ヤマユリが咲いています。

111IMG_6705.jpg


芳しい香りが届きます。



「ヤマユリや黄泉(よみ)の入り口香を添えて」(nobotyan詠む)




そのわきには3地蔵さんが佇(たたず)んでいます。

111IMG_6681.jpg


合掌を誘うように三地蔵尊です。

右手の仏さまには年号が「文化」と刻んであります。

111IMG_6687.jpg

オツムの上に、くっすと笑いそうなニューモラスなロバさんいます。

ああ、そんなはずはないなぁと、馬さんだと気づきます。「馬頭観音さま」でしょうね。那須オジサンのような煩悩だらけの人間の108つの煩悩を草を食むようにムシャムシャと食べてくれそうです。

「文化」というと200年前のことで。

左の方は、「嘉永」と読めそうです。そうすると150年間くらいです。信心深い人が奉納したのでしょう。


「一筋道迷って迷って辿る路」(nobotyan詠む)



一所懸命に一筋の道を歩めば、それなりに人間になれたのでしょうが、そこに辿り着くのに迷い過ぎて駄目オジサンになりました。

そろそろ帰り道に車の轡(くつわ)を向けます。


222IMG_6732.jpg



村の入り口の辺りに、道祖神がおわします。

手に取りながら仲良くしていますね。

村に流行り病が入ってこないように、子孫繁栄、五穀豊穣なども祈願したものでしょうかな?



「道祖神合掌の先に夏の雲」(nobotyan詠む)



今日もそれなりに楽しかったなぁと家に着きました。


では、今日はこれまで  また明日 (@^^)/~~~
 

朝食前薬前(125,61,45,6.0) 今日は、梅雨寒、重場の心です。

酷暑の夏も大変ですが、太陽ギラギラな日も待ち遠しい気もなります。
冷夏で米が採れず外米を食べた事も有ったと思い出します。

少し値段が上っても国産の米を食べたいなぁ。

武器を伴う安全保障も怠らいように準備する必要があるような国際状況ですが、同じく農業が荒廃しつつある農政を立て直して食糧の安全保障も怠らないよう願います。

日本が秤量攻めされないよう備えましょう。


にほんブログ村  「栃木情報」もクリックして頂ければ、とても嬉しい!

tag : 那須 俳句

DATE: CATEGORY:オジサンの手料理や外食
夏バテをしない料理を作りモリモリ食べているオジサンですから、体重は増えてきているでしょうと言われても、巣篭りデブ化はなっていませんよ。

但し、歯がかなり悪くなっているのでいよいよ歯医者に行かねばなりません、とっても難題で憂鬱な課題です。


それなりに、雨の間をついてお散歩もしていますし、晩酌の量も減らしています。
問題は、休肝日を取っていないことです。多分、量は半分くらいはなっているはず!

でも、晩酌は命までとは言いませんが、夜の楽しみの大きなものです。

愛する家族とか、惚れている妻との会話をしながら夜を過ごすということもないので、晩酌は大きな自分のイベントです。

111夕食 他人丼と西京味噌焼き.jpg

ドンブリでもおかずでもどちらでもなるように、他人丼の料理を作ります。

まあ、かつ煮のようなもの。味付けは控えめにしていますよ。ドンブリだけを考えていれば少し濃い目の方が美味しけどね。

111他人丼の具.jpg

お肉が入れば我が家の男所帯では問題なしです。
難を言えば、もう1品野菜を入れた方がヘルシーだね。

111西京味噌焼き.jpg

単純な那須オジサン、肉があれば今度は魚だと西京焼きを付けます。
切り身が小さな鰆(さわら)でしたから、2切れ必要です。





もう1日登場。


111夕食  サンマの開きときくらげ玉子炒め定食.jpg

今日は、ちまちまと色なものを付けます。
別に凝ったものではないのですが、まあ、色々つけたいと思っただけ (;^ω^)

111サンマ開き.jpg

サンマは、だんだん漁獲量が減っていたように聞いていますが、まだまだ、開きなどならかなりお安いものです。

結構好きな食材です。

111きくらげと卵炒め.jpg

たまに木くらげでも食べようかな?と登場させます。

乾物のですがお湯で戻すと結構かさが増えますね。繊維も多くてお通じも良いようですよ。

111切り干し大根.jpg

切り干し大根って、可なり渋い食材ですね。
でも、時々作って食べています。

111にら玉.jpg

一応塩分控えめと言うことで味噌汁などの汁物は作りませんが、たまには飲みたいですよね。

111デザートのトウモロコシ.jpg


我が家のトウモロコシもソロソロ採れそうですが、待てなくて、100円で買えたので買ってきました。
夕食にデザートを用意することは滅多にしないけど、気分次第、今日は用意します。


では、今日はこれまで また明日 (@^^)/~~~

朝食後(113,58,54,6.1) 今日は、ずっと雨。引き続き家籠もり。

今日は、4年に一度の法定ガス点検。朝10時から検査、結果は問題無しで一安心。

ガス台の部品交換の可否を尋ねたら、このガス台は今は家庭では許可が出ないプロ仕様だそうですが、建てた時からの古いもので調べて頂く事になりました。

帰りには、挽き立て淹れ立ての美味しいコーヒーをご馳走しましたが、喜んで頂きました。メデタシ、めでたし!でした。


11時以降は、終日(ひねもす)、外の屋根付きウッドデッキで、ゴロリと雨読で過ごします、コロナ対応でデッキが大活躍、部屋に籠もるより開放的でココロには最適です。


にほんブログ村  「栃木情報」もクリックして頂ければ、とても嬉しい!


tag : 那須 オヤジ飯

DATE: CATEGORY:オジサンの手料理や外食
一つの理由は、料理のストックが溜まっているので,放出したいのとお出掛けがしばらくできなかったので、手っ取り早く活用しただけです。

もしかしたら、那須オジサンの料理を見て栄養士さんに評価してもらったから「バツ」が付くのかな?

でも、できれば食べたいものを、経済状況を勘案して作りたいですよね。


さて、料理の登場です。

111夕食 サンマと肉じゃが定食.jpg

今日のメインは、サンマ。

骨まで食べるという代物です。
歳を取るとカルシュームが減ってきて骨がスカスカするようだそうなので、遅まきながら食べています。

それにしては、よく牛乳を賞味期限越して廃棄している那須オジサンですがね (;^ω^)

111丸干しサンマ.jpg

頭も、歯も悪いオジサンですが、問題なく全部食べられました、美味しかったね。

111肉じゃが.jpg

何だか自分でも下手だなぁと思う肉じゃが料理、でも、これさえあれば男所帯では最強の料理。

なんかさぁ、鍋を最後には振って、煮汁を飛ばすように煮汁を減らすようですが、那須オジサンのは、『つゆだく』です。
ご飯にかけても美味しですよね。

これで、1日は終わり



さて、もう1日分です。

111夕食 チキンソテーと豚汁定食.jpg


今日は、お肉料理。
しかも、ヘルシーと言う鶏肉バージョン。

111チキンソテー.jpg

正直に言えば貧乏世帯なのでお安いお肉を使うのですよ (;^ω^)

手持ちのハーブ類などを振りかけて気取ってハーブ焼き。

111豚汁.jpg

またまたアリバイ料理。

健康に良いといわれる根菜を入れます。

ゴボウさんは、かなり味を出して決め手になる食材です。歯にはちょっと辛いですがね。


では、これで無事にオヤジ飯はお仕舞!


じゃあ、今日はこれまで  また明日  (@^^)/~~~


朝食前薬前、シャワー後(115,56,54,5.6)  今日も梅雨空、哀しい雲だらけ。気化熱のせいか体温が低い。体調は問題ない気分。

今朝送迎の時に何食べたいと聞いたら、その一つにゴーヤを食べたいと。那須オジサンはこの苦みが苦手なのですが、作ってあげるとその足でスーパーへ。あれ、売ってない!

では、産直ならあるだろうと車を向けたら、駐車場で偶然後輩友人に出会いした。ゴーヤーを買いに来たと言ったら自分が作っているの上げると、家に帰って採ってきてさっそく届けに来てくれました。

ありがたいことです。お手製のベーコンも頂いたばかりで重ねて恐縮します。

優しい人が身近にいると嬉しいものでね。



にほんブログ村  「栃木情報」もクリックして頂ければ、とても嬉しい!

tag : 那須 オヤジ飯

DATE: CATEGORY:オジサンの手料理や外食
オジサンは、長い人生の悪行の報いなのか、妻にお空の方に逃げられました。

ですから、否応にも主夫になり、生命維持のためにも料理を作っています。

コンビがあるから、スーパーの総菜があるからなどと料理を作ることを嘯いてやらない男どもは沢山いるようですね。

でも、それでは食べることに飽きないのかな?

妻に先立てると思ってはいませんでしたが、幸いに料理は好きで昔から作っていたので苦になっていません。


那須オジサンは、別に料理ブログを目標にして始まったのでもなく、那須の風景や生活をお届けしたと思っていたのですが、早々お出掛けできないし、ついつい毎日作る料理がネタになっています。


で、溜まった料理の絵を放出します。


111夕食 ハムステーキと豚汁定食.jpg


今日のメインは、息子が友人から貰ったハムが賞味期限が切れそうなので、自分では使わないようなのでステーキにします。


111ハムステーキ.jpg


たまにはハムも良いですね。

111サケの焼き魚.jpg

焼き魚の定番のようなものは、シャケの焼き魚。

勿論、特上な美味しいシャケもあるけど、普通のでも問題ないです。

大昔食べていた塩引きと言って塩がキツイものでも、若い時分ならこれでご飯が沢山食べると喜んでいました。

今は、そんな塩がキツイものは売ってないですが、お茶漬けにしたらかえって滋味豊かで美味しいものです。

昨今は、惜しいというフレーズに、「甘い」と言う言葉が多用されますが、塩の中に熟成された『うまみ』を忘れてしまったような感じです。

111豚汁.jpg

豚汁です。

まるでアリバイ、言い訳なんですが、野菜をたくさん摂っているというための料理。




さて、もう一日夕食。


111夕食 刺身定食 アジ、メバチなど.jpg


刺身は、料理を作ることが嫌だなぁと思った時に選ぶメニューですが、今日は食べたいから刺身なりました。


111刺身.jpg


今日の刺身は、アジとメバチがあったのでこれにしました。

これは、地場のスーパーのものです。ここの方が、色々おいていることがあるので刺身はこのスーパーを選びます。


111ホウレンソウの御浸し.jpg

こんな渋いものも付けます。

オマケに、「巨人、大鵬、卵焼き」の世代なので、卵があれば嬉しいのです。(このフレーズ、若い人には分からないでしょうね。古い人は知っているよね)

111ハムエッグ.jpg


これで料理は十分でしょうかね。


では、今日はこれまで  また明日  (@^^)/~~~


にほんブログ村  「栃木情報」もクリックして頂ければ、とても嬉しい!

tag : 那須 オヤジ飯

DATE: CATEGORY:俳句(写真)
梅雨時、でもそろそろ開けるような予感、お出掛けできそうなお天気になってきます。

勿論、身近な場所で、3密を避けてできる「鮎釣り(トホホ、まだ1回しかやってない、年会の入漁券が泣いている!)」や森の中のハイキングを兼ねての野鳥さんとのデートなど、那須地方はそのフィールドがたくさんあります。


でも、野鳥さんとのデートは車で行って、少しだけ軽く歩く程度でちゃんと森を歩いて探すのはまだできていません。

そのためにも、散歩を始めています。まあ、ゆっくりでも4キロ程度歩けるようになれば、できるようでしょうね、頑張ります!
野鳥の知識より、先ずは足腰の強化、体力増強。


さて、俳句のお勉強、独学、自習でやります。

お題は、「一」と決めましたよ。


111 5K5A6868.jpg

雨が降っています。
雨の音を聞いている粋人のオジサンではなく、ながらの音楽を聴いています。寂しがり屋さんなのかな?

「傘がない」という曲ですが、詩は寂しいですね。
若者の自殺者多くなっている、出掛けようにも傘がないというのですから、今のコロナ騒ぎと同じように思てきます。


「窓伝う一粒の涙梅雨ガラス」(nobotyan詠む)



風で、窓ガラスに雨が吹きつかれています。
涙のように、スーッとつたわって落ちてゆきます。


111ハイボール.jpg

今日の晩酌は、やっぱりハイボールかな。2杯目はジントニックです。量は、小さなグラスにして一応アリバイ的に節酒しています。

でも、独酌、寂しいなんですよ。
お酒が入ると饒舌になるオジサンですから独り言だけではつらいですよね。



「これにする一本のウィスキーきみと旅」(nobotyan詠む)


そうそう、鮎釣りですが、6月1日に解禁になってから、情けないことにまだ1回しか出来ていない。

111ハリ巻き.jpg

しかもね、まだ一匹も釣っていないのですよ。釣れないので場所移動をしたりしても、雷さんが迷惑に来たりして、散々な目になっているのでよね。


だからね、こんな句も詠んでしまうのですね。



「針巻いて夢を見てるよ鮎一匹」(nobotyan詠む)


雨とコロナで自宅謹慎中の様なもの、ですから、もう鮎釣りの仕掛けは十分作りました、スクランブル発進も何時でも大丈夫。

少ない友人ですが、それさえも会って楽しく過ごすこともできないです。


では、今日はこれまで  また明日  (@^^)/~~~



朝食前薬前(121,58,47,6.3)  今日は、曇り時々雨、たまに薄日も出る不順な日です。

今日も、4連休中ですから外出自粛と決めました。主夫としても、怠けの農夫としてもやるべきことはいっぱいあるけど、今日はお天気もお天気なので家でプチリゾート気分を自分で演出して、自分で演じる「独り芝居」をします、結構面倒だけどね。





にほんブログ村  「栃木情報」もクリックして頂ければ、とても嬉しい!

tag : 那須 俳句

DATE: CATEGORY:旅行記(写真)
(追記: 最終日ですが、松本散策と長野を一気に登載して今日で完結させます)


第3日目(7月2日)

朝8時過ぎ起床。今日は市内散策ということでゆっくりの出発です。

でも、いよいよ喉の痛みが強くなってきました。でも食欲はあり、朝一番でホテルの軽食を取りました。


73.jpg


8時にホテルをチェックアウトして、駅のロッカーに荷物を入れ、のんびり歩いて散策開始。

昨夜行ったサイドカーのある通り「中町通り」の薬屋で喉に効きそうな風邪薬を購入し、近くのお菓子の老舗「翁堂」の前の井戸の水で飲みました。松本は水が豊富であちこちに井戸があり飲むこともできます。

サイドカーは、昼間のうちは見過ごしてしまうほど町屋に溶け込んでいて素通りしてしまいましたが、じっくり見て探し当てて写真に収めました。
 
本日冒頭の軽食は、実はホテルで食べた後、散策の初めに喫茶店「まるも」に入りモーヌングを食べたものです。可なりの大食でしょう!


クラッシックの静かな音楽を聴きながらゆるりと時間を潰しながら2度目の朝食を頂きました。店内は120年以上前のもの、落ち着いた雰囲気も味の内です。


74.jpg


中町通りのお店を覗いて何か素敵なものがないか見ましたが、今回は触手が動かなく、以前に買った片口の酒器と遂に使おうと、根来塗りの漆の片口だけ購入。


勿論、松本家具やレトロな照明などのお店にはとても素敵なものが多くありましたが、旅の土産としては手を出すようなお値段でもなく、目の保養だけさせていただきました。


75.jpg


上の写真は上の資料館の玄関先を2階から露光をいじってレトロ調に撮ったのですが果たして上手くいったのかどうか。

見物も終わり早めの昼食に立ち寄ります。

できれば古いお店と言うことで、開業が1933年という洋食屋さんにしました。「おきな堂」です。


76.jpg

女鳥羽川を下に眺めつつ涼を取りながら冷たいビール、カンパーイ!美味い!


78.jpg


地ビールを各自に1本ずつ、お昼はそれぞれ思い思いに頼みます。


79.jpg


僕はランチ定食です。豚肉のハーブ焼きを、仲間はオムライス、カツカレーと洋食屋の定番メニュを選択、それぞれ楽しい昼食会です。


80.jpg


82.jpg

11時30分に入店ですから店もまだ空いていて景色のよい2階の川沿いに座り、町を眺めてのゆったり食事は景色と言うスパイスがもうひとつ加えられたようなものでした。

これにて松本の街とお別れです。





最後は、長野新幹線で帰るため長野へ向かい、まだ時間もあるので長野県信濃美術館で東山魁夷を見学します。

以前一人で訪ねて来てとても気に入った美術館です。その時は偶然ですが、大原美術館の移動展としての特別展覧会もあり両方見られました。

今回は館内の改装があるそうで、魁夷館の方を隣に移して変則的に開館していました。今度は少し損した気分ですが、魁夷の絵に免じて納得します。


84.jpg


上の絵は絵画ではなく、展示スペースの外側に掲げられているタペストリーですが、下北半島の何気ない道を題材にして描いた傑作の「道」です。感想など論じることは遠慮します。一流と言われる絵画はただ鑑賞あるのみです。

凡人の僕にはこれが無難のようです。ただ、言えば好きか嫌いかは述べることはできますので、好きな絵の一つです。
やはり、魁夷は青がとても素晴らしいです。

ここも早めに切り上げ、隣に有る善光寺もあいさつ程度のお参りで切り上げます。


85.jpg

今回は風邪にもやられ暑さも厳しく、どうも里心も付いたので、予定を早めて新幹線も繰り上げ帰りを急ぐことにしました。

大宮で乗り換えなので、ここで夕食用に弁当を買い家に着いたのは7時を少し過ぎたところでした。


駅から家までの帰りの20分弱の歩きは、非日常から日常へのランディングするための必要な時間です。疲れていても車で帰らない方がよいのです。

勿論、出かける時も、旅の序章として盛り上げるために時間を掛けて歩きで行くのですが、ウォーミングアップとクールダウンの関係でしょうか。旅はこうして、若い20代時分の一人旅などから老年前期の今も変わりのない楽しい「ハレ」の最大の行事なのです。

できることならもう少しの間、健康で旅ができることを神仏に祈っておきます。そう今回も沢山のお祈りはしました。凡人のエゴと笑わないでください。

さて、さて、次はどこに行こうかな?
                              (完)



では、これにて信州の夏の旅は終わります。


(追記、もしかすると、まだまだ旅ができないので、別の夏の旅を見つけてまた登載するかもしれませんね。その時拝読お願いします)



では、今日はこれまで   また明日  (@^^)/~~~


朝食前薬前(118,58,47,6.3)  今日は朝は晴れ、少々の晴れ。

朝一に洗濯、送迎、買い物を済ませ、ランチの仕込みをしてから、10時のコーヒータイム。ウガンダの豆で飲もうかなと思ったが、余っている豆とのブレンドを作り入れてみます。

浅煎りの古いものと、新しいウガンダの産とのブレンド。美味しいとは言い切れないので、面白い!としておこう。

少し休んだら、非常に気になる場所の草むしりを、2時間程度します。

午後は、雨が降るというので晴耕雨読で読みかけの本を読みます。

個々のコンデションは、通信簿ではアヒルさんの「2」の評点です。楽しくはないけど、哀しい訳でもなく、ただ詰まらないなぁとか元気さが低迷だなぁという感じです。

速く、せめて「3」の評点にしたいです。たまには、「4」の日もあるようになれば最高です。


一応、毎日サンディなオジサンですが、土日は食事作りだけで用事がない大切な日、金曜日はとばりが来ることには、現役との雲泥の違いですが、少し安心な時間が来ます。




にほんブログ村  「栃木情報」もクリックして頂ければ、とても嬉しい!

DATE: CATEGORY:旅行記(写真)
今回は、僕のお気に入りのお店「しずか」です。

国宝松本城の近くに有る居酒屋で今まで数度来ており、今回は仲間をぜひ連れて行きたいと選択しました。


65.jpg

色んな山海の肴があり午後は通しでやっているので好きな時間に入店できます。


酢のもの好きな仲間はコハダを所望。


66.jpg


ぜひ食べてもらい信州名物の馬刺しや今シーズンの根曲がり竹は外せませんし、万人向きな刺身の盛り合わせは安心な選択で、これらを頼んで飲み進めます。


67.jpg


さて、また僕のお勧めの岩魚の骨酒や夏ではありますがおでんも美味しいので追加注文。トマトのおでんはさっぱりで喜ばれました。

骨酒は、欲張ってもう1回お酒を追加して入れていただき味わいつくしました。

でも反省ですが、やはり小上がりではなくいつものようにカウンターに座って、焼き方の人やおでんをサービスしてくれる年配のおばちゃんと何気ない会話を楽しむんだったと。


仲間だけの会話は四六時中できるんですから、新たな話題を求めて分け入るのは楽しいものです、特に居酒屋ならかしこまる必要もないですからね。





次に、これまた楽しみにしてきた松本市のバーの2軒目を訪ねます。


外へ出たら雨。仲間はドジなことに傘を持っていません。

居酒屋へ向かう時に傘を持ってきたかと聞いたら置いてきたとのこと、僕は用意周到に持参しています。曇天でしかも梅雨時期なんですよ、とからかったら、タクシーという傘があるので大丈夫とうそぶく連中でした。

これが見事に雨なので、結局傘を取りに近くのホテルまで行く羽目になり、僕だけ途中で下車して一足早めにバーへ。


69.jpg



お店の顔写真は翌日にとったものですが、一見したら見落としそうな風情です。タクシーに案内されたので迷わなかったので、まあタクシー利用も良しとするか。

バーの店名は、サイドカーです。

ドアを開けて入ると、一人もいません、貸切です。

あれれーと思いましたが、直ぐ後に仲間が来るので店主対峙することにはならないので構える必要もないのですが、もし一人きりが続くとうまく溶け込む小さな努力は必要になります。


68.jpg


最初に店名のサイドカーを頼みました。店名の由来を聞きましたら、それほど深い意味合いは無いそうで少し肩透かしでした。サイドカーに何か深い思いがあるのではと尋ねたわけですが。



暫くすると仲間が駆けつけてきました。


71.jpg

御つまみにチーズの盛り合わせとピクルスを取り、それぞれ好みのカクテルを注文です。


やはりサイドカーから入ります。その後は各自好みで注文。オリジナルカクテルのスイカなどのフルーツ系を頼んだ仲間はちょっと口に合わなかったという感想です。


70.jpg

僕はと言えば、サイドカー系列で、ホワイトレディを頼んでおすまし顔、ちょっと似合わないかねぇ。


飲んでいるうちに、僕らの奥の席から離れるようにして出入口に一番近いほうの席にカップルが入り、これで貸切ではなくなりました。
 
今までオーナ―のバーテンダー一人で切り盛りしていましたが、奥さんと思しき女性がお出ましです。

二次会に行くときのバーの適量は、2杯程度でしょうが、今日は3杯目に突入です。

さて、さて、初めてのカクテルに挑戦です。暑い夏を吹き払うには丁度ネーミングが良さそうなものを考えてきているんです。

「雪国」です。



72.jpg



(追記:この前のテレビ番組でこのカクテルを考案した方が登場していましたよ。現役で90歳を超えてバーテンダーをまだやっているそうな。山形県酒田市の井山恵一さんの考案 ⇒ 家で自分で作って飲みたいなぁと思う)



これにて今回の旅の大きな目的の松本のバーと居酒屋は終わりました。ホテルに戻る頃には雨もやみ、のんびり徒歩で帰還。ゆっくり就眠です。



これにて二日目は終わります。



では、今日はこれまで   また明日  (@^^)/~~~


3日目は、明日に最終日として登載予定です。


朝食前薬前(121,63,48,6.5)  今日も梅雨空。小雨が降っています。

外出自粛、ゴロゴロして過ごします。昔の旅の紀行記を探して次回の旅ブログの登載の準備もしようかな?


にほんブログ村  「栃木情報」もクリックして頂ければ、とても嬉しい!


 

tag : 松本 しずか サイドカー

DATE: CATEGORY:俳句(写真)
人生って何時ピリオドを打つかは誰もわからない。

ムキムキマンで健康そうな人でもぽっくりと亡くなったり、か細く今にも倒れそうな人でもしぶとく生き続ける人もいる。

涙を流しながら歩い人はメッテに見かけないが、心の中はどうなっているのかな?

本当に一人ぼっちで寂しい感じの人もいれば、沢山の人に囲まれて楽しそうと思えそうな人も実態はスカスカとした心でもがいている人もいるかも知れない。


毎日別に劇的な日々を生きているわけではないけど、楽しい時、悲し時、色々あります。退屈な気分でいることも、何だか充実していて心が高揚する時もある。

小さな楽しみを掃き集めて満足したり、ちっぽけな寂しさに押し潰れそうにある時もある。

だから、人生、面白いのかもね (^_-)-☆

小さく上下する波のような日々を生きているのも、それも人生だね。


さて、今日もごく小さな出来事に付き合って過ごします。


111コーヒー淹れ.jpg




「朝日浴びコーヒー一杯や夢のあと」(nobotyan詠む)


うぅーん、今日のウガンダの豆は、浅煎りで挽く時にハンドルが抵抗が強く、頑固な豆だが味は優しい香りとマイルドな苦みで控え目で良いねぇ、としたり顔でひとり呟く。

何だ未明のころ、鮎釣りに出掛けている夢だったかなぁ。


晩酌はその日の一つの句読点。
結構大事なものです。

質素な料理でも一人で作って、自画自賛。
結構いけるねぇ、こんなシンプルなものでも美味しいと感じるねぇ、としたり顔。


111ひたし豆.jpg


「呑兵衛のひとつふたつと豆を齧る」(nobotyan詠む)



今日は何だかお疲れ、で今日は短くブログを閉めます。


では、今日はこれまで  また明日  (@^^)/~~~


朝食前薬前(120,59,45,6.4)  今日も梅雨曇り。

何だか、どんどん「さぼりデビルマン」が領地拡大で、オジサンは意欲喪失し、怠け者に落ち込んでいます。

菜園の雑草、お天気なればとスルーしてると、がぜん勢力を増して用地拡大してきてこの後草取りもますます大変になりそう。

家事でも面倒なことは後回し。こんな生活で良いのでしょうかねぇ。

「さぼりデビルマン」の御馳走は、第1に「すぐさぼること」、第2に「あと回し」、第3に「面倒だぁと直ぐ愚痴を言う」と続くのです。

那須オジサンも、こんなことで良いのでしょうかなぁと落ち込む今日この頃です。

頑張っている人のエネルギーを頂きたいものです。



にほんブログ村  「栃木情報」もクリックして頂ければ、とても嬉しい!

tag : 那須 俳句


copyright © 2020 那須の緑風に乗って all rights reserved.Powered by FC2ブログ