FC2ブログ

プロフィール

nobotyan

Author:nobotyan
イヤハヤ、いつの間にか「古稀」の年代に突入です。

妻や、猫、犬は、お空の上で楽しく暮らしているかな?。
那須オジサンは、独り寂しい限りですが、もう少しだけこの世で頑張ろうかなとね。

那須の素敵な自然が伝われば、また、田舎暮らしも悪くなさそうと思って頂ければ、少しは地域貢献に役立つでしょうから、せっせと発信します。是非ご覧くださいね。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


フリーエリア

良かったら、是非ポチィと

DATE: CATEGORY:家庭菜園、ちょこっと園芸
5月も末になって、いよいよ我が菜園も夏模様になってきましたよ。

4月上旬から、5月上旬までに苗を植えたり種まきをしたりして菜園づくりをしてきましたが、徐々に育ってきて花を付け身を膨らませる時期になってきました。

ブログ 2018 5 30 菜園の現況 1.jpg

トウモロコシ、枝豆などは自分で種から育てていますが、順調のよう。雑草もほぼ無く管理もそれなりに出来てます。
植え替えたネギも病気にならず育っています。

ブログ 2018 5 30 菜園の現況 2.jpg

5月連休に購入した苗もそれなりに育っていますよ。
食卓に上がるにはまだですが、花を付け実を結び始めています。

ブログ ジャガイモの花.jpg

ジャガイモの花は一斉に咲き始めています。花は摘み取った方が良いと言う人もいますが、一方殆ど収穫減にはならず、それより摘み取ることで傷口が出来病原菌が侵入する可能性もあるので止めた方が良いというのも有りますが、僕は後者を採用。

6月中下旬には試し掘りの新じゃがを食べられるかな?

キュウリも花を付け、実も付け始めていますよ。

ブログ キュウリの花.jpg

ブログ 育ち始めのキュウリの棘 結構痛そう.jpg

コヤツ、小さいくせに一丁前に棘など付けて小生意気!

ブログ トマトの花.jpg

トマトはミニと中玉を作っています。新鮮なものはとりわけ美味しいですね。
品種改良が進んでいるのか病気にも強いものができているようです。特に今は屋根を付けなくても実が上手く育つ感じです。

「ナスビの花と、親の小言は、万に一つの無駄も無し」と言うそうな、結実する確率が高いようです。

ブログ 茄子の花.jpg

我が家の菜園は、家族二人なので最小限の栽培で良いのですが、それでも季節になると一気に実が生るので食べ切れず、時には差し上げることも有りますよ。

畑の部分はそれなりに管理できていますが、周りはまだまだ雑草が繁茂しています。
これらを退治しないと害虫の巣になり、ひいては野菜も病気になるのでもうひと頑張りが必要です。

それに、これから梅雨になり夏の暑さが増してくると、一気に雑草が菜園全体に蔓延ってきますので、6、7月が管理の正念場です。さて、今年はちゃんと管理できるかな?

ちょっと不安と、ここ数年の怠惰への反省を胸に秘め、遊びとしての菜園を楽しみたいと思います。

モンシロチョウが、てふてふと飛び交っています。優雅な感じですが、害虫としても強敵なので油断がなりません (;^ω^)

では、今日はこれまで (@^^)/~~~


にほんブログ村  良かったら是非、「栃木情報」もクリックして下さいね。

スポンサーサイト



DATE: CATEGORY:地域の行事(自治会)
日曜日のことです。

市内の各自治会主体の一斉清掃日でした。
自分の身の周りの公道周面や公園などのゴミを拾って自治公民館にそれぞれ持ち込むことになっています。

保護者の方と小さな子供さんが一緒になって協力してゴミを拾って来てくれるご家庭もいます。
勿論、協力をして頂けない人も沢山いますが、こんなご家庭は家庭でも躾も出来て間違ってもごみをポイ捨てるような大人にはならないだろうと思います。

ブログ 清掃奉仕 2.jpg

街中ですから、それ程のゴミが散乱している訳でも無く、人によっては朝の散歩時に拾ってくれている立派な人もいますから多くは無いです。

でも、集まって来たのは自治公民館の敷地で分別し、市が手配したごみ収集業者の協力の元で、直ぐ後には回収して頂けます。

その他は、自分たちの自治公民館の清掃。

実は、この清掃奉仕の記事はブログにアップする予定では無かったので、一眼カメラは持参していませんでしたが、老人クラブ会長が活動報告に使うので写真が欲しんだけどと言われたので、常時バックに入れている(ガラ系のオジサンのでは上手く撮れないのでね)コンデジで撮って提供しました。

そうなら、差上げた写真を活用してブログへと言うことにしましたよ。

ブログ 清掃奉仕 3.jpg

本当に頭が下がります。
特に僕より少しだけ歳上の方々は手抜きせず一所懸命作業をします。

僕なんかは、そこはどうせ道路が広がるんだから枝打ちも控えめにとか、草取りは除草剤を撒くからいい加減にとか、サボる方向で伝えますが、それはそれ、これはこれと綺麗に作業をしてくれますね。

ブログ 清掃奉仕 5.jpg

国道のバイパスが通ることで拡幅されるところも綺麗にしてくれています。

建物は古くできれば建て替えをしたいのですが、資金が未だ乏しく何時になるか判りません。
この建物の拭き掃除や窓拭きも手を抜かず。本当に頭が下がります。

ブログ 清掃奉仕 4.jpg

終わってみると綺麗になりました。皆でやれば2時間程度の作業です。

那須オジサンも少し心を入れ替えて作業を頑張る必要がありますね、反省、反省!

まず手始めに、お散歩で通る人がご不快にならないよう菜園やバラの手入れをできるだけ綺麗にしてみます。勿論、屋敷周りの公道の部分もね。

あれあれ、今その菜園を見て見たら、セグロセキレイが3羽来てホバリングの様な事をしたり戯れています。害虫退治をしてくれているのかな?

あとは、カラス、オナガ、ムクドリ、ハト、ちゅん君、ヒヨドリなど代り番こに隣接の電線などに登場です。

では、今日はこれまで (@^^)/~~~


にほんブログ村  良かったら是非、「栃木情報」もクリックして下さいね。
DATE: CATEGORY:アユ釣り(清流の那珂川)
那須地方の外遊びの一つとして清流那珂川水系でのアユ釣りがあります。

その解禁がいよいよ6月1日となっています。

鮎竿は、8~10メートルも有って、とても長く、また水の中に基本的には浸かって釣ることが多いのです。
で、じっとその場で釣り続けるのではなく少しづつ川底をスリ足で動いたり、釣れなければ河原を結構な距離を竿を担いで移動と言うことも有り、足場が悪いので体力的にも結構ハードな遊びです。

アユは縄張りを持つので、これを利用して釣る友釣りが主流です。群れでいるのは幼魚がほとんどです。

ブログ 昔はここで沢山釣ったよねぇ.jpg

シーズンは概ね10月中頃まで。
真夏の暑い中ですし、太陽の照り付けや川面からの照り返しで顔は真っ黒になり、体力勝負のところもあります。

さて、今年は何処が釣れるのでしょうかね。
何時も釣っているお馴染みのところに下見に行って来ましたよ。

水量が少ない感じがします。
アユは石の上に張った苔を食べるのですが、その形状が笹の葉のようになり、魚体が見えなくても石が綺麗なこのハミ跡が沢山あれば魚影が濃いという訳です。

何だか橋の上からも覗いてみましたが芳しくないようですね。

ブログ 流れは変わったけど40年位前の釣りデビューの地.jpg

ここはもう40年以上も前にアユ釣りデビューした場所ですが、その頃とはすっかり様相は変わっています。
その当時は、竹製の竿でとても重く、しかも今よりも短い竿でした。那須地方にも竿を作る竿師が数人いて、僕もその人から買いました。

釣り糸の先は、普通の釣りと違って餌ではなく生きたアユの鼻に鼻環を通して付け、そこにアユを引っ掛ける針を付けて、縄張りを持つアユの特性を生かして、喧嘩させて体当たりしてきた野アユを釣るのです。 

独特な釣り方ですね。このおとりを元気よくより自然に見せるのが腕前の違いになります。

川を見ているだけでも楽しいのですが、やはり釣果が上がるのは嬉しいものです。

ブログ 川の下見の鴨さん.jpg

別に野鳥観察に行ったわけではないのですが、この頃の性としてどうしても見つければ撮りたくなっちゃんですよね (;^ω^)

まだ釣れそうな場所が見つかりませんので、釣り仲間に情報を頂くことになりそうです。
それと今年は、解禁日は金曜日なので家の都合で竿を出せず、昼間の空き時間を偵察方々見物をして、実績を把握してから僕の今年のデビューになる予定です。

僕の趣味は、ゴルフ、家庭菜園、アユ釣り、近頃加わったカメラと外遊びが多いので、顔は真っ黒になり前か後ろか判らなくなるほどです。

これらの遊びは、遠出しなくても遊べるわけですから、この広大な那須野が原に住んでいるという特権ですかね、とても幸せなことですよ。

この日も、それなりに楽しく時間を過ごしたので、美味しい晩酌が出来ました。

ブログ 今日はお疲れさんの夕ご飯.jpg

菜園にはキュウリやトマト、枝豆と簡単におつまみに化けるものがあるので、実がなるのが待ち遠しいです。枝豆はまだですが花も付けて来たのでもう直ぐでしょうか。

では、平々凡々な那須の風景とそこで過ごす様子の一端をお届けしました。
欠伸が出るほどののんびり、平和感と言うのも悪くないですね。

刺激が無いから那須オジサンは早めにボケちゃうかな?
遊びでも結構頭も使うから大丈夫と言うことにして、今日はこれにて (@^^)/~~~


にほんブログ村  良かったら是非、「栃木情報」もクリックして下さいね。
DATE: CATEGORY:家庭菜園、ちょこっと園芸
この記事は昨日の予定でしたが、穴埋め見え見えも有り今日になりました。

那須オジサンも男所帯の偏見を排除しようと少しだけ花遊びをします。

特に玄関先は綺麗にして置かないと幸せの女神が訪れないそうで、勿論玄関の中も綺麗サッパリしていますよ。
冬には玄関内はシクラメンやシンジビュームなどで彩ることにしています。

ガーデニングなどとはとても言えたものでは無いけど、また自分たちは裏玄関からの出入りですので、楽しむものでは無いのですが一応ね。

ブログ 我が家の表玄関の花.jpg

冬から持ち越してきたパンジーや少し前に植えたペチュニアなどが玄関を飾ってくれています。

実は、昨年の晩秋には完全に玄関周りを何も無い綺麗な状態にしたのですが、無機質で、それはそれで結構気に入ったのですが、正月から春に向けて季節が進むことを思い描いたら、やっぱり最小限だけでも花を置こうと何故か思った訳。

お隣の物置と我が家の境には雑草が蔓延るのですが、お隣の方が綺麗にしてくれるけど僕がやるから任せてと、ツユクサを彩に保護しています。

ブログ お隣さんのムラサキツユクサ.jpg

この傍には大谷石の土台が見えるのですが、例の震災時には2メートル以上ある大谷石の塀が倒れ大変でしたよ。
僕は、震災対策の指揮をする関係上家にはほとんど戻れず、帰っても夜中なのでどんな状態か判りませんでした。

今は、安全を考えてもう建て替えないと横に寝せて境界としています。

ブログ 裏側の開発道路のバラ.jpg

そうそう我が家は大谷石など使って塀を作る余裕はないのでフェンスで囲っていますが、そこにはツルバラをはわせています。

新しく戸建ての団地開発が入り真後ろは結構広い進入路として使われていて、.このバラはそちら側から見た方が綺麗ですよ。
でも、注意が必要なのはめったに行かないと、いつも間にか枝が伸びきって迷惑を掛けている時が有ります。

親しいお付き合いをしてはいないので、気軽に切ってくれとは申し出てくれませんので、時々見に行って剪定しています。このバラは野バラ系統で旺盛に繁茂するんですよ。

ブログ 本日定植する百日草とアスター.jpg


今日は、ようよう百日草とアスターの苗ができ上がり、今日はするすると言っては先延ばしにしてのですが、畑と一部はプランターに定植しましたよ。

どうも先延ばしにするのが僕の悪い癖。

穴の中に籠って暴風をやり過ごすこともたまにはあるのですが、大概はちゃんと向き合って解決するよう心掛けないと、結果は良くないと長い人生で学んでいますが、私的なことはどうもそうでも無くこの歳でも反省しきりです。

では、今日はこれまで (@^^)/~~~


にほんブログ村  良かったら是非、「栃木情報」もクリックして下さいね。

DATE: CATEGORY:旅行記(写真)
昨日は近所の小学校の運動会。
家の空いている駐車場を、孫の応援に少し遠くから来る親類にお貸することになっています。

ここ暫くはたっぷり競技内容は我が家まで伝わってきており、今日はよりトーンが上がって賑やかそうなので、出掛けることにしました。

さて、何処に行こうかな?中途半端な薄曇り、写真を撮るにもちと不満。
そうだ、気になっているところに行って見ようと、隣接県の福島へ出掛けます。

ブログ 進入禁止のロックヒルダム.jpg

近頃はダムを見て歩くのが静かなブームのようです。
でも、僕はそんな趣味は無いのです。

今日は、依頼もされていないのですが、まるで不動産屋さんが所有者の別荘の状態を勝手に報告するような按配で、現況を写真に撮り報告書として送りつけたという感じで、写真も多くなりますが綴ってみますね。

ブログ やれやれ到着です.jpg

ここにはやっと着きました。
途中で、目印である看板を無視した結果です。開拓地の山の中の牧草地などぐるぐると。行き止まりの所まで行ったら、不思議にこんなところでやっぱり迷っている所沢ナンバーの車。

最後は、仕方なく道端に居た開拓農家の年配の女性にお尋ね。

「ここから、100間、いやー、200間かな、行ったところを左に曲がるんだよ」と。
僕、「100間って、100メートルとか、200メートとか言う意味ですよね?」と。

「道は良いんですかね?」と僕。
「舗装されているから大丈夫!」と自信を持って案内してくれます。

多分、僕は経験から、3、400メートル位で良いのかなと。

他に、適当な道もなさそうなので言われたようなところを曲がって、心細く進みます。道自体は綺麗です。

牧場のゲートが有って、開放されたそこを進むと、締めのゲートがまたありその先まで道は綺麗に整備されています。

ブログ 遊歩道も少しは整備されてますね.jpg

本当にこの道で良いのだろうかと不安が益々募らせながら走っていると、やっと水面が目に入ります。
車道は、駐車場のところで施錠されていて先に進めませんので降りて遊歩道を行きます。

結構綺麗に整備されている場所です。

歩いて行く先には、農業用水のダムのようのでその管理棟(無人)が有ります。

ブログ お洒落な管理棟.jpg

この先には、ダムをせき止めるための、堰堤があります。ロックヒルダムの一種なのでしょうかね。

ブログ ダム堰堤は静か.jpg

この堰堤の上も進入禁止で施錠されています。車どころか人間も入れません。

でも、静かですねぇ。
ひとっこ一人いません。
近くでは騒音を立てる道路も施設も有りません。

聞こえてくるのは、少し遠くの山の上で旋回しているトンビの「ピーロロォロー」の鳴き声。
小さく届くカッコウの声。時折吹いてくるそよ風が葉をなぶる葉擦れの音。

風は爽やかです。微かに優しい水分を含んだ空気が満たしています。

時間が止まったような長閑で静寂な森の中の小さな湖です。

ブログ ちょっと可愛い管理棟.jpg

管理棟がちょっとした可愛いアクセントになっています。
阿武隈川の最上流の土地改良区の灌漑施設なんでしょうね。

近くには確か自衛隊の演習地があるはずで大砲の音も聞こえる可能性もあるのですが、今日は休日ですからお休みなのかな?

中々味わえない本当に人工の音が聞こえない時間を過ごせました。
ああ、こんな時こそ一人コーヒーを沸かして、ゆっくり味わって過ごすことをしなくてはと、準備してこなかったことを悔やみましたよ。

小さなテーブルとイスは常備して車に積んでいるし、但しコーヒーと水を忘れてました (;^ω^)

ブログ 山法師が街路樹の進入路.jpg

堰堤からの戻りは途中から閉鎖されている車道を歩きます。街路樹は山法師、盛りです。

ちょっとメルヘンティックに。

ブログ ちょっとめるへんちっくにね.jpg

やはり福島なんだなぁと思えたもの。

ブログ 福島なんだなぁ、線量計がこんな山の中に.jpg

放射能の線量計が稼働しています。何の罪も無いこんな山奥まで悪影響を与えた原発は何なんでしょうね。
僕も現役の時にはこの問題で相当苦しめられました。

帰りには、道路からわが故郷でも日々見ている那須連峰の風景を福島側からパチリ。

ブログ 溶岩ドームの茶臼と朝日岳が見える.jpg

左は溶岩ドームの茶臼岳、その右の尖がりは朝日岳、そこから福島側へと尾根伝いに何度も若い頃は縦走をしていました。
那須のオジサンは、結構山屋さんでしたのでね。北は北海道の大雪山系から南は、南、北アルプスなどね。

帰りに戻ってきて目印になるはずだった看板を確認。

ブログ 君が牛の看板だったのか?.jpg

これって、やっぱり牛のある看板なんでしょうかね? (;^ω^)

でも、うろうろと開拓地区を走ったので怪しまれたかもしれませんが、結構楽しい迷子の時間でしたよ。

那須地方を自分の住む方向ばかりでなく色んな方向から見て見るのも楽しいかもね。

帰りは、山の方へ上がって甲子道路から那須高原へ抜け家路に付きました。

では、今日は長くなりましたが僕の小さなドライブ行でした。

じゃあ、またね (@^^)/~~~


にほんブログ村  良かったら是非、「栃木情報」もクリックして下さいね。
DATE: CATEGORY:家庭菜園、ちょこっと園芸
僕のブログと交流をして頂いている方には、それはそれは素敵なお庭を作り、オープンガーデンをしている方もいます。本当に素敵な庭で綺麗で楽しい光景です。

勿論、僕もこれまでするのは本当に大変なことは判っていますが、花々は先揃い庭全体にハーモニーができて、かつよそ様まで楽しんで頂けたらやり甲斐というか満足感も感じると思います。

こんなお庭でランチを頂いたり、時にはお酒なども嗜んだりしたら最高でしょうね。

ブログ あな嬉しや生き残った新雪.jpg

さて、一方、那須のオジサンの家は男所帯、むさ苦しいと思われるのでしょうが、少なくとも少しは花などを添え物にして機影に見せなくては、亡き妻がお空の上で泣いているでしょうからちょっとだけは頑張りますよ。

今日、裏庭に出たら、僕のせいよりかなり高いところに真っ白な新雪が一枝だけ生きていたようで、花を付けています。
本当に嬉しくなりました。

もう、20年以上育てていた、花屋さんに取り寄せて頂いた最初のバラですから、愛着もあり昨年は沢山の花を付けてくれて癒してくれたのに、今年はどうも枯れたと愕然としていたところ。

ブログ バラ 新雪の根元.jpg

根元は僕の二の腕より太く立派なバラです。
一月前に根元からシュートが出てきて、何とか完全には死んでいないと判り、どうやって助けてあげるか悩んでいましたが、これでは簡単に根元から切る訳には行かず、丁寧に枝を選んで切り落とすかしかないようです。

でも、今日の小さなものですが嬉しい出来事でした。

ブログ ユキノシタとドクダミ.jpg

このバラの根元には妻が植えたユキノシタ、ドクダミがあります。ドクダミは、八重のものが妻のもので、勝手に生えている一重のは雑草扱いですが、この区別ができず除草は花の咲くまで待っています。

できそこないのパートナーの僕でしたが、妻が大事にしていた花や花木、果樹はできる限り残してあげないとね。空の上から見張っているかもしれないからね(;^ω^)

妻も好きだった愛犬のお墓や猫のお墓もこのすぐ傍に有ります。

ブログ 愛犬の墓とクリスマスローズ.jpg

クリスマスローズってこんなに長持ちなのかな?
お墓の供花となって今も咲いていてくれてます。

数日前にこの周りの除草作業をやっていた結果でしょうか、首筋を無視にやられて今往生しています。
本当はバラの消毒を兼ねて生け垣などの害虫駆除をやるわけが、サボってしまって先延ばしにした結果ですね。

後手後手に回るのは、何処かのマンモス大学のように、後の結果は最悪と言うとになりますが、今回は僕も最悪。
明日は、必ず消毒をしようっと。通学路だし子供が毛虫にやられては申し判りませんからね。

では、今日はこれまで (@^^)/~~~

明日は、それこそお恥ずかしい男の花遊びを腰を低くしてお伝えする予定。


にほんブログ村  良かったら是非、「栃木情報」もクリックして下さいね。

DATE: CATEGORY:オジサンの手料理や外食
他人の食傷気味なのを無視して今日も那須のオヤジ飯でお茶を濁しますね。

食べることが好きか嫌いかは関係なく毎日の営みですから記事の種はできるんですね。

比べるのは大変おこがましいのですが、有名作家の池波さんや他の方々でも結構自分の食べたものを日記に書き留めていた方は多いですよね。外食ではなく自宅で食べたものが中心のも沢山あります。

ブログ  夕食.jpg

焼き魚は簡単な料理の一つで良く作りますが、何故だか息子はホッケは嫌がって食べずに残してあります。勿論翌日僕が食べますよ。サンマは干物でも食べますね。

彼の魚食いは綺麗に食べるので好きです。他人様のでも食い散らかしてあるのを見るのは大嫌いです。
食べるものを残すのも嫌いです。

そううそう、俳優の角野卓造さんを、東京の御徒町の駅から湯島天神に向かって少し歩いたところにある名居酒屋「シンスケ」の.カウンター席で一人静かに飲んでいたのを見ましたが、帰り際後ろからちょっと手元を見ると本当にきれいに魚を食べていました。

彼は本物の酒飲を愛する人で素敵な人だと益々好きになりましたね。どんな美人でも所作が悪ければ台無しです。

どんなに美味しい料理のことを語ったり、作ったりしているにしても、食べた後をみればその人の食べ物に対する愛情やこだわりが簡単に観て採れるものです。

「いただきます」と言う言葉の大切さが判ってないと思いますね。命を頂き感謝の念からの言葉ですよね。
僕も、時折期限切れや痛みなどで食材を廃棄することがありますが、反省するべきですね。

外食も含め自分に配膳される量などは、必要量を伝えるなどひと工夫をして残さないようにする必要もありますね。

僕の家はご飯粒一つ残さず食べることや、嫌いなものを克服することだけは教育されたので、勿論好き嫌いはありますが出されたものは全て食べます。

欠点は肥満になることかな?
少し、食べ物に関して力が入った感想が過ぎました、失礼しました

ブログ 玉ねぎ大量 夕食.jpg

僕は食べモノに関する基本知識が足りないので、どこかで聞き齧ったことを後生大事にします。

玉ねぎは血液サラサラにするので食べなくちゃあと大量に使い、肉少なめだったら息子に嫌われた料理です。

ブログ 夕食.jpg

お刺身は料理を作るとは言えないのかも、切って並べるだけですからね。魚を捌くところからやれば料理ですかね。でも、簡単で美味しいので大好き。

大根のつまを多く作り美味しいカツオ節を掛けて香り豊かに食べるのはおつなものですね。

遠くに住んでいる娘からもお叱りの言葉がありますが、「野菜を沢山食べねば!」というのもちょっとした強迫観念を持って食卓にあげます。

具沢山にしたけんちん汁、トン汁、ポトフなどは時々作ります。まるで免罪符のようにね(-_-;)

ブログ夕食 ワラビ 山椒の佃煮.jpg

時々頂きものをします。野山の山菜など頂くと大変嬉しいのと、加えて我が家を忘れず思ってくれていたという証ですから尚更嬉しいものですね \(^o^)/

ワラビはそのまま茹でてアクを抜いたものをお浸しのように食べます。少しぬめりが有って美味しいです。半分は翌日油揚げと煮て食べました。

山椒の芽の佃煮も頂きましたが、これもご飯の友だけでなくお酒のおつまみとして舐めるようなくらいの量を口に入れると、山椒の香りが口いっぱいに広がって何ともお酒がはかどります。貴重品ですね。

そんなこんなで、外食やデリバリーはせずに何とか毎日の食事は作って食べてます。
今問題なのは、折角ダイエットして少しスマートのなったのが、妻が亡くなってからじわじわと体重が右肩上がり、現役に近いくらいになっています。

これは食べる量の問題なので自身の意思の強さで克服できるのですが、大層なことを言っても食い物の誘惑にはかなりメロメロの那須のオジサンです (;^ω^)

さて、またここで小学校から、トイレ休憩と水分補給の指示があり休憩したようです。
先ほどまでは、どうも玉入れのようで数を呼び上げるアナウンスが届いていましたよ。何んだか家にいても運動会の様子が手に取るように見えてくるようですね。

では、これにて那須のオヤジ飯は終了。食傷気味でしょうからしばらく他の記事で頑張りますね。

じゃあ、また明日 (@^^)/~~~


にほんブログ村  良かったら是非、「栃木情報」もクリックして下さいね。

DATE: CATEGORY:オジサンの手料理や外食
100メートルも離れていない小学校から、この週末に予定されている運動会の予行演習でしょうか、実況アナウンスも交えて音楽が届きます。

16年の間、愛犬の散歩で毎日脇をかすめて通っていましたが、孫もいる訳ではなく亡くなって散歩もやめ近づくことも無くなりました。

ブログ  一人もっきりは少し寂しいなぁ.jpg

もっきり酒は、受け皿にこぼれるくらい入れないと楽しくないですね。晩酌皆勤賞もののオジサンです。

今日と明日は、那須のオヤジの小休止に、お出掛けの必要のないオヤジ飯を掲載します。

何故なら、休日の自治会行事と1日置いてのゴルフで体は疲れているし、自治会のハイキングの写真などを作成し、配布しなければなりませんので、その作業時間もバカにはなりませんからね。

あくまで日記ですから手を抜かせて頂きますね。

で、安易なオヤジメシを続けますね。

ブログ 渋い夕ご飯ですね.jpg

僕のオヤジ飯は基本的にはスーパーの出来合いの総菜をそのまま出すことはしません。
勿論、冷食は使いますが油で揚げたり、野菜など具材を加えたりして少しでも自分流にします。

煮物は味付けが中々定まらず、かといってレシピ通りに分量を計ってやるには面倒なので、勘を頼りにすることが多いです。

ブログ作り置きできるおかずの夕食.jpg

たまには数日作り置きできる料理で副菜などもストックしておいて時短の工夫はしていますよ。
これでも主夫歴は長くなってきましたので、少しづつですが進歩しているつもりです。

でも、ブログで料理を拝見するとカラフルで美味しそうな夕食にワインなど付けてお洒落に食べていらっしゃるものがありますが、ちょっとそこまではできません。

やるとしたら、お客様をお招きし手料理をふるまう時だけはそれなりに作りますが、どうも仲間との宴会では自分も一緒に呑んで楽しみたいので凝った料理は時間的にも大変なのでやらなくなりました(;^ω^)

妻がよく言っていましたが、女はおしゃべりご馳走と言って料理よりおしゃべりが大事なのよと、男だって楽しく会話して親交を深めるのは好きなんですよ。

寡黙に呑むのは演歌の世界かダンディズム気取りでバーで過ごすときくらいですよね(-_-;)

ブログ 冷食利用の夕食.jpg

ここで、小学校から運動会の練習で、10分間休憩との放送があり静かになりました。

僕も、一旦ここで終了です。

では、またね (@^^)/~~~

後篇も、ストック料理のように今日作り置きしておきますね。よって、他人の食べ物を見て何が面白いんだよと言う方は明日はスルーしてくださいね。


にほんブログ村  良かったら是非、「栃木情報」もクリックして下さいね。


DATE: CATEGORY:地域の行事(自治会)
お昼を食べて、皆さんが尾根筋を急登してきます。
70歳を越えても日頃から鍛えている人は10分以内で、遅れても20分以内で展望ポイントとしては最高位のD地点に上がってきましたよ。

この中の最高齢は80歳で、他の人でも70歳越え、また還暦過ぎの方も相当います。勿論、僕もとっくに過ぎていますよ。

ブログ 第1橋梁展望台のD地点の皆さん.jpg

今回の参加者の半数の方々が頑張って最も眺望が良い地点まで上がってきましたよ。
ここからならメーンの第1橋梁と、サブの第2橋梁を見ることができます。

春には遠き山の中腹には桜の園地のようなものが観て採れる絶景地点です。

皆さんこの景色の雄大さと美しさに感動してくれました。

まず列車が来るのは、第2橋梁です。
はるか遠くに小さく見て取れます。この小さく見えるのがポイントで、これを超望遠レンズで捉えても仕方なくこの大きさが良いのですよね。

ブログ 第2橋梁を行く只見線.jpg

右側の小さな集落の駅に停車。
しばらく走って森を抜けて、微かに音が聞こえて来たらビューポイントの第1橋梁に出てきます。

ブログ 第1橋梁の只見線.jpg

皆さんから思わず歓声が上がります。
今回は、少し生憎の雨による川の濁りがあり、綺麗な水鏡の列車を見て頂くことはできませんでしたが、それでも上と下に映る橋と列車、雄大な緑の山並みと小さいけれど確かな山村の息づく景色を堪能して頂きました。

ブログ 只見線第1橋梁を背にして.jpg

カメラマンが降りてしまったので、中々団体では撮れない集合写真も確保できました。この写真は貴重なので、「頑張ったで賞」と言うことで、僕は名前も知らない方が居ますので、自治会長のお世話になりお届けする予定です (^^)v

身体の調子で行けなかった方には、ゴメンナサイ 

皆さんは絶景に満足されて下山開始、僕はもう1本のお酒で、今日の企画は成功かな!と言うことで、一人乾杯してから遅れて下山。

ブログ さてお帰りを缶酎ハイがお見送りです.jpg

この景色、この満足感、また僕も写メールも済ませ、酔っぱらって怪我をしたと言われては末代までの恥じと、慎重に僕も下山。

降りきると、ご苦労さんとタンポポさんが綺麗なお顔で笑ってお迎えです。

ブログ 無事お帰りとタンポポさん.jpg

13時05分の感動を後にして、お土産買いやおトイレを済ませ最後の目的地に移動です。

途中の車中では、僕は運転手の助手席側の最前列、ナビも兼ねていますからね、それより有利なのは冷蔵庫が目の前で管理人ですから、残っているアルコールは自由気侭。

やれやれと、もう1本。

道の分岐点では運転手さんと確認しつつ、ちゃんと案内してますよ。ただの酔っ払いとは違いますよ。

ブログ この上を通り行く只見線の列車を想像しましたよ.jpg

僕もブログをFBと連動させているので、只見線の応援もしています、微力ですがね。
今回の企画もそのつもりです。

そこで見掛けましたが、この地点も楽しそうとバスから見て取りました。

只見線は、本当に素敵なローカル線で、そこかしこに写欲をそそる風景がありそうです。

ブログ 沼沢湖で集合写真の場所を探して試し撮り.jpg

ここが最終の立ち寄り先です。
沼沢湖です。観光地でも無く、そのような施設は妖精館と言うものだけで、キャンプ地とその管理棟があるだけです。

静かな山奥で、途中には小さな集落があり、茅葺にトタンを載せた会津地方の独特な家があります。
集落全体がお昼寝をしたような、ゆっくりしたj時間が流れています。

「こんなとこに住んでみたいなぁ」と誰か。

「でも、冬などは大変だぞー!」と誰か。

この湖畔で公式の集合写真を撮って皆さんに差し上げることにしました。
三脚を建て、僕もタイマーを使い参加しています。

その写真はブログでは割愛ですよ。参加者にはお届け出来ますからね。

これにて終了です。後は、地元も通っている国道400号で一本道です。

ブログ 一点の問題も無いような奥会津の五月晴れ.jpg

途中に寄ったのは、トイレ休憩を兼ねて昭和村のからむしの道の駅。近世以前からある織物で今は大変高価で、ワイシャッツでも最低5万円以上はするというもので庶民には関係ないものですね。

空は青く、緑豊か。

ブログ からむしの機織り機.jpg

これにて終了です。

はて、皆さんのお顔を載せたのに、自分だけ匿名では卑怯者の誹りを免れないので、載せないとは言ったものの、やっぱり最後に集合写真も載せることにしましたよ。僕もこの中には居ますね。恥かしいから見つけないでね。

ブログ用 沼沢湖の集合写真.jpg

今年から、今までの10月実施の日程を初夏に持ってきたので、日が長くたっぷり時間も使え、のんびりバスの旅が楽しめました。

今回は明るいうちに帰宅できました。

これにて、僕も自治会の役員も今年度一杯で辞める予定なので、最後のご案内になりましたが、喜んで頂けたようで嬉しい限りです。

毎年悩むのは、皆さんが余り行ったことが無く、でも素敵な場所を選ぶことでした。

それに、参加者が幼児から後期高齢者まで、足腰の悪い方もいれば、一応ハイキングと銘打っているので、歩くということも入れるとなると本当に難しい場所選びでした。

でも、それなりに喜んで頂けて、僕の経験や知識も地元の方に役立ったのかと、ちょっとした満足感も有りますよ。

では、これにて、自治会のバス利用のハイキングの旅、「完」です。

じゃあ、またね (@^^)/~~~


明日からは、ちょっと手を抜いて、休憩時間を頂き、撮り溜めてある、那須オジサンの晩酌飯を2日ほど入れさせていただきます。

その後は、多分ですが、那須の初夏の風物誌を彩るアユ釣り解禁に向けて、清流那珂川水系やその周りの風景を探しに出掛けてみます。


にほんブログ村  良かったら是非、「栃木情報」もクリックして下さいね。

DATE: CATEGORY:地域の行事(自治会)
地元の自治会の恒例になっているバス利用のハイキング(とは言っても、殆ど歩かないのですがね)旅行をレポートさせて頂きます。

参加者へのレポートも兼ねて時系列に、少しいつもより写真も多く掲載することにします。
参加者の皆さんは、実年齢よりもすごく若々しく輝いているので折角ですから今回は顔を伏せないで置きますね。

朝8時、地元の小学校近くを集合出発、少し離れた道の駅にて残りの半分程度を拾い、いよいよ今回の目的地、福島県奥会津地方の只見方面に出掛けます。

ブログ 案内チラシ(しわくちゃです) .jpg

御年80歳の体育部長が主催者で、我々自治会役員がバックアップして開催されます。

貸し切りバスですが、ガイドさんや添乗員は付いていません。よって、ナビゲーターを兼ねて不肖私めが案内人になります。

最終目的地と言うか、皆さんが見たことのない風景をお見せしたくて選んだ「只見線の第1橋梁のある風景」です。

東北自動車道を北上し、途中郡山から磐越自動車道へ、最初は五百川パーキングでトイレ休憩。

バスに戻って、先を目指すと…。

ブログ バスの中から飯豊連峰を望む.jpg

バスの窓には、若い時分に2度ほど縦走経験がある飯豊連峰の綺麗に雪を被った霊峰が迎えてくれます。
周りを見渡すと、田植の最盛期のようです。

ブログ 柳津駅にてSLを見学.jpg

会津坂下で高速を降り、最初の訪問地の柳津駅に到着。

今回は、只見線の素朴で素敵なローカル線を感じて頂こうというのが僕の目算ですからね。
でも、子供達にSLを見てもらおうとの思いもありましたが、生憎行事が重なり子供や若い保護者はそちらへ行ったので今回は大人だけ。

ブログ SLの運転席の計器.jpg

機関者の運転手になったつもりで計器を見て少しテンションが上がりましたよ。

ブログ 柳津虚空蔵様にお参り.jpg

知恵の仏の虚空菩薩を本尊とする柳津の正式名称「福満虚空菩薩圓蔵寺」にお参りします。
僕は、多分ここには、5回ほど来ていて、その中の思い出には、紅葉の頃、その時分は、お寺もカメラには神経を使っておらず、この写真にあるような暖簾(のれん、御幕、帳のどれが名称なのか)などが入り口と向こう側の裏口には無く、見通せたのです。

暗い本堂内はいると、向こう側には真っ赤なそれは美しい紅葉が、入口が額縁効果で綺麗に見えたものです。

三脚やカメラバックは境内に持ち込み禁止とあります。三脚、一脚使用禁止とか、堂内撮影禁止とか言うのは 普通見掛けるものですが、よっぽど坊さんでもご立腹なのでしょうかね (;^ω^)

ブログ 虚空蔵の本堂を背に記念撮影.jpg

僕は案内だけでなく、写真屋さんも引き受けているので、集合写真を撮る必要があり三脚を使いたいのですが、ここは本堂の屋根だけ拝借してスナップ写真を撮りました。

さて、お昼前の最後の立ち寄り先です。

ブログ 美術館の前で集合写真.jpg

斎藤清美術館です。
今季の企画展で、「雲母 きら」展です。でも、本当は、皆さんにはやはり斎藤清の絵に親しみを持って、雪国会津の風景を味わってもらいたかったです、残念!

ここでもスナップで記念撮影。

これは美術館の中の休憩スペースから、ガラス窓にカメラをぴったり付けて、只見川越しに撮った虚空蔵の本堂です。

ブログ 斎藤清美術館の中からの虚空像菩薩の本殿を望む.jpg

さて、お昼近くになってきました。

本日のメーンイベントのために、また昼食のためにも先を急ぎます。
只見線は一日の運行本数が少なく、昼間見るには少ないチャンスを逃してはいけません。

最初に立ち寄った無人の柳津駅で再確認してきたところ、やはり13時過ぎが唯一の機会です。

ブログ 道の駅 三島駅 お昼に到着.jpg

ここの休憩スペースで食事をしてもらい、13時5分にビュウ―ポイントに来る列車を見てもらうために、役員が手分けし、下で集合させてそれぞれの体力に合わせて登らせます。

僕と体育部長は先に上がり待っていることにします。

途中には若い女性が一人三脚の準備中。この後に団体が上がってくるのでと予告します。お互い気分を害してはいけないので挨拶をしておきます。

最上部には、2人の男のお客さんが、体育部長、流石に年功があり、この2人にお菓子の賄賂を渡し見方につけておきます。

僕と体育部長は、絶景の五月晴れの元で2人でカンパーイ!
緑風という心地良いそよ風に吹かれながらのお酒は最高です。

ブログ 手作り弁当のお供に.jpg

僕たちは先発なので昼食を持って上がってきましたのでね。少しの役得が有ってもね。
勿論、僕は自分の弁当は朝早く起きて息子の分も含め作って来ましたよ。

おにぎり二つ、おかずを5種ほど入れて楽しい昼食でしたが、つまんで飲んでいるうちに本隊が上がって来たので、途中で止めて半分持ち帰りになってしまいました (;^ω^)


では、長くなりますので、後篇は明日へ。

じゃあ、またね (@^^)/~~~


にほんブログ村  良かったら是非、「栃木情報」もクリックして下さいね。

copyright © 2020 那須の緑風に乗って all rights reserved.Powered by FC2ブログ