FC2ブログ

プロフィール

nobotyan

Author:nobotyan
イヤハヤ、いつの間にか「古稀」の年代に突入です。

妻や、猫、犬は、お空の上で楽しく暮らしているかな?。
那須オジサンは、独り寂しい限りですが、もう少しだけこの世で頑張ろうかなとね。

那須の素敵な自然が伝われば、また、田舎暮らしも悪くなさそうと思って頂ければ、少しは地域貢献に役立つでしょうから、せっせと発信します。是非ご覧くださいね。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


フリーエリア

良かったら、是非ポチィと

DATE: CATEGORY:写真
外出自粛は緩和されてきましたが、我が地方でもまだ道の駅の駐車場や施設は開放されていません。

6月1日から解放され、市民の自助努力、マナー、エチケットなど社会人としてのルールを学び、2派到来を念頭に毎日を過ごすことになりますね。



加えて、まだ5月と言うのに梅雨の様な毎日で菜園などの遊びも出来ず、人を避けて小鳥と遊ぶのもお出掛けできないので沈殿するしかないのです。


で、そこで晴耕雨読でも無いのですが、読書に励めるしかないですね。しかも、深刻になるような本を読む気分にはなれず、時代小説を読んでいます。


111本 1.jpg

那須オジサンは、読書はほぼベット読書。ベットの脇の棚は文庫本で雪崩が起きそうなので空き箱に詰めてみました。

こお見ると結構沢山読んできているなあと実感します。

本を選ぶのもネットで注文するので、シリーズものにして、一度に5,6冊発注しています。

111本 2.jpg

先程は読了したものは、今もBSでやっている昔の再放送ですが、「剣客商売(16冊)」で、この他に別冊もでているので発注はしてあるのですがまだ届きません。


時代小説でも、何だか「痛快時代小説」と言うように呼ぶようなものもありますね。


111本 4.jpg

次読んだのは、この「若旦那隠密(4冊)」を読了。

本から教訓や知識など期待していません。
ストリーテイラーの筋書きに乗って楽しんでいるだけです。

今は、俳句を始めたので時々俳句の本を読むことは有りますが、すぐ飽きて時代小説に戻ります。
「学ぶ」と言うエネルギーが無くなったと言うのでしょうね。

哲学書を齧っていたことを今は考えられないことです。


でね、いまはこの本を。

111本 3.jpg

「日雇い浪人生活録」を6冊取って、今は4冊目に入っています。多分、この本は先も有るので、今日明日には発注しておきましょう。



ゴルフのエントリーは、夏が終わるまでキャンセルをしたのでスポーツは無くなっています。

ゴルフは、9月下旬再開します。

旅も出来ないので、仲間と触れ合うような遊びは当分できませんね。


そうそう、アユ釣りが明日解禁されますが、この方は準備して、出遅れですが身体と相談しつつ再開します。

川遊びは楽しいのですが、熱い遊びで脳梗塞の再発を気をつけないといけませんので、慎重にスタートとし、根詰めて遊ばない様にします。

明日は、川見に出掛けるかもね。気分次第。



では、これまで  また明日  (@^^)/~~~


朝食前薬前(118,65,47,6.2)  今日は、曇り。家で沈殿する。

そろそろ一ヶ月経ったので畑の雑草が目立ちます。今手抜をすると梅雨期にはどうにもならなくなります。

雑草取りもしなければなりません。体調を見ながら少し取り掛かろうかな?

明日から鮎釣り解禁になるので、そろそろ準備をしたいね。

暇なようで、遊びを考えると結構忙しい。



にほんブログ村  「栃木情報」もクリックして頂ければ、とても嬉しい!
スポンサーサイト



tag : 那須

DATE: CATEGORY:オジサンの手料理や外食
今日は大好きなものを食べます。

食欲無くても結構ごはんが進む料理。

自然薯と贅沢言わず、濃い目の山芋を買って来て作ります。

この頃、アタリ鉢だけで下ろすのを面倒くさくて、おろしで擦ってからすりこ木を使います。


夕食 トロロとブリ照りの定食.JPG

滋養豊かなトロロは、美味しいですし元気回復にはもってこいの料理です。

トロロご飯.JPG

ついついご飯を食べ過ぎますよね。

でも、良いのです、痩せてくると何だか貧相な感じになってきますので、それなりにぽっちゃりした方が柔和で優しく見えますよね、ゴリラ顔オヤジには。

ブリ照り.JPG

トロロとお新香、味噌汁でも十分なんですが、やっぱり晩酌を考えて料理も付けます。

ブリ照り焼きは箸休めにも良いですねぇ。

チキンカツ.JPG

やっぱり肉食人種、これは冷食ですがチキンカツまで付けています。

ちょっと食べ過ぎか?






さて、別な日です。

夕食 味噌とマヨネーズのポークソテー定食.JPG

またまた肉食人種。

ポークソテーを味噌マヨネーズを作りソースにしてみます。

那須オジサンの無手勝流料理。

味噌マヨネーズのポークソテー.JPG

この料理は体調が悪くて不興でしたね。



シーチキンとカニカマのサラダ.JPG

シーチキンとカニカマのサラダ。

オマケにこれも付けます。

梅干し.JPG

自家製の梅干しですが、今年は梅のハズレ年、さて作れるほど取れるかな?


では、これまで  また明日  (@^^)/~~~


朝食後薬後(110,45,48,6.2)  今日は、快晴。お出掛け気分があるが、ちょっと体調が下降線。昨日の病院で悪い数値もあり、薬も処方されたけど、何だか身体のキレが悪い。

洗濯して、布団を干して、気分がもっと上がればお出掛け、駄目ならデッキでゴロゴロして読書かな。




にほんブログ村  「栃木情報」もクリックして頂ければ、とても嬉しい!

tag : 那須 オヤジ飯

DATE: CATEGORY:オジサンの手料理や外食
オヤジ飯の絵は、毎日2日分をアップしていっても当分追いつけず、季節感のある料理は無いから構わないけど、折角準備しているので登載しますね。


今は昨年末から短期間に結石の落下が起きて、今は3回目の療養中です。

昨年は10キロ体重ダウン、そうしてやっと5キロもどして。2回目は5キロダウンして5キロ戻し、今は2キロダウンして、そのままの状態。

こんな状態の時でも身体が何とか動けば息子のために料理は作っています。


夕食 竹の子とトリ肉の煮物定食.JPG

タケノコは冷凍しています。でもそのまま使わないとスカスカしたりするので煮物をしました。

鶏肉とタケノコの煮物.JPG

我が家は結構肉食人種、肉が入ればそれだけで満足。

鶏肉と卵を入れて親子煮ナンチャッテネ?


マカロニグラタン.JPG

チーズは栄養豊かですね、たまにはグラタン。





別な日ですよ。

夕食  シロキの天ぷら定食pⅸ.JPG

山菜の天ぷら、これだけは旬の時に食べておかないとね。

シロキの天ぷら.JPG

この辺ではシロキと言うのですが、コシアブラの天ぷらが一番ですかね、美味しいのは。

左がコシアブラ、右がタラボ(タラの芽)です。


肉じゃが.JPG

やっぱり肉食人種ですからついつい肉を使った料理を作ります。

肉じゃが最強の料理ですよね。



では、これまで  また明日  (@^^)/~~~


朝食前薬前(121,57,63,6.4)  今日は、快晴! 脳梗塞の3ヶ月振りの定期検診。薬をもらって来ます。

誰だって病院へ行くのは嫌いだろうね前。


待つ時間は半端ない感じだし、半日仕事です。コロナも心配だしね。

にほんブログ村  「栃木情報」もクリックして頂ければ、とても嬉しい!

DATE: CATEGORY:家庭菜園、ちょこっと園芸
5月末頃になるとバラが咲き始めます。

五月晴れの中で咲くバラ、匂い立つバラ、とても楽しく心浮き立つ季節です。

今年はこのところまるで梅雨に突入したのかな?と思えるほど不順なお天気が続きています。


2階の遊び部屋から外を見たら、我が家のツルバラたちが季節を他わずしっかりと咲いています。

これではそれなりに記録しておかねばとカメラを持って降りて行きます。


111ツルバラ.jpg

111バラ 1.jpg

バラを見て、芳香を嗅いで心が満たされるのは万人の感情でしょうか。

先年の大地震の時にお隣の大谷石の塀がぐずれ落ちて壊滅になったいた棚とバラを新設しました。

直ぐ、5本ほど取り寄せて植えましたが上手く育くことなく、その後また買い増しました。


111バラ 2.jpg

111バラ 3.jpg

馥郁(ふくいく)とした芳香は幸福感を増長します。


111バラ 8.jpg


111バラ 6.jpg


この子は先輩バラで、震災の時に壊滅していて諦めていたら、シュート(土から出てくる新芽)が出てきてここまで育ちました。

地元園芸店にわざわざ1本だけど取り寄せたもので、棚も後輩の協力により丸太が手に入ったので、自分で建てたのですが、石塀には負けて仕舞って、廃棄しのでした。


111バラ 4.jpg

111バラ 5.jpg


今度は腐らないように鉄パイプしました。情緒上は寂しいですが、手入れには簡単なのでこれで満足しています。


まだ病み上がりなので、本当にスナップ写真ですが、レンズも交換して綺麗に撮ってあげないと思っています。

このバラはお隣の方から見た方が綺麗なのですが、ウッドデッキでもアジサイやロウバイなのでの越しに見えるので、お天気が良くなったらコーヒーを淹れてゆっくり眺めてみましょうかね。


あ、そうそう、コーヒーの豆が切れたので那須高原方に買い出しに行けねば !

では、今日はこれまで  また明日  (@^^)/~~~


朝食前薬前(127,64,47,6.0) 今日は、快晴のはずですが、残念ながら薄曇り。夏鳥に会いに高い所まで行こうかなと思っていたけど、体調も悪いので家で沈澱します。

読もうと積んでいる本がどんどん減って来ています。

時代小説は、5,6冊で終わり、別な物はあるのでそちらを齧らねばなりません。

俳句の本もあるので、良薬口に苦しと言うから、上達するために泣き泣き読もうかな?



にほんブログ村  「栃木情報」もクリックして頂ければ、とても嬉しい!


  

tag : 那須 バラ

DATE: CATEGORY:旅行記(写真)
(追記:「四国の旅」はかなりの長編で、長いことお届けしましたが、ブログを加工する当方でも飽きたので、今回は最終日でもあるし、面倒なので、長くなりますが、1回で済ませます)



四国南西の旅 第5日目長寿祈願のうどんを食べてから故郷へ


最終日です。疲れもそろそろ溜まってきています。10月なのに予想よりも暑く半そでで十分です。汗もかき麦酒の存在価値はますます高まります。


今日の行動は「うどん」一本に絞ってます。後は帰るのみ。


また、本日も自由行動派がおり、昨日の道後温泉再チャレンジ者1名、高松のお馬さんが待っているからといって朝早くから密会に行ってしまった浮気男1名、残り5名は衆議一決し同一行動です。


またまた朝から人情の厚さを味わいます。JR松山駅に行くためホテル前から市電に乗ります。

ここでちょっとしたハプニング、間違えて伊予鉄道の松山駅に向かう電車に乗ってしまい、JR駅に向かうはずの道を途中で曲がったのに気づいてあれれと顔を見合わせているところに、虚しくも、終点です、降りる際はお忘れ物の無いようにというアナウンスにおろおろ。


でも、この異様な雰囲気に気づいた若い運転手さん、降りようとする僕たちにこのまま待っていればこの電車は、JR駅に行きますので乗っていてくださいと親切なお言葉、嬉しいですね。無事駅に到着。


9時12分松山発、特急しおかぜ12号に5人のみ乗車。高松11時42分。駅前からほんの少し離れたレンタカー屋にてワゴン車をチャーターし、途中例のお馬さんとの浮気男をピックアップしてうどん屋探索に出発。

松山駅.jpg



見てください。これが食堂と思いますか。ちょっと立派な納屋かうどん工場としか見えませんし、これが田んぼの中ほどにあるんですから、捜索するのも一苦労です。

工場系のうどん店.jpg


中にいくらかのテーブルはあるのですが、まあ立ち食いか外の縁石に腰掛けて食らいます。食事をいただくなどという表現は当たりません、あくまで「クラウ」のです。


勿論各種メニューを取り揃えてなどおりませんで、せいぜいトッピングで差をつけるだけです。


侮りがたいうどん文化に脱帽です。当方の蕎麦文化の「粋、繊細、軽く酒の後に手繰る(たぐる)」などといった世界と対極にあるような、庶民のパワーを感じさせます。

食い物は人間として最初から最後まで付いて回る根源的欲求だけあり、実に奥が深い。ウーン、と唸りつつ喉越し爽やか胃の腑に流し込みます。実はこんなに格好よくは行かず、喉元が狭いのか、もごもごと噛んでから飲み込んでいます。この点からはうどん食い人の仲間には入れてもらえませんが、自分で蕎麦もうどんも手打ちしている面食い人を自称しています。

店は混雑.jpg



どうせ陰口を言われるから先に言っておきますが、太い首を持っているのに食道が狭い分けないよーという声に応え、肉が食堂を圧迫して狭いんじゃー、これで納得せい!。

さて、この「谷川製麺所」をやっつけて、もう一軒と次を目指します。少し車を走らせこの辺あたりにあるわけだと車外を注視をしていると県道あたりの規模の2車線道路の端に長い行列、シルバー人材センター派遣と分かりそうなおじさんたちが交通整理をしています。長い長い行列です。


なんだろうと疲れた頭を働かす暇もなく判明しました。うどん屋の行列です。お昼時を少し過ぎているのにびっくりの人数です。並ぶには相当の根性と勇気が要ります。

諦めが早い僕たちは、車のスピードを少し緩めたくらいの時間でギブアップ。次を探します。


次は、真ともに食堂といえるお店に飛び込みました。


「讃岐の里」というお店でした。近くには県営か市営か分かりませんが公営住宅が沢山並んでいます。市街地ではなく農地を脇に従えて建っています。


店系のお店.jpg


 こういう風情は僕のような田舎者には安心感を与えます。込み具合はまあまあで少し並んだくらいで順番が来てちゃんと食べられます。トッピングにはちくわのてんぷらをチョイス、並盛です。


これもおいしく完食。

うどん.jpg


十分の満足を得て、帰りの電車の時間を気にしつつ高速道に乗り、空いた道をひた走り高松駅にユーターンします。

3時間弱のうどんツアーでしたが、面(麺)食い人間には、可愛い恋人とのつかの間の逢瀬で心うきうき楽しい周遊となりました。腰があり、喉越しさっぱり、かつほんのり甘い香りのしっかりものの女の子、美味しかったです。また会いたいな。
 
さあ、帰るぞー。


高松14時52分発、岡山行き、海を再び渡って戻ります。



これが今回の旅行の見納めと、眼下の海、瀬戸内海をしっかり目に焼き付けます。


帰りの橋.jpg


岡山発16時07分、東京着19時30分のぞみ22号、実に早い快適な列車です。


旅に新幹線は情緒がないからと一段下に見る御仁が稀にいますが、僕は新幹線のスピード感とモーターの静かな振動が気に入ってます。人それぞれ好きずきです。


大阪で2名が降りてもう少し遊ぶようです。


僕もこの旅の出発前には、途中どこかに下りて一人旅でもと思っていましたが、止めといて正解です。十分四国の旅は日常から開放させてくれました。満足の旅でした、感謝の合掌。


おまけに憧れのたゆたう四万十川に会い、満足させていただきましたので、もう迷うことなく地元の山河を、今あるがままの状態で迷うことなく愛せます。

人間のようにそれぞれが個性を持ち輝いている故郷の自然はありがたく再認識する旅でもありました。


四国の美しい海、内子の優しい馥郁(ふくいく)たる文化、美味しい海の幸、ありがとう、十分に満足です。

帰りの列車は静かに過ごしたいものです。気だるい疲労感を充実の証として味わいつつ、現実の世界にソフトランディングするための大切な時間です。

やっぱり無口な方が良いです。しかも夜汽車のほうが勝ってます。朝帰りなど後ろめたくていけません。夜陰に紛れそっと家に忍び入るような、そんな帰り方で良いんです。只この頃何というか「オシャベリおじさん」になりつつあり、孤独を愛すなどというダンディズムは失せつつありますが…。

東京19時44分発、那須塩原21時01分、西那須野へ折り返し21時32分帰郷。皆無事、解散。お世話になりました。


「ああ、楽しかった!ありがとう!」生きてるって良いことです、本当


(追記:これで四国の旅は終わります。旅が出来ないので、また、古い旅行記を見つけて、「思い出旅」をします)


では、これで完了!!!

また明日  (@^^)/~~~



朝食前薬前(124,67,42,6.4)  今日は、曇後晴れ、一応信じて洗濯物も干します。

でも、気分的に家に沈殿したい感じ。気が向いたら家の掃除てもするか?そうなると、色々なマットも洗わねば。

そうだデッキでの読書も良いな。

鮎釣りの準備として仕掛け作りもしたいな。


にほんブログ村  「栃木情報」もクリックして頂ければ、とても嬉しい!

DATE: CATEGORY:写真
小鳥さんほど気難しくて近づけばさっと逃げるし、じっと見ていれば遠くで自分たちだけで遊んでいる。

そぉ~っと、忍び足でにじり寄れば大丈夫と思っても、すぐ見つかるよね。

カメラを向けたとたんにさっと去って行きます。


初夏を迎えた河川の土手をカメラを担いでお散歩兼用でゆっくり歩きます。

多分、1キロくらい歩いたところで諦めて車に向かって帰り始めます。

ヒバリ.JPG

そっと歩いていると土手道で小さな小鳥がちょろちょろ歩いています。

まずは、遠くでも一応一枚撮影してから、それから近づいて行きます。

しかし、やっぱり飛び立てました。

ヒバリさんが餌を探していたのかな?



諦めて、帰り足を進めます。

1115K5A5794.jpg

対岸を見れば山の景色は新緑模様。

まあ、これだけ見ても来た甲斐があったと思うことにしました。



あれ、先の草むらに小鳥がいるような。

5K5A5817.JPG


見るとカワヒラさんのようです。

よ~し、今度こそ近づいて撮るぞ!忍び足。

カメラを向け乍ら進むと、ぴよーっと逃げます。

1115K5A5798.jpg

あれー!逃げた!

慌ててピントを合わせます。

5K5A5799.JPG

綺麗な写真は撮れませんでしたが、個体を判別くらいには撮れたので今回使うことにしました。


小鳥さんを間近で綺麗に撮るのは難しいですね。


今日は、お散歩の目的は達成されたけど、小鳥さんと遊べなかったなぁ。


5K5A5859.JPG

最後にこんなアゲハ蝶さんを撮って、途中で直売で野菜を買い、ついでにランチを買い込み帰路につきました。


まあ、こんな時間もありだなぁ。



では、これまで  また明日  (@^^)/~~~

朝食前薬前(122,61,52,6.3)  今日は、曇、いつでも泣きそうな空模様。

五月晴れは何処に行ったのやら?

心まで曇り空模様、寂しいね。




にほんブログ村  「栃木情報」もクリックして頂ければ、とても嬉しい!

tag : 那須

DATE: CATEGORY:俳句(写真)
鳥さんに逢えなかったので、焼けっぱちりで目の前の色んなものを撮影して来てました、少し前のこと。


今は、外出自粛は緩和されたので出掛けても良いのですが、昨年末からの結石落下の3回目の体調不良で家に閉じ込まってベット生活です。

全く歩けないのではないのですが、出掛ける気力が無いのです。あと、2,3日すれば復活できそうに思います。


111IMG_5550.jpg

山は新緑の季節、爽やかな風が吹いています。緑風ですかね。

家ではツルバラも咲き、独りで愛でています。



「バラ切りて花瓶はコップ我は古稀」(nobotyan詠む)



老醜の年頃、心くらいは明るくにね。

遊び部屋に飾ります。


111IMG_5563.jpg

散歩するときに道端にはアヤメかカキツバタ、ショウブかも判然と区別できない那須オジサンですが、眼福では無いですが眺めて歩きます。



「老醜の求めるものはカキツバタ」(nobotyan詠む)


写真を撮ってから気が付きました。

この雲巣の中に厳しい生きる厳しい社会があります。

右手に主の蜘蛛、左にはとらわれた昆虫が張り付いています。


111IMG_5544.jpg


緑を見ているのは楽しいです。

でも常緑とは言っても栄枯盛衰も有るのですよね。



「今日生きる怖くて寂し日々の夏」(nobotyan詠む)


まあ、嘆いていても何にも変わりません。

空見上げて、口笛吹いてしまいましょう!

111IMG_5558.jpg

新緑中に一枝だけ紅葉しているようなものがあります。

これはこれで貴重なのかもしれません、横並びではなく排除せず個性と言って見てみようね。



「やまびこの嘆いた言葉侘(わび)風吹く」(nobotyan詠む)


今日は何だか疲れた   また明日  (@^^)/~~~


朝食前薬前(129,68,58,6.4)  今日は、曇。ここ1週間まるで梅雨に入ったのかと思われる様なお天気です。

身体も梅雨入りかな?

結石も3回目になると、小さい物が落ち始めたのかな。その分、ダメージも浅い感じ、1週間で部屋着から着替えしようと思える程度に成りました。

今週で回復できるでしょう。





にほんブログ村  「栃木情報」もクリックして頂ければ、とても嬉しい!

tag : 那須 俳句

DATE: CATEGORY:写真
季節の歩みは待っていません。

世情の騒ぎには全くおかまない無く、気が付いたら新緑から青緑へ衣替え。


で、お出掛けします。

まあ、いつ行っても独り占めの場所。


111IMG_5527.jpg

雨上がりの空に映えている新緑をまとった女王がお迎えです。

何時も見ても、清楚で綺麗な女王。森をバックにひっそりと建っています。

111IMG_5535.jpg

管理さんの女性が草取りを独りでしていました。

中に入るの?と尋ねたので、いや周りだけと返事。

少し会話をして撮影をさせて頂きました。二度目の出逢いでしょうかね、この方とは、紅葉時期でした。


ここは無名な場所ではないのですが、滅多にお客さんがいることは無いです。

111IMG_5517.jpg

ですから、ここはコロナ騒ぎでも安全地帯でしょうかね。勿論、マスクは着けていませんが、携帯してはいます。

那須オジサンさんも普通の知識は持っています、今のスタンダードなのだとね。



ゆっくり、庭を歩きます。

111IMG_5595.jpg

ここは、和洋折衷の別荘になっています。社が二つあり、手水舎にはどっとりした綺麗なフォルムの蹲(つくばい)があります。

水琴窟もあり、狛犬もありますよ。

ここは、京都の東山に有る無鄰菴(無鄰菴)と同じ山形有朋の別荘に建築物。
洋館と和室のある和の建築があり、びわ湖疏水の水を引き入れて庭園ががあります。

日本三大疏水の一つの琵琶湖疏水と並ぶ那須疏水があり、何故か懐かしい無鄰菴とこの森の女王がダブって見えてきますね。


最後にお暇(うとま)するあいさつで、一枚撮影。

111IMG_5644.jpg


ああ、今日は森の女王様に逢えて良かったね。


では、これまで  また明日  (@^^)/~~~


朝食前薬前(131,57,49,6.3) 今日は、曇。体調は少し上向き。前回の結石の時より回復期間が短いような。

昨夜は、不規則就眠、小間切れな睡眠なので、疲れが取れず結局は8時頃起きました。若い自分は幾らでも眠れたのに、歳を取ると心地よい睡眠が取れません。

明日からは買物を始め、外出も始まらないとね。

早く不順なお天気が終わるように!
こんな世情だから責めてお天気は晴れやかで欲しいです。

早く元気になりたいな。



にほんブログ村  「栃木情報」もクリックして頂ければ、とても嬉しい!

tag : 那須

DATE: CATEGORY:オジサンの手料理や外食
昨年は、5月連休から脳梗塞になり、年末にはじん臓結石で2回も痛い目にあった、やっと落ち着き始めたら、このコロナの騒ぎ。

昨年は自分一人の戦いでしたが、今度は皆さんに歩調をとって自粛や健康管理に努めています。

子供だって学校にも行けないし、自由に運動したり遊んだりも出来ないのに、年寄りはコロナの弱者として嘆いていたのでは申し訳ないことです。

ですから、自分のことくらいは頑張っています。

我が家でも世間並にはマスクや消毒類などは確保して、頼りない武器ですがこれで自己防衛をしています。



さて、本日の夕ご飯です。

夕食 カルパッチョ定食.JPG

サーモンのカルパチョのつもりで作ります。野菜を多めに使ってね。

カルパッチョ.JPG

掛け回すソースにワサビを入れている所が那須オジサンの小さな拘りです。

これだけでは寂しいので、これも作ります。

シチュー.JPG

冷蔵庫を見たら使い忘れた葉物がありました。

ホウレンソウのお浸し.JPG

ホウレンソウは、ポパイのように元気いなりそうですねぇ。

洋風の料理に統一しないところがオヤジ飯の良いところ。




前日はこんなものを食べています。

夕食 刺身定食.JPG

この刺身と言うのは、何だか面倒くさくなった時の最強のアイテムです。

大根のツマだけ作れば後は並べるだけ、楽ちん、楽チン。

刺身 三種盛.JPG

3種盛の刺身テンコ盛り、オヤジ臭いところでしょう。


でね、あまり手抜きだろうと、これも揚げてしまいます。

竹輪の磯部揚げ.JPG

磯部揚げは簡単なのでサイドメニューに最適です。


これだけ有れば晩酌にも十分なおつまみですね。


では、今日はこれまで  また明日  (@^^)/~~~


朝食前薬前(125,57,47,6.3) 今日は、雨。休養日とします。

昨日の後書きの続きです。

コロナの外敵だけ気を付けていたら、身の中から攻撃を受けました。
しか〜し、前向きに考えたら悪い石が身体からなくなってきたということ。

多分、まだ小さい物は残っているでしょうね。

結石も貝のように綺麗な真珠を産むなら良いのですが、汚い褐色掛かった石炭の様でした。

昔の結石事件では、我が家の男子用のトイレで出てきた時に偶然見たのですが、笑い話に聞こえるでしょうが、小さい音の「カチーン」と言う音が便器に当たって聞こえて来ました。

だから見ることが出来ました。


前回では、この1月の回ですが、病院に行ってCTを撮ったら膀胱に石が残っていたが、家に帰ってマッサージ機で振動させていたら、尿意感じてトイレに行ったら、「パッーん」と言う発射感を感じましたよ。


今回は、胃痛のような腹痛と血尿だけでした。今は少し改善してきましたよ。

大人しく回復を待っています。




にほんブログ村  「栃木情報」もクリックして頂ければ、とても嬉しい!

tag : 那須 オヤジ飯

DATE: CATEGORY:旅行記(写真)
(追記:4日目の最後です。道後温泉へ)


内子2時43分宇和海14号、すぐの30分で坊ちゃんで有名な松山到着。


市電です。もうかなり以前に函館で乗ったきりです。青春時分にお世話になった八甲田と津軽いう列車がなくなるというので行ったのですから、もう何年になるのでしょうか、なぜか懐かしくなりました。人を嬉しくさせる優しい乗り物です。

道後温泉への路面電車.jpg



東急インに取りあえず向かいます。時間が早くチェックイン拒否、荷物だけ預けたかったので寄ったけど、仕方が無いから時間までロビーで待つのみ。白けてこのキャリアなフロントのお姉さんを恨みつつ、おとなしくじっと時間を消化し、お時間ということで部屋へ。


さて、荷物を置いて道後温泉に突撃。この超有名な坊ちゃん温泉は外せません。

この風格をご覧ください。江戸時代にでもタイムスリップし『湯屋』に遭遇した様な風情、その時代を見たことも無いので単なる思い込みでしょうが、何とも重厚な建物です。


道後温泉.jpg


場所は想像に反し、大通りに面しており車が右往左往し、落ち着きもなく、ご覧のように人がいっぱい。


中はといえば、入場するのも2階3階の値段が高いほうから埋まり、庶民向けの有名な湯船があるところしか空いてません。それも込んでいますという言い訳つき。


でもここまできたら男の意地です。肩を怒らせ攻撃開始です。まず脱衣所に、あれれ想像以上に込んでるなと脱衣かごを探す始末。それでもめげずコロリと裸になり、風呂場に入ると今度は体を洗うスペースも並んで順番待ち状態。


さてさて憧れの湯船、あれあれ入る席がない、さあ取りあえず足は入ったぞ、次は湯船に浸からなくてはと見回すと重なって座るような按配、何とか空いたのを逃さず滑り込み。話の種を仕入れるにも、こんなちょっと厳しい戦いでした。


想像してみてください。大の男供がフルチンで、おろおろウロウロと場所探しして風呂に浸かる風景はちょっといただけませんよね。グロテスク、オゾマシイ若者言葉では、キモイなどといわれそうです。本当に単に話の種に過ぎませんでした。


やれやれ。


早々に退散し外に出ると、近くに麦酒屋さん。これは当然逃しません。湯上りのうえ地ビールなんですから二重丸。名前は道後麦酒館、喉越しおいしく頂き、プッファーと人心地して土産街を覗きつつ帰途につきます。


ここではもう一つの目的があり立ち寄ります。それは砥部焼きで、前から気に留めていた焼き物ですが、良い物があったらと思い飛び込むと、好みだなあという白磁風の片口(酒器)を発見、これをゲットし自分へのお土産にします。

111IMG_4557.jpg


別行動の連中もホテルに到着し集合、込んでいて予約できなかった訳でもなし、何故か1名だけ別の宿泊所に逗留する変な奴、これも集合し、一緒に夜の街へと繰り出します。


ただし、誰もこんなの食いたいな、こんなの飲みたいななどと要望もなく、事前チェックもしてなかったので、特にという店でもなく、普通の居酒屋へ。


よって記録してくる気もなく宴会は早々に終わり解散。おじさん達はラーメンをと言うことで、探して『豚珍行』という変な名前の店へ。酔っていたせいもありよく覚えてないけど、雑味がある豚骨醤油のような、もう1回行きたいなという店ではなかったような。


 ここでまたまた事件発生。電車に忘れた他人の教訓を学ばず、また別人がデジカメの忘れ物。朝気づいてその店を探し取りに行ったのですが、住宅併用ではないので連絡取れず諦めて帰ってきました。

が、これも後日ちゃんと返ってきたので、伊予の国の方たちは良い人ばかりなのかな。人情まだ地に落ちずといううれしい土産をいただきました。


そんなこんなの珍道中風の今日の旅は更けて行きました。



(追記:今日で、4日目は終わりです。実は、まだ。5日目も有るのですよね。うどん県の訪問です。これは、また後日)


では、これまで  また明日  (@^^)/~~~


朝食後薬後(109,60,67,6.1) 今日は、曇り。でも、サボっていたから、洗濯しました。軒下に干しましたが、ひさしが狭いので横殴りの雨にならないようにと空を見上げました。

体調は、上向きに。前回、前々回の結石の時より少し軽い感じ。

来週には復活出来るかな?

へこたれるず、めげず、でも頑張り過ぎず、淡々と過ごします。

皆さんお元気で!

コロナの外敵だけ気を付けていたら、身の中から攻撃を受けました。
しか〜し、前向きに考えたら悪い石が身体からなくなってきたということ。

多分、まだ小さい物は残っているでしょう。

結石も貝のように綺麗な真珠を産むなら良いのですが、汚い褐色掛かった石炭の様でした。

昔の結石事件では、我が家の男子用のトイレで出てきた時に偶然見たのですが、笑い話に聞こえるでしょうが、小さい音の「カチーン」と言う音が便器に当たって音をかげました。

だから見ることが出来ました。


前回では、この1月の回ですが、病院に行ってCTを撮ったら膀胱に石が残っていたが、家に帰ってマッサージ機で振動させていたら、尿意感じてトイレに行ったら、「パッーん」と言う発射感を感じましたよ。


今回は、胃痛のような腹痛と血尿だけでした。少し改善してきましたよ。






にほんブログ村  「栃木情報」もクリックして頂ければ、とても嬉しい!


copyright © 2020 那須の緑風に乗って all rights reserved.Powered by FC2ブログ