FC2ブログ

プロフィール

nobotyan

Author:nobotyan
イヤハヤ、いつの間にか「古稀」の年代に突入です。

妻や、猫、犬は、お空の上で楽しく暮らしているかな?。
那須オジサンは、独り寂しい限りですが、もう少しだけこの世で頑張ろうかなとね。

那須の素敵な自然が伝われば、また、田舎暮らしも悪くなさそうと思って頂ければ、少しは地域貢献に役立つでしょうから、せっせと発信します。是非ご覧くださいね。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


フリーエリア

良かったら、是非ポチィと

DATE: CATEGORY:旅行記(写真)
次は、東大寺の法華堂(三月堂)へ。

ここに収められている10体の仏像は全て国宝と言う贅沢な空間が待っています。

ブログ 桜と大仏殿.jpg

まず、今回は桜を最初の目的に来たので、代替えに大仏殿にお別れついでに1枚撮らせて頂きます。
桜は日本人の心です。

潔く散るという点だけを強調せず、咲く様、その艶やかさ、優しい微笑みなども感じ取りたいですね。

少しの移動で、法華堂に到着。

ブログ 法華堂(秘められた多くの像を安置、三月堂) .jpg

こちらのエリアは極端に観光客が少なくなりますよね。

このお堂に入ると静寂な仏の世界が広がっています。
座って仏様の前でこの雰囲気、この世界に浸っていられる座るスペースも有り、奥まって長く居続けているような人もいましたね。

僕らは、信心の心構えが薄いのか一通り見ると退出です。

中心には観音様。前を守るのは阿吽像の金剛力士像。

ブログ 三月堂のパンフと入場券.jpg

拝観料は別にお支払します。
パンフレットを見ると配置図も有り、秘仏で見られない1体も入れた国宝10体の像が、その大きさゆえかひしめくように配置されています。

入口を大きく開放しておらず、丁度良い光がその厳かさも引き立てています。
誰に言われずとも思わず手を合わせたくなる仏様達ですね。

ブログ お水取りの行われる二月堂.jpg

次は、お水取りで有名な二月堂です。
火祭りのような松明を付けて回廊を回る様が季節のニュースなどに取り上げられるので有名ですね。

ここは別に拝観料は不要で参拝できます。

ブログ 二月堂から夕陽を眺める.jpg

二月堂の西に張り出した舞台からは夕陽の奈良の市街が見渡せます。

「夕焼けに 人の息吹と 仏の目」(nobotyan詠む)

少し眼下にも、早や新緑の萌黄色の木々は心を休めてくれています。

ブログ 新緑の三月堂からの眺め.jpg

これにて東大寺はお仕舞です。
拝観時間も午後5時半までですから閉館します。

よって、当方も今日はこれまで (@^^)/~~~


にほんブログ村  良かったら是非、「栃木情報」もクリックして下さいね。
DATE: CATEGORY:旅行記(写真)
まず始めに、何故奈良へ?ということを。

昨年の桜の季節、茨城県内の「東の吉野」と言われる桜川に行って来ました。
優しい桜の山の風景は、あちこちにぽっと点いたボンボリのようで長閑そのもの。

では、やっぱり本家へも行かねばと混雑覚悟で突入すると決めました。
そこで、仲間を誘い丁度いつも使っているチェ―ン店のホテルに3部屋の空きを見つけ昨年の12月に予約。

切符も1か月前に購入。

でも、季節が近づくとどうも桜前線が早い移動をしてしまい、実際に行く時には葉桜状態になってしまっていました。
やっと確保したスケジュールですし、ホテルなので決行します。

勿論、吉野は往復の時間が掛かるので桜が無いのに行くのは物足りないので断念し、ベタな、言い替えれば正統派のお寺めぐりに徹します。

ブログ 大仏様.jpg

家から地元の駅に行き、次いで新幹線で、東京、京都、奈良へと進みます。
我が家の都合で家を出るのはゆっくりで、9時少し前。しかも、新幹線への連携が悪く駅でかなり待たされます。

近鉄奈良駅近くのホテルに着いたのは、もう午後4時少し前です。

当然途中で昼食を食べます。

ブログ 東海道新幹線のお昼.jpg

然らば、旅にお酒は付きものです。

ブログ やっぱり崎陽軒のシュウマイだよね.jpg

最強の御つまみを準備怠りなくしているので、車内販売で日本酒も追加。

奈良市内は、記憶に寄ればもう大昔の40年以上前に行ったきりの感じで、今回は、有名な寺院を網羅して回ってしまおうと思っています。

それも、今日と、明日だけにして、最後の日は同行者のAさんに京都のまだ行っていないという場所へも案内します。
一緒に京都は行ってますが、超有名なところはできる限り避けていましたので、その罪滅ぼしです。

前日に先発した仲間とホテルで合流し、4時から近くの東大寺へ。

本当に沢山の外国人の観光客で溢れています。

ブログ 東大寺三門.jpg

有名な南大門、圧倒される大きさですよね。

で、ここでこれまた有名な阿吽像の仁王様に出会います。阿吽像のコレクターですからね。

ブログ 阿吽像の阿形 仁王様.jpg

ブログ 阿吽像の吽像.jpg

有名仏師の運慶、快慶の作で、高さ8メートルもあります。心してお参りすべしと言っているようで、黙って低頭する気分になります。

ブログ バカデカい大仏殿.jpg

大仏殿(金堂)は、間口が60メートル弱もある巨大な国宝の建物です。
奈良の廬舎那大仏(本尊)は、15メートルほど、全て巨大ですね。

ブログ 多聞天.jpg

ブログ 広目天.jpg

脇を固める多聞天、広目天も大きいですね。

ブログ 定時のお勤め 大仏様へ.jpg

時間になりお坊さんがお経を唱えるのでしょうか。御尊顔を見上げるのも大変でしょうねぇ?
僕は、何となくですがこれだけ大きい仏様ですから、お坊さんが数人でお勤めをするものだと思っていましたが一人なんですねぇ。

では、だらだらと長くなりますので、今日は一旦これで (@^^)/~~~

「御仏の 前に立ちたる 我が裸身 行く春の日に 清しき光」(nobotyan 詠む)



にほんブログ村  良かったら是非、「栃木情報」もクリックして下さいね。

DATE: CATEGORY:家庭菜園、ちょこっと園芸
今日の記事は、4月10日、11日のことで、1週間も遅れての登場で相済まないことです 

例年なら、発信している今日(18日)あたりが種まきのはずでしたが、少し早めました。

バジルの種まきは八重桜が咲く頃とあるのですね。

その分、畑の準備が全然間に合っておらず、まあ、春の妖精からのお誘いに乗って遊びに出掛けているせいでしょうがね。

ブログ 2018 4 10 苗づくり.jpg

それで、ポット苗を作り始めることにして、5種蒔きました。

トウモロコシと枝豆は苗が出来たら後輩のお孫さんのための観察、試食用にお分けする約束です。まず、ちゃんとした苗を作ってあげないとね。両方とも採れたては特に甘く美味しいのですよね。

他は、昔、職場の女性さん達に、注文を取って無料で配布していたバジルの苗も作ります。今は、差上げる機会が無いので無駄になりそうですが、買ってくる苗は何だ嫌なんですよねぇ。

ただし、ナス、キュウリなど夏野菜は苗を買いますがね。

ブログ 2018 4 10 杉丸太の作業台で.jpg

遊び過ぎ(ゴルフがトドメを刺したのかな?)で、罰が当たり腰が痛いので、でもサボると拙いのでちょっと椅子に座りつつ、もう古く腐り始めている丸太で作った作業テーブルで種まき。

那須のオジサン、顔は赤鬼と、はたまた、かみさんにはゴリラと言われていたほどムクツケキ男なんですが、花も結構好きなんですよね。

で、簡単そうな切り花を育てようとこれも種をまきました。野菜などは作り過ぎても仕方がないのでね。花なら仏壇やお墓、それに差上げても大丈夫でしょう。上手く育つかどうかは判りませんがね。

お昼は残り物のハッシュドビーフを食べ、デッキで小休止のはずが…。

ブログ 2018 4 10 残り物でランチ.jpg

木製の手作りデッキチェアで休んでいましたが、風が思いのほか冷たくベビー毛布だけでは寒いです。普通の毛布を持ち出してくるまでも無いので早々に家の中に退散。作業は腰が痛いので午後はやらず。

午後は、定期購読しているシニア向けの雑誌「サライ」が将棋を乗せていて、それにつられて将棋ソフトで対戦。
相手の強さは、下から3段階目ですが、油断をすると負けるのですが、勝ったのでガッツポーズ。

将棋は僕の幼少期に父から習いました。
義父とのコミュニケーションや職場での対戦、知り合いの議員さんとのお遊びなどで実利的にも役立った趣味です。

ブログ 2018 4 10 単眼鏡到着.jpg

そうそう、前から欲しかった単眼鏡が届きました。物欲を無くそうとはしているのですが、ついどうしても欲しいものが出てきます。
決断の基準は、カメラ機材もそうなんですが、この後僕な亡くなってから子供が引き継げる可能性があるかどうかです。

ですから、安過ぎず、でも、持ち歩いても恥ずかしくないものにできる限りしています。好きなゴルフも焼き物も買っていませんよ。

これでなら旅行にも、これからの美術館でも役に立ちそうです。コンパクトですからポケットに入りますからね。

さて、午後5時を告げましたので、夕餉の支度。
腰が痛いのと、多分息子が食欲が無さそうなので時間が掛からないものにする予定。

階下に降りる前に、ベットルームから外を見ると、近所の家の木々が芽吹き始めています。

ブログ 2018 4 10 芽吹き始めたご近所の木々.jpg

イチョウはホンの少し芽を見せています。少し離れた、箒を逆さまにしたような樹形のケヤキは遠くからでも判るほど新芽が伸び始めています。

那須の真骨頂の新緑、青もみじ、爽やかな緑風の季節がそこまで来ていそうですね。
生命力を感じる春から初夏の那須が大好きです。

わけても、5月の緑、青く澄み渡る空、そこに有る真っ白な雲、時に心が動き目頭が熱くなります。

写力と筆力が無いので上手くお届け出来ないのがモドカシイですが、セイゼイ遊び回って取材をしてみますかね。

ここまでは、10日の出来事。

11日は、どうも腰が良くなっていないので完全休業。
車出しの後、家に戻り対策を。そうだ湯治をすれば良いかもと、薬用的な入浴剤を入れて昼風呂をします。

夜も入れて、3,4回入るつもり。

何故かって、13日からは、奈良の旅行が、家の都合で短いのですが出掛けるのでね。

19日に旅行記が載れば元気で行ったことに。

では、またね (@^^)/~~~


にほんブログ村  良かったら是非、「栃木情報」もクリックして下さいね。
DATE: CATEGORY:オジサンの手料理や外食
タイトルと、ブログ内容が全く違うのですがね、話の枕にお出ししますが、何故だか画面にグーグル名の警告メッセージ (-_-)/~~~ピシー!ピシー!

携帯に十数個のやばい奴が侵入したので、今すぐ処理をと。カウントダウンの秒数を載せてダウンロードの催促。

ちょっと待てよと内容を読むと、どうもたどたどしい日本語のような気がします。僕のブログのように脱字や誤字がありますね (;^ω^)

未熟な翻訳ソフトを使っているような感じもします。

無視が、多分正解ですよね。で、コノヤローとね。

ブログ  買い出し後の処理.jpg

話は戻って平々凡々な日常です。
朝の送迎の車出しのついでにスーパーへ。隣県ナンバーもある、市場の構えのようなお店。地元ではB級品を安く置いているというのですが。僕は便利なので野菜と果物はここで週1回仕入れています。

顔見知りの飲食店の人にも良く出くわします。

買ってきたら、冷蔵庫などへ仕分けしますが、ものによっては休まずにすぐ仕込むものや小分けするものも有りますよ。

ブログ  大盛冷やし蕎麦.jpg

お昼は僕のソールフードのお蕎麦を。
ここは蕎麦前を楽しんでから蕎麦を手繰るといった優雅なお店では無くて、鱈腹食べる完璧なお昼ごはん。

大盛り蕎麦なので、オジサンにはかなりのボリュームですが、ご婦人でも結構ペロッと食べる人が多くいますよ。びっくりですね。
でも、僕も、まだ普通盛を頼みたくないという見栄的な注文なんですよ。おいらはまだ軟弱じゃなくて大盛り食べてもりもり働くんだぞとね (;^ω^)

本当は、メタボには最悪のようですがね。

今日も普通の那須に住むオジサンとしては、朝に陽が東から上がり、夕にドボンと西の山陰に沈むのを見ながら、こんな風に平凡に過ごしてみましたよ。

夕食には、朝の買い出しに、今日は手が掛からないものをと考えて買ってきた有るので楽ちんです。

ブログ 焦げ目が足りないサンマの塩焼き 夕食.jpg

全く季節感が無いのですが、お安かったし焼くだけ、切るだけですから準備に時間が掛からず、でも、それなりに晩酌のお供にもなりますのでこういうパターンも有りですよね。

今日は特に何もせずで、欠伸がでそうな平和、最高ですよね (^_-)-☆

じゃあ、バイバイね (@^^)/~~~



にほんブログ村  良かったら是非、「栃木情報」もクリックして下さいね。
DATE: CATEGORY:写真
冒頭に謝っておきますね。

別に、観光誘致の目的を持ったブログでも無いのですが、那須の近況をお伝えしたくお外に行く機会が頻繁になり、記事も溜まり気味で、現実の那須地方の状況とずれが出てきています。

ブログのネタが無いと嘆くこともありますが、この頃は余ってしまってどうしようかという状況です。

それはそれなりに、楽しい季節の爆発なので楽しんでいますが、情報としてはかなり遅れていますのでご容赦を。

ブログ用 2018 4 08 千本松の草原の女王.jpg

多分、我が那須地方も、10日程度は早い春の進み具合です。

この日は、朝6時前に起きたら晴天。
昨日強風が吹き荒れていたので、花はどうなっているのかと心配で、朝ご飯の前にお出掛け。

車で、10分以内ですが、山の方へ向かいます。やっぱり、かなり落花したようで、寂しい限りでカメラマンさんも誰もいませんね。

でも、春夏秋冬、機会があれば頻繁に会いに来ている大好きなレディですから僕は見捨てませんよ。
僕は、見捨てられることは多々ありますが、僕の方からレディを見捨てたりできません。

ブログ 2018 4 08 タチスボスミレ.jpg

木陰にあった近くのタチスボスミレにもごあいさつ。

ブログ 2018 4 08 千本松の桜 2.jpg

昨日の強風でかなりナブラレていましたが、健気にまだ花を付けて待ってくれている桜が近くで微笑みを放っています。

一応、ここで一段落。

家に戻って朝ご飯を食べて一休み。

で、ゴルフのテレビ番組など見て過ごすも、待てよ~!、どうも後手後手になり季節に先回りされてるぞ ヽ(`Д´)ノプンプン

出掛けましたよ。山の方へ行って来ましたよ。

ブログ 2018 4 8 大沼園地の休憩施設.jpg

まだ、まだ、枯野枯山の風情です。

だぁれも居ませ~ん!!
寒いです。休憩施設はちゃんとオープンしていてトイレなどは利用可。よしよしと、偉そうにチェックを入れましたよ。誘客には地道な努力も欠かせませんからね。

ブログ 2018 4 8 これは何?ウワミズザクラ?.jpg

先へ進みます。
これって、.ウワズミザクラ、イヌザクラ、はたまた違うものか?

近くに、低木のもあったけど、同じものかな?

ブログ 2018 4 8 これも同じだね.jpg

名前が判らないということは悲しいものですね。

ブログ 2018 4 8 ヤシオつつじ.jpg

山を周回し段々麓に降りて来始めると、麓の庭では満開のヤシオつつじが、ここではやっと咲き始めています。女性の優しさが偲ばれて素敵な花です。

ブログ 2018 4 8 オオカメノキと山桜.jpg

あと、2,3キロ下れば麓の集落に着くと言う山道にはこんな花がお出迎え。

オオカメノキと山桜で良いのですかね、道端で咲いていたので車を止めてしばしの休憩。

ブログ 山形農場の別荘.jpg

最後は、麓の大好きな麗夫人の館をコンデジで車から撮影し帰宅しましたよ。

春の半日、楽しく過ごせました。
連れて来たい人はいるのですが、一緒に来たい人はおらず残念ですが、春はおぼろにと言うように、はっきりせずボヨヨ~ンとしておいた方が誰の迷惑にもならないですかね。


できれば、明日あたりからは、旅の話を登載したいのですよ。
後輩女性の、JKさんが僕の世事のブログは詰まらないとのたまっているようだし、確かにそうなので悔しいのでたまの旅をお伝えしないとね (*^^)v

では、今日は、ちょっと頑張りましたよ。
じゃあ、またね (@^^)/~~~

那須はそれなりに素敵なところです。住む人、来る人の心のあり方にもよりますがね。
自然に身を任せ遊んでもらえるような人に合っていそうな気がします。


にほんブログ村  良かったら是非、「栃木情報」もクリックして下さいね。

DATE: CATEGORY:オジサンの手料理や外食
珍しく息子と出掛けましたよ。

桜の季節が終わってしまうよと言う僕の言葉に、それではと息子も一緒に出掛けようと思ったようです。

夜桜を見ながらささやかな宴を張るのも良いのですが、足の関係でそれも出来ず、まずは車で行って桜を見せて、家の近くのお店で夕餉というプランにしましたよ。

折角だからと、コンデジは何時もバックに入っているので記念に撮ってきました。

ブログ 2018 4 03 息子と夜桜見物 2.jpg

妖艶な桜は美しいですね。上手くは撮れてませんが想像でカバーしてくださいね。

ボンボリは、6時半に点灯するようです。

ブログ 2018 4 03 息子と夜桜見物.jpg

この我が町の桜の名所になっている公園をそぞろ歩き。
大昔は、上野から桜見物の列車が来ていたそうですよ。

この他、隣り街の工業団地の桜並木は車でぐるりと回り帰宅。

やっぱり花より団子の男子の我ら。

ブログ 特上寿司.jpg

ちょっぴりだけお高い特上寿司をご馳走します。
勿論、僕は、アルコールがメインですから御つまみも頼みますよ。

このお寿司屋さんは、150メートルしか離れてないので歩いて行ける重宝するお店です。
でも、唐揚げが美味しいのですよ。

ブログ 唐揚げ.jpg

中ジョッキを頼み、ぐびぐびと喉に流し込む醍醐味はこれからの季節に最適な飲み物ですよね。

息子は土瓶蒸しが好きなようで注文。

ブログ 息子と食事.jpg

僕もひと口だけ味見させてもらいます。これもこれで美味しいものですね。マツタケは勿論無いですが各種キノコの出す味わいも良いものですね。

それと2人とも大好きな出汁巻き卵。
たっぷりの量が出てきて満足、満足。

ブログ 玉子焼き.jpg

どうも写真より食い気が勝り先に手が伸びてしまいますね。

その他は…。

ブログ 鉄火巻.jpg

御つまみ代わりに鉄火巻も捨てがたいですねぇ。

息子は酒は飲まず水で、僕は中ジョッキ2杯と冷酒正1合で満足して帰宅しました。

僕は、帰宅後は寝酒代わりに角ハイボールとモルトウイスキーのグレンリベットのナデューラを各1杯づつやりながらブログチェックしてからオネンネでした。

では、今日も楽しく食べ呑んで夜の帳が降りてきましたとさ (@^^)/~~~



にほんブログ村  良かったら是非、「栃木情報」もクリックして下さいね。




DATE: CATEGORY:オジサンの手料理や外食
僕のブログは、普段着の日常を淡々とお伝えしていますが、はたから見ればネタが身近すぎて詰まらなくて申し訳ないのです。

普通の専業主夫はそんなに心躍ることも毎日など無いし、本当に地味に生きているので、向こう受けするような記事は書けませんね。

でもって、男所帯の我が家もちゃんと飯は食べているということを、遠くで心配してくれているであろう娘にお伝えする意味もあり、またネタ不足を補うのもあり、単に詰まらぬご飯を度々乗せています。

でも、超有名な作家の日記でも結構克明に、今日何々を食べたとか記してあるのを見かけますよね。

で、今回もオヤジメシを登載です。

ブログ 手抜きの冷食の 串カツの夕食.jpg

僕のブログは、後輩の女性に埋まんないと言われているそうですが、確かに旅を毎日している訳でも無く、丁々発止の恋愛事件を起こしている訳でも、マスコミに取り上げられそうな趣味や事象を発信している訳でも無いのです。

笑ったり泣いたり、ご機嫌だったり愚痴ったり、時に誰かにときめいたり、落胆したり、そうやって小さな波をドンブラコッコと動きに身や心を任せ毎日を過ごしています。

でも、食べることは大好き。面倒な時は手抜きで、賄いますよ。

今回は、生協の串カツセットを上げて食べました。自分で色々用意するのは世帯員が少ないので難しいのですよ。食材に無駄が出ますからね。

ぶろぐ  夕食 手抜きの刺身定食.jpg

次いで翌日ですが、一見ちょっと頑張った感も無くはないのですが、主夫としては本当に手抜きの時短夕食。
お魚を、一匹買いをして調理するのは少し家族が多くないと無駄が出ます。

よって、柵買いか既に切ったものを買うしかないのです。で、ツマの大根程度はサラダ代わりに食べたいので切りますが、でも調理時間は極わずか、楽ちんですね。

次いで、翌日は、こんな風。

ブログ ちょっとヘルシーな夕食.jpg

年を取ったらお肉も食べなきゃあというテレビの番組からの教えで、ちゃんと守っていますよ。まあ、言われなくてもお肉大好き!

女性に対しては肉食派かと問われれば、我が身に自信が無いので、心意気だけは「イエス」と答えたいです。


結構、食材も多様にすべくオジサンとしては努力はしていますよ。メーン料理はさて置き、小鉢もので調整するのですが、小鉢は派手さは無いのですが、ちょっと手間はかかるので大変なんですよね。

世のご主人方は判らないのでしょうが、主婦さん達は頑張っているということを忘れないでいてほしいと思いますよ。これって、主婦を代弁する主夫って感じの僕。


では、今日もこの辺で. (@^^)/~~~

ブログは、自分の絵日記でもあるので、こんな内容でゴメンナサイね。



にほんブログ村  良かったら是非、「栃木情報」もクリックして下さいね。

DATE: CATEGORY:写真
この頃、何故だか誰に影響を受けたのか野鳥観察に楽しさを見出しています。

全然、鳥の名前など判らず、図鑑を見ても同定することが難しく、だからと言って日本野鳥の会の観察会などは出たくなく、偏屈に一人でこつこつと近隣の野や山、川に出掛けています。

でも、楽しいのですから、また迷惑を掛けないようにはやっているつもりですので良いですよね。

ブログ 2018 4 03 この子は誰かな?1.jpg

実はですね。この子に会う前に、いきなり河川の狭いオフロードの土手を車をゆっくり走らせて探していたら、30メールも無い枯れ木の天辺に猛禽サンが居た。

あんまり近いので逃げられる前にと慌てて車の中でフロンガラス越しに撮影。でも、日頃の清掃ができておらず曇りガラス風だし、ピントも合わせそこ無いでお出しできない状態。

よし、思い切って車からそっと出ると流石に、バイバイと去って行きました。何だったのかなぁ?残念でしたよ。

正直この子の名前も不明。

ブログ 2018 4 03 これは何鳩.jpg

今日は、6月からのアユ釣りの参考になるわいと、左岸の土手を車で遡上して行きます。

これは、ハトの一種だろうなぁ。一応、カワラバトということにしました。

ブログ 2018 4 03 後姿 2.jpg

この子には少し近づけたので横顔も。

ブログ 2018 4 03 この子はどなたの.jpg

以前に教えて頂いたカワラヒワさんで良さそうですが、どうなのかなぁ。

ブログ 2018 4 03 この子は誰 2.jpg

ああ、この子も判らないなぁ (;^ω^)
後姿しか撮れてないしね。

ブログ 20184 03 桜とアオサギ.jpg

これって、一応本日の記事の変化球としては少しは素敵でしょうかねぇ?

河原の桜とアオサギの飛翔ですが、春ののんびり、ゆったり感が出ていれば良いのですがね。

コンビニで助六弁当とお茶、おやつにお菓子を買って土手で、簡易な椅子とテーブルを用意して食べていたら、怪訝そうにシマドジョウを採る筌(うけ;漁具)を掛けている軽自動車のご仁が脇を通り抜けて行きました。

その顔に向けて、那須オジサンの僕は、こころの中でこんな春は、終日(ひねもす)のたり、のたりかなの心境で過ごす贅沢が判るかなとツブヤキきましたよ。

与謝蕪村の春の海とは風情は少し違いますが、まあ、そんな春のモッタリ感を言いたかったのです。

粗末なコンビニ弁当でも贅沢な食事もあるってことよ!

ああ、どうでも良いことに無駄な文章を書きつなれてごめんね。

では、今日はバイなら (@^^)/~~~

全く、植物も鳥も名前が判らず少々意地焼けています。
匍匐前進のように少しづつ覚えるように努力しま~す (^_-)-☆


にほんブログ村  良かったら是非、「栃木情報」もクリックして下さいね。



DATE: CATEGORY:写真
春は何処からやって来るのでしょかね。

まあ、素直に言えば南の方からなんでしょうかね。逆に冬は北の方かということになります。

今日は少し那須地方の南から北へと進んで行きます。勿論、広大な那須野が原の大地ですから、車を使い時に降りて歩くという按配です。

木陰にピンクの優しい春の使いのカップルがいましたよ。

ブログ 2018 4 03 春のデート.jpg

昔は野草ブームもあり乱獲されていたような気がしますが、この頃はそこここに見掛けられるようになってきたような。都市公園のカタクリも盗まれなくなってきたような。

こんな風にオジサンもおぼろの春のようにほんわかと優しいレディと手を繋ぎお散歩をしてみたいですね (*^^)v

ブログ 2018 4 03 清々たる春.jpg

椿も赤い花を精一杯つけて春を演出しています。
バックには清々するような青竹が風に身を任せてたゆたっています。竹の青いすがしい香りが、椿の馥郁とした人を包むようなほの甘い香りがその場を満たしています。

そこに貴女を置いてみて下さいね。そう貴女をですよ。新しき来た春の中で輝いて下さいね (*^^)v

さて、夢想はこの辺でサヨナラして、ちょいと移動開始。車で、ぶっぶぅーとね。

独り言を言うように、歌詞も適当な歌を、車内で声を出して歌いつつ、寂しさを打ち払います。

ブログ 2018 4 03 清々ルル、浪漫の季節.jpg

僕と、今は亡き愛犬のランディのお散歩のホームグランドへ到着。
数えられないほど一緒に、2人で車で20分程のドライブをしてこの辺で楽しくお散歩をしていました。

この大きさの桜ですから結構前からあったはずですが、初めて見た様な。

ここは、大雨の影響で河川の決壊または半決壊したような場所です。桜がある河川敷には人の手は入って無く自生の桜ですよ。

良く生き残っていてくれました。眺めにわざわざ来てくれる人は居ないでしょうが、僕はこれからは楽しみに毎年来ようと心に言い聞かせました。

名も無き、何でもない桜、でも、どっこい生きているんだよと言ってようで素敵。

もう1本ありました。

ブログ 2018 4 03 独り佇む.jpg

河原を望む崖地境にひっそりといました。

こんな風に誰に認められ無くても、強く生きている花があるってことは嬉しいことですよね。

一木一草に、それぞれ命と、その生き様ありかな。
我、安易に嘆くなかれ !!

では、今日は、自戒の念も込めて那須の自然と触れ合いました。

じゃあ、今日もこれにて (@^^)/~~~



にほんブログ村  良かったら是非、「栃木情報」もクリックして下さいね。







DATE: CATEGORY:写真
那須のオジサンは、毎日の生活で、いつも迷い、悩み、嘆き、泣き言ばかりで暮らしています。

ですからって、神や仏が冷たく見捨てているんだとは思ってもいない訳で、まあ、自分の成せる結果の所業で、やむを得ないと考えています。

運、不運は勿論あり、でも、人知のコントロールできる範囲の外の話ですからウダウダ言っても始まらないこと。

ブログ 2018 4 03 手鑓水.jpg

垢まみれの僕としては清めて御仏の御前に出なければならないのですが、手水舎の扱いが形式的になっているかもしれません。

ブログ 2018 4 03 水掛地蔵ではないのよ.jpg

今日は、近くの福祉施設の子供たちが桜見物に、所員の指導員の方々に引率されて来ていました。時に五月蠅いなぁと思うことがありますが、元気で健康的な様子は嬉しい気がします。

でも、子供が、水掛不動さんにするように水を掛けていたら注意されていましたが、僕は楽しそうと写しましたよ。

ブログ 2018 4 03 こそっと覗いた先には.jpg

このお寺は、大きな天狗のお面が有名で、小さな枠から覗き見る感じで、子供達も驚きながらも楽しそうに替わるがわる見やっていました。

西行法師が訪ねたという由緒正しいお寺だそうですが、善人朋友がひっきりなしに訪れていました。

ブログ 2018 4 03 椿のラブレター.jpg

ちょっと脇に逸れてみると静かに野仏があり、お墓が楚々と佇むようにありましたよ。

ポトンと落ちる椿は病人には縁起が良くないようですが、赤く燃えるような生命感は悪くないような気もしますね。

ブログ 2018 4 03 大好き阿吽像 1.jpg

ブログ 2018 4 03 阿吽像2.jpg

逆回りで、山門からではなく、裏から回ったので、入口にあるはずの大好きな阿吽像は最後にお出ましでしたよ。

色んな石工が彫り上げるのでしょうが、同じものは一つとしは無く、怖いもの、ミューモアがあるもの、優しい眼差しを感じるものなどなどあり、楽しまさせて頂いています。

心し、低頭して結界を越えて御仏や神の前に身を預けるのが良さそうです。
宗教心が有る無しなどではなく、何かに生きている今を感謝してね。

では、今日もこれまで 皆様お幸せに (@^^)/~~~



にほんブログ村  良かったら是非、「栃木情報」もクリックして下さいね。


copyright © 2020 那須の緑風に乗って all rights reserved.Powered by FC2ブログ