FC2ブログ

プロフィール

nobotyan

Author:nobotyan
イヤハヤ、いつの間にか「古稀」の年代に突入です。

妻や、猫、犬は、お空の上で楽しく暮らしているかな?。
那須オジサンは、独り寂しい限りですが、もう少しだけこの世で頑張ろうかなとね。

那須の素敵な自然が伝われば、また、田舎暮らしも悪くなさそうと思って頂ければ、少しは地域貢献に役立つでしょうから、せっせと発信します。是非ご覧くださいね。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


フリーエリア

良かったら、是非ポチィと

DATE: CATEGORY:写真
流石に里山の方は冬支度を始めるように、木々は色付きの時を過ぎてはらはらと葉を一枚二枚と落としています。

少し強い風が悪戯をすると、バサバサッと多くの葉が落ちて空を舞っています。

北風を避けるように高い木に守られながら、里山の最奥にある洋館は、陽だまりの中でゆっくり時を刻んでします。

ブログ 紅葉の山形別荘.jpg

僕の片思いですが、大好きな洋館です。
洋館大好き人間なのでそれなりにあちこち見学には出掛けていますが、山里のこの洋館はロケーションから行ってもお気に入りのものです。

ほぼ何時もですが、駐車場は3、40台は止まれそうな広いものですが、何時も僕一人と言うことが多いです。
根っこが人見知りの僕には余計に幸いで、好きな時間、好きなだけ見惚れていられますよ。

ブログ もみじを身に纏い佇む麗婦人.jpg

ここは農場と言う名もあるようで、ヨーロッパの森に囲まれた荘園をイメージしていたのかと思われます。

京都の東山別荘群など時々登場するテレビ番組がありますが、唯一公開されている「無鄰菴(むりんあん)」と同じ山形有朋の別荘です。

無鄰菴は、琵琶湖疏水を引き込んで作庭した今までの日本庭園に無い様式美がありますが、ここも結構最盛期には綺麗に整備されていたものと思われます。

水琴窟や狛犬、石塔と言った日本的なものもあり、洋館にはアンバランスですが何か楽しい景観になっています。

ブログ 石塔とモミジ.jpg

洋館の左手には小さな神社さえ祀られています。
モミジも過度にあるわけではなく適度に配置されています。

ブログ もみじを纏った山形別荘.jpg

綺麗な麗人をモミジの隙間から覗き見ているのも、「いとおかし」と言うところでしょうか。

平安期の御簾(みす)越しに絶世の美女であった小野小町でも垣間見る面持ちがしますかね、ちょっと言い過ぎか?

洋館のバックは針葉林がスクッっと立ち並び、空には白い雲、森に守られて風は穏やか小春日和。

ブログ 森に抱かれた山が別荘.jpg

今日はとても良い日になりました。

今度はどなたかを案内して本当のデートでもと言うのは、かなり妄想の類でしょうが、まあそんな気分にもなりようなミニミニ旅でした。


では、今日は綺麗な気持ちで また明日  (@^^)/~~~


にほんブログ村  良かったら是非、「栃木情報」もクリックして下さいね。
スポンサーサイト



DATE: CATEGORY:オジサンの手料理や外食
朝、一つの用事を済ませ、家に戻ってベットの上で新聞に目を通していたら、テレビが付いているにも拘らず朝寝してしまった。

陽だまりがとても気持ち良かったのだ。


ベットから足だけ下ろしたら、何だか「おはよう!」と言いたくなった、誰かに。


「おはようは  自分へ伝える  冬いのち」(nobotyan詠む)

気持の良い青空は、適度な雲を抱いて広がっている。

ブログ 秋色に染め始めたイチョウ.jpg


強い北風(正確的には北西)が吹いて外はいくらか寒いだろう。でも、南面の部屋はとても温かで優しい空気に包まれているのだ。

このイチョウの木は、我が家が風よけになって結構温かく過ごしているのだろうか。

ブログ イチョウの黄葉への道.jpg

他のイチョウの木よりは黄葉が遅い気がする。

葉を良く見ると、色付き方が良く判る。全部がそうでもないが、先の方から変色して行くようだ。


気まぐれに、コーヒーでは無くホットミルクを淹れた。他に何も加えなくてもほの甘い。


昨日は少し疲れた。
別に肉体的に体を使った訳でも無いが、日帰りの人間ドックに行ってきたのだ。

結果は、1か月後に届く報告書を見ないと判らないが、それなりの年寄りの悪い方の数値が並んでいた。
それだけではすぐ加療と言うほどでもないが、食事と運動の工夫が必要なことは、自分でも事前から判っていることだが、改めて指摘された。


ドックの帰りに出る、お駄賃のようなランチは豪華版だ。

ドックのランチ.jpg

温泉旅館の夕食でもこの程度出れば十分だろうというラインナップだ。
呑兵衛オジサンは、ついビール1本欲しいと思ってしまった。勿論、有りませんがね (;^ω^)

今の今、最後の医師の診察で指摘された飲酒の話を、3歩ほど歩いたら忘れた状態になってたね。

ドックのランチのデザート.jpg

デザートまで出してもらって満足のランチとなった。

午後はゆっくりして過ごす。

ドックの検査でバリウムを飲んでいるので、下剤が処方されていてうかうか出掛けている訳にもいかない。

そうそう、その検査では、懐かしい顔に出合った。

酒が飲める年齢になってから、本当に長いこと熱心に通い詰めた居酒屋のご主人に出合ったような。
検査技師が、息子さんだったのだ。

そっくりと言っても良いほどで、終わってから立ち去る時に思わず確認してしまった。その通りであった。

その時に、今日はお酒は止めた方が良いですよと言って頂いたのに、夕食はこの献立では止められないでしょうというものを作ったんだよね。

カブト煮の下準備.jpg

スーパーの魚コーナーに、買って帰ってよと呼び掛けるものがあったのよね。

鯛のアラ、お頭が付いているので、かぶと煮に丁度良い。下拵えが少しだけ面倒だけど甘辛く煮たら絶品だよね。

残った汁を白いご飯にかけて食べるのも美味いのだよ。

夕ご飯 かぶと煮、ポテトサラダ、トン汁風具沢山味噌汁.jpg

付け合わせのポテトサラダは、今日は頂きもののリンゴが沢山あり、乾物保存コーナーにはマカロニもあったので加えて作ってみた。

どうもいけないのは、でき上がりが大量になることだ。
作り置き惣菜になるとしても、適度な量というものがあるだろうと自省してしまった。

と言う訳で、普段の晩酌をしたが、下の話でスミマセンが、水も沢山飲んだのでお腹は普段通りで、一安心。

朝ご飯は十分食べて、今日は10時にホット牛乳で、これまた過食気味で、もうドック受けてきた指導は完全に無視している。


では、喉元過ぎれば熱さ忘れると言うオジサンでした。

今夜は、寄せ鍋にして、熱燗の予定でいるんだよね (^_-)-☆

実は、昨日は1年先輩の方の葬儀、見送ったけど、最後の御顔を見たら本当に当人なの?というほどでありました。
闘病が大変だったのでしょうか。

何か虚しい気がします。

でも、自分はそんなに簡単に逝く訳にもいかず、もう少し頑張ってみます。
勿論、元気で楽しく過ごして行くことが第一です。グジグジ生きていても誰もかまってもくれないし、お空の上の方の人たちは褒めてもくれないでしょうしね。

死神がお迎えに来たら、「まだ早い!」と一喝して睨んでやりましょう。


じゃあ、またね (@^^)/~~~


にほんブログ村  良かったら是非、「栃木情報」もクリックして下さいね。
DATE: CATEGORY:オジサンの手料理や外食
食えるってことは元気っていうこと?健康っていうこと?さて、どうなんでしょうかね。

那須オジサンは、真夏でも食欲減退なんてないので、まあいつでも食えるんですよね。それも、年齢にしては人一倍にね。

よって、今日もその一端を、オヤジ飯として載せちゃおうかな。

ブログ このブツ美味いんだよねぇ.jpg

今日の夕食は、片田舎、本当に山の麓にある小さなお店のマグロのブツなのですが、歩いて行けそうな身近なスーハ―は、3軒ほどあるのですが、その店にあるどんなものより、お安く美味しいので撮影にお出掛けの時には寄っています。

この量で、500円です。
夕食がお刺身だけでは手抜きと言われそうなので、家にある最後になりそうな茄子とピーマンの素揚げなども着けてバランスを取っています。

次いで翌日。

ブログ 豚味噌チンゲン菜とマーボ.jpg

豚肉とチンゲンサイを炒めて、味噌とニンニク味に仕上げてあります。
お空にいる亡き妻はニンニクが苦手だったけど、男所帯は好きなので遠慮無く入れています。一味違いますからね。

ニンニクはどうもアルコールの消費量を増やすファクターになっているような (;^ω^)

ブログ 今日は炊き込みご飯.jpg

これは、キノコを中心にした炊き込みご飯、関西ではカヤクご飯と言うのでしょうかね、食が進みますよね。
那須オジサンは、夕食は必ず晩酌をしますので、ご飯は食べないのが基本ですが、炊き込みご飯はおつまみ併用で食べてしまいます。

もしかしたら、翌日の朝にすっかりてべられて無くなっていたら悲しいというのもちょぴり危惧してのことですがね。

脇っちょのは一人おでんですね。

ブログ 夕食 ステーキ.jpg

お疲れの時はやっぱりこれ。

ニンニクを効かせて、安いオージービーフですが、ステーを食べますね。
オジサンは、肉を食べても胸焼けなど全く無く、肉大好き、魚も、野菜も何でも大好き、オナゴはもっと大好き(あれ、口が滑ったね、実際は意気地無しなんですがね)。

お酒は、色々、ジントニック、ハイボールは毎日、変化球で日本酒、焼酎、紹興酒、ビール、その他カクテルなどなど、何でも飲んでしまっています。

ブログ マイカウンター.jpg

今ブログを打っているパソコンの50センチ先はこの絵ですからね、呑むものは何でもありとお判り頂けますよね。

これではアル中にならないの?と心配もあるでしょうが、一応我が家の開店時間は午後5時からとなっています。

駅弁モドキつまみ.JPG

時には超手抜きの夕食もありますよ。

富山のマス寿司、北海道のイカ飯を取り寄せ、オジサンはおつまみ代わりに数切れ分けてもらって夕食にするときも有りますよ。

そんなに毎日毎日頑張ってもいられないし、相棒の息子も食欲が無く時には軽くとの要望もありますからね。


今夜はその日で、小さなシャケお結び二つと、デザートにニッコリと言う梨半分、シジミの味噌汁でしたので絵にならないかなと撮りませんでした。

こんなそんなで、男所帯ですが、まあ適当に栄養不足にはならないように、食事は摂っていると思っています。

残念ながら、貧乏暮らしですから豪華な料理とか、贅沢な外食はできませんが、身の丈にあった食事をね。

では、今日はこれまで (@^^)/~~~


にほんブログ村  良かったら是非、「栃木情報」もクリックして下さいね。
DATE: CATEGORY:ゴルフ(ヘタの横好きの)
何か今日くらいはもっと素敵な記事が無いんかいなぁと、自分をけなしています。


「生きて来た  そう生きて来た  木枯らしや」(nobotyan詠む)


幾星霜、大した波乱万丈でもなく、淡々と生きてきた。他人から見ればだが。

自分では、結構つらいこと嬉しいこと、裏切り裏切られ、惚れフラれ、有頂天絶望、まあ色々あったよね。

ブログ スタート前の紅葉見物.jpg

50歳の時に深刻なガンになった時は、「人生50年  下天の内をくらぶれば 夢幻の如くなり」などと、ちょっと厭世的と言うか虚無的と言うか、諦観の念に陥ったことがあります。

ブログ 紅葉と枯れ落ち葉.jpg

今は、どんな時にも諦めず前だけは向いて行こう、頭は上げて下ばかり見ないようにしようと思っていますが、あの時はどん底でした。

でも、今こうやってまだ生きているんですから不思議なような気がします。


「成れの果て  過行く時や  枯れモミジ」(nobotyan詠む)


憤怒の峰を乗り越え、慈愛の心を享受しようとしていましたが、黙っていただけで月日の経過とともに好々爺の爺さんになりつつあります。

自然と枯れてくるのですかね。
ニコニコする自分がいますが、まだまだ、埋もれ火の生身でいたいと思いますよ、一花咲かそうかな? (;^ω^)


今日はね、誰か祝ってくれる人もいないのでゴルフです。でも、こうして遊んでくれる仲間がいて幸せですね。

勿論、既に娘などに有り難いプレゼントも頂いており、忘れ去られた那須オジサンではなく、寂しいと言っては罰が当たりますがね。

お昼は恒例のバイキングランチで楽しみな時間でも無いのですが、それなりに盛り込んで食べますよ。

ブログ ゴルフ場のバイキングランチ.jpg

お腹を満たせばそれで結構と言う毎度ほぼ同じメニューで、ちょっと飽きてきましたが、まあお値段も一番安い日なので仕方がありません。

一日遊んで、お昼も付いて3,900円ですから、文句は言えないですね。

午後も午前中のスコアを回復できず、何時も勝てそうだと思って居る仲間に今日はこっぴどくやられましたね。

ブログ オジサン右端にナイスオン.jpg

たまにはオジサンもお先にナイスオンしてこうして写真を撮っている時間もあありましたが、ほかはメタメタ、ぐちゃぐちゃ。

ブログ 池越えのショートホール.jpg

こんな池越えのところもあるのですが、やっと越えただけ、トホホ。

でもね、仲間のお二人は池ポチャで、もう寒くなった水の中。しか―し、この二人にも上がってみれば大差の敗北。

お誕生日なのに、現実は厳しいですね。


でもね、このブログを発信している時間には、那須オジサンは、この後に行く旅の「お天気祭り」でお酒を飲んでますよ~。

那須オジサンは、一応、ブログは午後6時台に発信するようにしているので、作ってからお出掛けしますね。宴会は、6時前には乾杯になっています。

では、何でもない普通の一日として誕生日が過ぎて行きます。

じゃあ、また明日  (@^^)/~~~


にほんブログ村  良かったら是非、「栃木情報」もクリックして下さいね。
DATE: CATEGORY:オジサンの手料理や外食
呑兵衛オジサンの多くは、居酒屋に行くと「煮込み」を良く注文すると思います。

高級割烹のような居酒屋にしか行かないという、ブルジョアジジイなんかは知りませんがね。

那須オジサンのように、せめてなりたや中流家族!とせっせと働いてきた絵にかいたような庶民の話。

で、モツ煮込みの話。

3回 茹でコボシ、揉み洗いしたモツ.jpg

茹でたモツを買って来てからが勝負。

今はお空に居るオジサンのかみさん、モツの独特の匂いが嫌いで食べもしなければ、家で作ってもくれなかった。

然らばこれは自分で作ろうと。

そこで採った方法が、匂い消しや香辛料などで煙に巻くのではなく、そのモツの臭いを取ろうとね。

モツ煮込みの野菜達.jpg

茹でこぼすこと3回、しかも毎回真剣にぬるま湯でゴシゴシ揉み洗い!

普通なら味もそっけもないほどの肉になってしまうのですが、モツだけはそんな軟(やわ)ではないのです!!

下拵えが終わると、すっきりし濁った水は無くくなりますね。

これに好みの具材を。

ここでも少しは匂い消しにと、八角やショウガを入れて煮始めます。

煮ること、4、5時間は普通。圧力なべを使えば時間節約できるけど、途中で味見したりあれこれ加えてりして遊ぶので、普通の鍋。

加えた野菜はかなり溶けてしまって形がなくなってきます。水分が無くなったら、水を足すのですが、本当なら日本酒だけが良いのですが、そこは庶民、勿体ないので水と酒、一部の酒は自分のお腹へ。

ブログ 煮込みの夕食.jpg

こうやって翌日に食べたのですが、まだまだ不満と食べ残して、翌日も味を足して煮込んで食べました。

で、かみさんは、こんなやり方で作った僕のモツ煮込み大好きになり、作るのを楽しみにしていましたよ。

まあ、ちょっとした自慢話 (;^ω^)



話は飛びますが、江戸三大煮込みってあるのね。その内の2か所は既に行っているのですが、もう1か所は、しばらく前にブログで話した月島にあるお店で、場所を知りたくて下見してきたね。もんじゃ通りの一角にあるけど、近々行こうかなと思っている。

日帰りは大変だけど、長っ尻しなければ新幹線で帰ってこられるね。



ブログ 2色の食用菊.jpg

一方、手間暇かかっても主役級にはなれない料理。

頂きものの秋田名物、食用菊の「もってのほか」、2色あるんですよ。

で、.普通なら別々に調理してお皿に盛る時に2色添えるのが普通でしょうね。

でも、那須オジサンこれは面倒だぞ、混沌の食用菊にしよう!

1つ1つ、花びらを千切ってゆき、混ぜてみましたよ。これだけだって結構面倒な作業ですよね。

ブログ 甘酢のもってのほか.jpg

1,2分茹でて冷水に落とし、それから水をしっかり切ります。

酢、砂糖、しょうゆ(僕の場合は、牡蠣のエキス入り醤油)、白だし少々、これを温めて砂糖を溶かして冷ました中に投入し混ぜてできあがり。

で、それで満足し、どうせ副菜にもならない境遇だからと、タッパーに入れて冷蔵庫へ。

時々、小鉢にもって箸休めに使います。
美味しいのは美味しいのですが、ご飯のおかずには中々なり切りませんね。漬物の方がより上位を占めますよね。

いま、我が家で食べている漬物は、コカブとキュウリの塩と出汁醤油の漬物、ユズ風味ですよ。

那須オジサン、結構渋い料理も作っているでしょう。若い人には見向きもされないでしょうがね。

では、今日はこれまで (@^^)/~~~

今日はゆっくり、これから夕食を簡単に作って食べることにしますね。


にほんブログ村  良かったら是非、「栃木情報」もクリックして下さいね。

DATE: CATEGORY:写真
あのね、外に出て行って、たまに野鳥撮影をしているんですが、中々上手く撮れないし、しかと見つけるのも難しいですね。

でもね、家の遊び部屋で、ブログを作ったり、よそ様のを訪問したり、遊びに行くところを探してネットサーフィンをしたりしているときに、窓辺の外を見ると結構野鳥が遊んでいるんだよね。

こちらは電線や屋根や、見えやすい枝に止まっていることも多く、また、家の中に居ることで脅威を与えていないので、撮影しやすいですね。

ブログ 我が家の雑草の種を食べるスズメ.jpg

まあ、山の中の別荘地ではないので、市街地に来る野鳥だけですが、楽しく撮影ができますね。

ちゅんちゅんと、北窓のサッシ越しに元気なさえずりが聞こえてきます。

菜園の隅を見ると、雑草の処理を放置してある場所に雀の団体。雑草の実を食べているようです。

ブログ 来客のオナガさん.jpg

オナガは、ここ1週間、日々数を増やしているような。
我が家を挟んで、前の家や後ろの家の庭木を行ったり来たりしています。もしかすると、全部で20羽になるかも知れません。

ブログ オナガ 今日は何処に泊まろうかな?.jpg

夕方の四時過ぎ、さて何処に寝ようかなと相談しているのでしょうか、後ろの戸建ての団地に引っ張ている電線の施設のところに一集団。

オナガが居なくなると、ムクドリなのだろう同じところに止まっています。

ブログ ムクドリ.jpg

時には彼らは近いところを混ざって飛んでいたりします。

そうそう、今日昼間、昼ご飯を食べて遊び部屋に来たら、後ろにある車庫の屋根の上にこんなのが。

ブログ ヤマガラさんかな?.jpg

ちょっと焦って、たまたまカメラが手元にあったので居なくなる前にと撮影。少しピントは合いませんでしたが、ヤマガラかな?

だったら、初撮影なので嬉しいなぁ。

では、今日はこれまで (@^^)/~~~


にほんブログ村  良かったら是非、「栃木情報」もクリックして下さいね。
DATE: CATEGORY:写真
里山の紅葉もどんどん進んできています。

比較的北の方にある県営の広域公園の那須野が原公園は、そろそろ枯れ葉の季節、まあこれがまた楽しいのですがね。

カサコソ、カサコソと林間を歩くのは嬉しい気もし、平地林が多い那須地方ですが、安全に歩くのはやっぱり公園が良いですね。

ブログ 木漏れ日の落ち葉の道.jpg

那須オジサンのガキの頃は、家から歩いて、子供の足でも2、30分で小さな丘を含む平地林があり、チャンバラごっこも含め山林と友達でした。

今では完全な犯罪として大いに咎められる野鳥の捕獲もしていましたね。鳥餅といってねばねばのゴムのようなものも売っていて、山林で鳥かごにオトリとなるコガラやシジュウカラを入れて、おびき寄せて取っていましたね。

家で、松ぼっくりの実か落花生などを餌にして飼っていましたよ。

ブログ 枯れ葉道のお散歩.jpg

日本野鳥の会に何てことしていたんだと怒らそうですが、まあ、昭和20年代後半から30年代初めにはこんなことが楽しい遊びだったのですね。

心地良い音を立てて、アラカンの女性も公園の中をお散歩。

ブログ もみじと赤松の競演.jpg

この辺は、千本松と言われるくらい松が多く有って、赤松もモミジと競って赤色の肌を見せています。

おお、いたいたと高い梢の先を見上げても、葉が邪魔、すばしこいなど、オジサンが野鳥を撮るにはかなりの難題です。

ブログ やっと撮ったピンボケのシジュウカラ.jpg

見て下さいよ、本来なら没になる写真ですが、こんな時の説明写真だから登場ですね。急いでカメラを向けてもブレブレ、ピンボケ。

林の向こうに透けて見えるカメラマンさんは、かなり大きなレンズを付けて、兵士の迷彩服のような出で立ちです。
彼はちゃんと撮れているのかなぁなどと心配してしまいます。(ウロウロしているだけのように見えたのでね)

こちとらは、まだまだ初心者だから、シャア無いんだもんねぇと変に居直っているんですよ (◎_◎;)

ブログ 秋の日燦燦.jpg

もう少し楽しませてくれそうなモミジもありますね、秋の日燦燦ですよね。

目を転じればこんな感じ。

ブログ 黄葉.jpg

この公園はお散歩には最適な場所です。
妻は、愛犬と二人で来ていましたが、那須オジサンも素直に同行しいれば良かったと、今更ながらの反省です。

愛犬と妻へのお詫びも含めて、冬になってもしばし通って、小梢の上でも見上げて、お空にいるはずの2人にご挨拶でもしましょうね。


そうそう、愛猫も、2人いるのでこれも忘れては申し分けませんね。4人してお空の上。

おーい、皆、お空で楽しく過ごしていてね !

僕は、もう少し、家族の面倒を見てこちらで頑張っているね。その内、又逢おうね ~  ( ^^) _U~~

では、今日はこれまで (@^^)/~~~


にほんブログ村  良かったら是非、「栃木情報」もクリックして下さいね。


DATE: CATEGORY:家庭菜園、ちょこっと園芸
那須地方も暦に合わせて、実際にも冬が訪れようとしています。

勿論、里はまだまだ紅葉を楽しめるのですが、朝夕はすっかり寒くなり、吹く風も冷たくなって来ています。

着るものも冬バージョンがすぐに取り出せるよう、前衛に出して、夏秋ものは後衛に控えさせました。

男所帯は如何しているかなといぶかる人もいそうですが、どっこいそれなりに綺麗にしているぞーとばかりに、冬バージョンの玄関に衣替えもし始めましたよ。

ブログ パンジー、ビオラ、肥料等の買い出し.jpg

パンジーとビオラを箱買いしてきてプランターに植えて、表玄関に飾ります。
花の専用の養土や粒状の鹿沼土なども買ったのでそれなりの出費ですが、長期間楽しめますので結果としてはお安いものです。

ブログ 表玄関を冬バージョンに.jpg

表玄関には、夏の名残の花が残っていたり、枯れ葉が吹き溜まっていたり、まだ綺麗にはなりませんが、少しだけ華やかになったような。

少し育って来ればもっと明るい玄関先になるでしょう。それに、何か他のものも少し飾ってアクセントを付けないとね。

まあ、お客さんなんか滅多に来ませんがね。

加えて、裏玄関もそれなりの構えをしているので、日陰になりがちですが何か少しだけでも飾りたいと思っているので、その内また花苗を見繕いに行かねば。

でもね、裏玄関は車などの通りが少ない横の道に面していて、過去に2度ほどプランターの花を掘り起こして盗まれたという経験があるので、安いもので良いのですが。

他にも、菜園の実質の畑部分は雑草を処理して綺麗になったので、春まで雑草が出て来ないよう黒いマルチをしてしまいました。見た目は色気無いですが、怠け者のオジサンの浅知恵です (ノД`)・゜・。

早春に菜園に登場する予定は、彼らです。

ブログ スナップエンドウのポット蒔き.jpg
(スナップエンドウ)

ブログ ソラマメのポット蒔き.jpg
(ソラマメ)

このスナップエンドウとソラマメは、2階のベランダの南向きで、北風をよけ陽だまりになる場所に置きました。
時々水やりをして3月頃まで育てる予定です。

それからね、誰も見ることが無いオジサンの遊び部屋、暗い冬のイメージを取り除こうとこんな風に。

ブログ プリセンチア.jpg
(頂きもののプリンセチア)

ブログ シクラメン.jpg
(自分で買ってきたシクラメン)

言われる前に自分で言いますが、オジサンにしては乙女チック過ぎ!ピンク系ですからね。

へへ、それに、玄関用のビオラの苗をこちらに少し流用もしましたよ。

で、南東に開いた窓は今現在はこんな風になっています。

ブログ 南東向き窓はこのように.jpg

外にうっすらと見えるイチョウの木も黄葉が始まってきているようで、良いコントラストの窓辺になったんじゃないのかな (*^^)v

では、那須オジサンは、花咲ジイサンになったということでオシマイ。

じゃあ、また  (@^^)/~~~


にほんブログ村  良かったら是非、「栃木情報」もクリックして下さいね。
DATE: CATEGORY:家庭菜園、ちょこっと園芸
那須オジサンの菜園は、ここ暫く放置状態、これでは昨年のずぼらな菜園管理と同じになってしまうと、古着の作業着と長靴を身に纏い出陣です (≧◇≦)

既に菜園の惨状は2階の遊び部屋で把握済み、やるっきゃないと軟弱な腰の痛みを乗り越えて頑張りますね。

ブログ 雑草だらけの菜園.jpg

一応、かなり出遅れたのですが、それなりに今年は耕し、種をまいたのですよ。

ブログで知り合いになった方のニンニクの栽培などに触発されて、初めて植え付けもしました。

でも、この惨状です。

さて、この雑草の中で生き残っているのはいるのかな?

しこしこと地道に雑草を取り除きます。

あれあったよ \(^o^)/

ブログ 生き残った大根.jpg

大根さん、多分15本ほど育てようと種をまいたはず。

でも、何故か7か所、しかも種は3.4粒植えているのですが、複数生えていたのは2か所で、結局、1本はひ弱いのですが7本存命。

よって、「7人の侍」と名付けて、追肥をして多分厳しいのでしょうが、今後の成長を期待します。

ブログ ニンニクは何とか.jpg

キン肉マン、いや、ニンニクマンは、流石に秋植え付け初夏収穫と言うサイクルなので、雑草の中でもそれなりに元気そうでした。

今日は、菜園の周りはさて置き、実質耕している畑の6割だけは何とかしましたよ。

ブログ 本日の作業終了.jpg

那須オジサン、数日前に頭をほぼ坊主のように短く切ってきましたが、畑も綺麗サッパリしている方が素敵です。

オジサンは、50歳の時にリンパのガンで生死の境で戦って、髪がすっかり抜けきって坊主になっていたのですが、生き残りこの時のことを忘れないぞと言う自戒で、直った今でも髪を短くしています。

オジサンは、この後もまた別のガンになって、ガンのベテランで有ったのに、妻をガンで亡くし、何で自分の知識などで守ってあげられなかったのかと今でも後悔しています。何もして上げられなかった無力さをひしひしと感じます。

かなり脱線しました。スミマセン 

我が菜園、他にまともなのはネギです。

ブログ ピーマン君はまだ元気.jpg

やいやい、ここにまだまだ頑張っている僕がいるぞー!

ピーマンさんは良く見ると葉もアオアオ、しっかり実もつけています。偉い!

脇では、ゴメンね もうそろそろお暇するようですよ~ (;_;)/~~~

ブログ ミニトマトはもう少し待ってから.jpg

ミニトマトさんが、沢山の実をそこら中に落として、しかも、まだ食べられそうな実もつけています。

ありがとさんね (*^^)v

のどを潤すのに食べさせてもらいました。この後も、できる限り頂きますよ。

さて、那須オジサンの菜園も冬に向かった尚更寂しくなりますが、明日もちゃんと残りの菜園の雑草を取って、早春には、スナップエンドウとソラマメを植え着けられるよう、ポットに種をまき、2階の日当たりの良いベランダで育て始めますよ。

では、今日は、キュウリなどの夏野菜のポールの片付など、それなりの力仕事もしましたのでお疲れです。

夕方早くから台所作業始め、2日がかりのモツ煮込みの仕込みも取り掛かりました。これは、後ほどお届けしますね。

リタイヤしても、色々やることは有りますねぇ。


そうですねぇ、今日は我が娘のお誕生日。
何にもプレゼントは贈りませんが、元気でやっててね、おめでとう !

僕の方は既に頂いているのでそれは感謝です。

では、今日はこれまで (@^^)/~~~


にほんブログ村  良かったら是非、「栃木情報」もクリックして下さいね。

DATE: CATEGORY:写真
那須はごく普通の場所をお散歩しても結構絵になりますね。

今日は、昨日の野鳥の絵の撮影の際に気が向いたら撮るといったいい加減なスナップで、那須の里山、里川の風景を少し披露しますよ。

ブログ 葦原とモミジと空と.jpg

川の周りは両岸とも水田が広がり、既に何も無くなった田んぼには稲の切り株だけが広がっています。

今の刈り取りはコンバインでするので、稲わらは細かく切られ水田に戻されていますので、稲のぼっち(束)などありません。

山並みから繋がる小高い台地には秋真っ盛り、ブナ系が多いので錦秋とは行きませんが、これが里山の紅葉ですね。

ブログ 里近くの山は秋の終わりを迎えつつあります.jpg

温泉街へとつながる観光道路の綺麗なモミジは、自然だけではなく人が長いこと掛けて作ってきた部分も多いのです。京都などの古都のモミジも同じです。京都の嵐山だって人が手を加えたモミジですからね。

もう少し目線を上げて里山の上の山を見ると、遠目でも秋色になっていることが判ります。

雲がゆっくり流れています。

時間も心なしかゆっくりしているような。

周りには人は居ません。

ブログ 遠くで相棒がじっと待っていてくれます.jpg

おいてきた愛車をほぼ3、400メートル離れているところから撮りましたが、ポツンと誰もいません。立派な橋も車の往来もまばら。

今の那須オジサンの外歩きのお供は、カメラと愛車だけです。

でも車だけでもじっと待っていてくれるのはそこはかとなく嬉しいものです。

ブログ 人間が作った鳥も見っけ.jpg

ふと空を見上げれば、秋の真っ青な海原を、真っ直ぐな雲を吐きだして飛行機が北の方へと向かって進んでいます。

ああ、気持の良い風景だなあと、一息大きく吸った後、そしてそれ以上に大きく吐きだします。

今は、自分は良い時間を過ごしているなぁと、小さな満足感が胸を埋めてくれます。


ブログ トンボさんのデート.jpg

今度は目線を下に移すと、トンボが命の繋がりのために産卵しているのでしょうか、連隊飛行をしながら田んぼの水溜りに尻尾をちょんちょんとつけています。

帰りがけ、遠くを見渡すと、関東平野の最北部を占める那須岳が今日はしっかりと見えています。

ブログ 那須岳の秋日和だねぇ.jpg

那須岳は、かなり遠くですが、望遠で引っ張っているので大きく写っていますが、那須地方の名峰で、観光地でもあります。

那須オジサンが毎日見ているのは、那須でも南西の方に住んでいるので別の山の「高原山(たかはらやま)」を見上げては、西にあるので雲の有り無しでお天気を予測しています。前の方の山の絵がその山の一番端の方になるのかな。

さて、この日はそれなりに野鳥も撮影したし、ベストを着て歩いていると汗ばむような小春日和、静か、清々するような田園風景、大きな青空、これで他に何が必要でしょうか。

楽しい時間を過ごしましたよ。そうね、3時間ほどの短時間ですが、移動時間が少ないのが良いところ。

では、今日はこれで。
皆さんも楽しく素敵な秋を見つけて味わって下さいね、じゃあね  (@^^)/~~~


にほんブログ村  良かったら是非、「栃木情報」もクリックして下さいね。


copyright © 2020 那須の緑風に乗って all rights reserved.Powered by FC2ブログ