プロフィール

nobotyan

Author:nobotyan
はや年寄りの割引が適用されるようになったオジサンです。

妻や、猫、犬は、天国で楽しく暮らしているでしょう。
僕は、寂しい限りですが、もう少しだけこの世で頑張ろうかなと。

皆さんにお役に立つことも、最小限ですが、やりながら少しづ
つ前に進もうと考えてます。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


フリーエリア


フリーエリア

良かったら、是非ポチィと

DATE: CATEGORY:
弘前を後にし、青荷温泉へ向かいます。
弘南鉄道に乗り終点の黒石まで行き、バスで、虹の湖公園へ。

2016 11 26 江南鉄道駅 ブログ用.jpg

虹の湖バス停で、旅館の専用バスが迎えに来ています。
マイクロバスに概ね1台分のお客です。
ちょっと変わっているのは、向こうについて宿帳を書くには暗いので、ここで書いてとバスに乗った途端に用紙が渡されます。

2016 11 26 青荷温泉フロント ブログ用.jpg
フロントでこの暗さですから確かに年寄りには記帳するのは無理ですね。

まず、到着した全員を対象に注意事項を含め案内があり、その後、グループの代表者の名前が呼ばれ部屋を割り当てられます。

電気自体はあるにはあるのですが、売りが「ランプの宿」ですから基本はランプです。
消防法の問題があるのでしょう、非常口案内は例の青い電飾になっています。
また、事務を執る関係上、中には電気があるようです。

さて、部屋へと案内されましたが、値段にもよるのでしょうが、離れの2階。丁度、真下が風呂(滝見の湯)になっている建物の上に、結構大きめで新しそうな部屋が二つあります。

本館から出ると、案内板が設置されていました。
201611 26 青荷 案内標識 ブログ用.jpg

僕らは、左の部屋、右の部屋はフランス人と思しき男性3人組でした。
2016 11 26 客室 暗い ブログ用.jpg

部屋は、ランプ一つと石油ストーブがあるだけです。
暗さはこの程度です。
でもです、この部屋にはトイレが付いていて、電気は着くし、何とウォシュレットも付いてます(*_*;

ちなみに感度を上げて写したのが次の絵です。
2016 11 26 客室 高感度 ブログ用.jpg

かなりの手ぶれを起こしていますがご容赦。

特に何もやることは無いので、まず自分達で布団を引いてから当然お風呂です。
まず部屋から1番遠い内風呂から。移動がちょっと面倒。

移動の説明。
部屋から出るのにスリッパを履き、階段を下ります。外に出るのでゴム製のサンダルに。少し歩いたら、本館の裏口に着きスリッパに履き替え。本館を縦断して玄関まで行きます。
次いで、玄関から外に出て温泉に行くのに、またゴム製のサンダルと、何べんも履き替えます。

まあ、どうでもよい説明でしたね。

湯船は、7,8人以内が入れる湯船です。
暗いので足元に注意しながら入りますが、顔は判然と見ることはできません。

夕食は、午後6時から8時までとなります。
これまたやることも無く、湯上りビールが欲しいので、時間とともに出向いたらもうほとんどの人が来ていました。


名札が付いていて、そこに案内されます。
料理はすでに配膳されており、このほかは全てセルフサービスです。
2016 11 26 青荷 夕食.jpg

手前の焼き魚は岩魚ですが、囲炉裏のような場所に刺してあるのを各自取ってくるのです。
当然、熱々なのかと思ったら、すっかり冷えていて炭も温めるには少なく単に演出のようです。

当然に料理は冷たいです。セルフで取ってくる、ご飯と汁物だけは流石に温かくなっています。
僕らはお酒をそれなりに飲むので、1時間以上経ってくるとお客さんが少なくなってきました。
2016 11 26 青荷 食堂.jpg

目が慣れてくるとこの暗さでも支障はありません。かえって雰囲気があるというものです。

2016 11 26 寝酒 .jpg
今度は、混浴露天風呂にも入り、部屋に戻り、寝酒のお酒を全てやっつけて就眠です。

よって、これにて終了。

次回にて、翌日分はアップさせて頂きます。

陽も暮れてきて、また外壁の塗装のための養生シートが半透明なので夜が早く来ます。

簡単に料理を作って、晩酌を始めましょう (^^)v
スポンサーサイト
DATE: CATEGORY:
年に数回しか行かないおじさん仲間の旅をしてきました。
僕の家の事情により、長期には出掛けられないので、通常1泊、頑張っても2泊が最大です。

今回は、1泊で仲間にお付き合いして頂きました。
僕の我がままに合わせて頂いて深く感謝です。

朝6:50、最寄りの駅から一駅乗って新幹線に乗り換えます。
新幹線駅で4人が集合し、7時33分、いよいよ旅が始まります。

2016 11 26 出発 新幹線.jpg
旅はやはり非日常ですので、例外として、大好きなアルコールは時間に関わらず楽しみます。
北へ行くので、防寒対策は欠かせませんから戴きものの帽子を携えてます。

缶ビールで旅の無事を祈って乾杯が普通ですが、珍しく朝ご飯を食べてきましたので、僕はハイボール。

お天気が少し心配ですが、途中では岩手山が顔を見せてくれました。
2016 11 26 岩手山.jpg
やはり、青空が見えれば旅が上手く進みそうで嬉しいものです。

仙台より北へ行く新幹線は基本的に指定席ですが、何時も混んでいて確保に結構苦労します。前回は、往復とも立ち席特急券でした。
今回は、何とか確保できましたので安心です。

新青森には、11時に到着。
しばし待って、弘前へ。

弘前には、丁度お昼に到着です。
前回の時は、洋食屋さんでしたが、今回は渋く「百年食堂 山忠食堂」にタクシーで乗り付けました。
2016 11 26 三忠食堂の前景.jpg

ご主人が、一見さん達には、訪ねるまでも無く、出汁の焼き干し(煮干し)の説明をしてくれます。
2016 11 26 百年食堂 ご主人の説明.jpg


つまみのメニューは全く無く、説明に出してくれた焼き干しの小さな1匹でビールを済ませ、次は、お酒を頼みました。
2016 11 26 焼き干しで乾杯 ブログ用.jpg


よく見ると、お酒のキャラクターの「たか丸くん」の誕生日が僕と同じです (^^)v
2016 11 26 酒 たかまるくん 誕生日が一緒.jpg



注文品が届きました。
ごく地元の方々が頼みそうな一般的なメニューの、「津軽蕎麦とかつ丼のセット」です。
2016 11 26 ランチ食堂.jpg

僕ら地方に住んでいる庶民が、お昼に食べに寄るような食堂として、それなりの味とボリュームを備えていました。
ご馳走さま。
ご主人の気配りで、目の前のタクシー営業所から呼び出してくれて、スムーズに空き時間を使って観光です。

弘前城の近くの洋館群の近くに運んでいただきました。
2016 11 26 弘前 洋館 ブログ用.jpg

2016 11 26 弘前 ねぶた ブログ用.jpg

しばらく前に訪れた地でもあり、今回はこの辺で。
洋館大好きの僕なので以前にもこの弘前にも来ています。

この次は、弘前から黒石まで移動。
続いて、バスで「虹の湖公園」へ。

この続きは、また明日。

多分、長いので3回程度に分けますね。
DATE: CATEGORY:未分類
今日は、誕生日の翌日。
昨日は、電波も届かない青森の秘湯に籠っていたので帰宅した誕生日の当日より、今日が実質の誕生日会です。

でも、一人飲みのの誕生会ですが、嬉しいことも多々あります。

2016 11 28 誕生祝 .jpg
息子が、お高いウイスキーと僕の好きなチョコレートのケーキをくれました。
やっぱり嬉しいよね。

あれ、娘は何時も忘れずくれているのに今回は送られてこないねと思ったら、メールで送ってくれたとのこと。
いつも焼酎の本場の九州から選んで送ってくれるので、珍しいものが多く楽しみにしてます。

早速お礼を伝えました。

この他、今発注している外壁の塗装の仕事の窓口になって頂いている女性からも素敵なお酒が届きました。
その女性の方も、とてもキュートです。
2016 11 28 お酒のプレゼント ブログ用.jpg
気配り上手、誠実な仕事をする職員がいる「T建設さん」はとっても素晴らしいです。
こんな職員さんを抱えている会社は、これからも益々発展してくれることを願ってやみません。

この他、お知り合いの元市長さんからのお祝いのメッセージもありました。感謝。

この冬を温かく楽しめるようにと、大好きな方からも心温かなプレゼントも頂きました。大切に使います。

あまり、お付き合いが得意でなく、よく生前の妻から注意されていましたが、それでも見捨てず気配り頂いてる方々に感謝、感謝です。

今日も、工事の若い職人さんが二人入って頂いていたので、お昼に「ポトフ」を作ってご馳走しようとしたら、声を掛けましたが、外食らしくお昼に現場を離れてゆきました。遠慮したのかな?

まあ、ダメになる訳でもなく、野菜沢山なので、息子と二日にわたって食べます。
2016 11 28 夕食と誕生祝.jpg

今日は、ほぼお疲れ休みでしたが、明日から普段の生活に戻ります。

早速、寒いですが、明日は、寒中のゴルフです。
見栄を張らずにズボン(今は、パンツというの?)の下も履いて行く方が良いのかな?

では、今日はこれにて。

明日からは、小さな旅をレポートする予定です。
DATE: CATEGORY:写真
元々、寺社仏閣は好きな方でしたが、歳を重ねてくると石仏や仏像など、知識はないのですが好きになってくるようです。

今日は、妻が子供の頃、男の子に混じって.駆けずり回って遊んでいたというお寺の参道に行って来ました。
林間の中に石仏が沢山あります。千手観音などが並んでいます、

2016 11 23 雲照寺の仏様 ブログ用.jpg
うっすらと目を開けた状況は半眼と言うのでしょうか、黄葉を足元に配して優しいお顔で佇んでいます。


2016 11 23 雲照寺の仏様 2 ブログ用.jpg
この像は不動明王なんでしょうか?
人の迷いや下衆な性根を諫めているのでしょうか。仏心をもって真心で生きて行けよと導いているようでもあります。


2016 11 23 雲照寺の仏様 3 ブログ用.jpg
伎芸天というのがあり、踊りや歌などの芸事全般を司っているようですが、この石仏のお名前が判りませんので、勝手にそう思って撮ってみました。
妻の戒名には、「伎芸」という院号を付けて頂いたのですが、何か踊っているようですよね。

時間が無かったので、取り急ぎ写してきたと言うとこなので、今度はじっくり眺めてお参りしつつ、全ての仏様とご対面してこようと思います。

では、これにて。
おじさんとしては、またまた、センチメンタル気分になってしまいました。


DATE: CATEGORY:写真
白衣の天使が、時期を間違えたのか、この那須でも楽し気に舞っています。
ぼたん雪のような大粒で、ボッサボッサと落ちてきました。

道路には殆ど積もることは無く、田や畑、木々や草地、いらかの上にに積もっています。、
汚れたものを覆い隠し、時には晩秋の散り行く紅葉と戯れたりしながら、消え去ってゆきそうです。
2016 11 24 雪の布団を身に纏う紅葉 ブログ用.jpg
真綿に包まれているようで、寒いというより優しさを感じます。


林間の中の別荘もすっかり雪の中ですが、ちゃんとワンポイントに彩を配して佇んでいました。
2016 11 24 林間から見える別荘 ブログ用.jpg


そうだ、今僕のお気に入りの草原のマダムはどうしてるかなと、車の鼻を向けました。
彼女は、遠景の山並みをバックに、中景の雑木林をお供にして雪原の中で優雅に過ごしていました。

長々と、何とか雲間が切れ、夕景の日射しが射さないかと足元の雪を踏み固め粘りましたが、降られてしまいました。
おじさんとしては、そっけなくされるのは慣れてますがね。

草原に降り積もった雪は、白いキャンバスのようです。
一人佇む大木も、いきなり緑の草原の昨日と今日とのギャップに戸惑っていそうですよね。

しばらく待っていたのですが、足元が冷たく、また雲も厚く出てきそうにもないので諦めて家路につきました。
2016 11 24 待てどあなたは来ず僕一人 ブログ用.jpg


では、これにて。
またね。
DATE: CATEGORY:写真
一日にして、景色を大転換する降雪は素晴らしい自然の摂理です。
勿論、これにて社会生活に支障をきたして居るのも承知の上、大地に命の水を提供し、また、日本の精神性にも深く関与しているので、雪が降るということの賛否を軽々には言えません。

でも、冬には雪が降るというのは、個人的には素晴らしいことです。(ちょっと、豪雪地帯に住む人には申し訳ありませんがね)

2016 11 24 狛犬が迎える別荘 ブログ用.jpg
山形有朋の別荘ですが、増築されたような青い外壁の部分がお洒落な感じです。
頭に雪を被って帽子代わりにしている狛犬も愛らしいです。

まだ今朝は、別荘には誰も入ってないようで、スロープにも足跡が付いてません。
僕が到着し、外で撮影していたら、管理の女性の方が雪の多さを嘆きながら進んで行きました。

あれ、昨日も来ていただいてましたねと言われ、軽い挨拶を交わしました。

コーヒーを出していると言いました。
その内誰かお付き合いしてくれる人がいたら入館します。

実は、この建物、かなり前になりますが、県の補助で改修作業があったのですが、その時、伝手があり、宇都宮大学の建築の先生と中に入り、修復による再現性の難しさなど説明を受ける機会がありました。

洋館大好き人間として至福の時間でした。楽しい思い出です。
入館料が惜しい訳ではありませんが、1人で入っては寂しので、今回は外からだけで我慢してます。

こんな雪の日に、素敵な方と、初めて雪を踏み締めてたどり着いたら素敵でしょうね (^^)v

2016 11 24 正面の別荘 ブログ用.jpg


別荘の後ろは、針葉樹林が風から建物を守るように屹立しています。
何だか、クリスマスツリーの原型のように見えました。
2016 11 24 雪に包まれた別荘 ブログ用 .jpg
こんな日は、暖炉に赤々と薪をくべて炎の揺らぎを二人で見つめながら、静かにいろんな話をしてコーヒーでもすすって過ごすのも素晴らしそうです。

そうそう、そんな時は、僕が焼いたチーズケーキなどをお供にすれば猶更濃密な時間が過ごせそうです。(あれれ、かなり妄想を巡らせてしまいました (-_-)/~~~ピシー!ピシー! )

では、本日はこれにてさようなら。
明日は、暗い早朝から起きて活動開始です。
DATE: CATEGORY:写真
今朝は鎌倉に行こうと準備してましたが、残念ながら天気予報通り、朝から雪で断念しました。
このくらいの雪ならとは考えましたが、ギャンブル的な行動は、不安をぬぐえませんし、楽しいことは無いと考え諦めました。

那須野の故郷の雪景色は、明治時代に開拓から始まっており、勿論一部には江戸以前の地域もありますが、この地域の開拓者精神は引き継ぐべき精神風土です。
2016 11 24 千本松の別荘.jpg
やはり、那須野には洋館が似合います。


朝から外壁の工事のための足場組みに職人達が来ました。
え!こんな雪なのにと思いましたが、彼らは淡々と作業を進めています。

家の外は、こんな状況です。
2016 11 24 朝の寝室からの雪景色 ブログ用.jpg
ガチャガチャと外では音がして作業が進んでいます。

おじさんとしては、何の接待もしなくて良いと言われてますが、それなりに心意気だけは見せないといけないと、10時のお茶出しから始めます。

お昼は持参してると言ったので、外は寒そうなので、具沢山の豚汁風をお昼に作ってサービスさせて頂きました。

さて、こちらも、この雪はこの季節の面白い風景のようなので、撮影に出かけることで、3時の接待は自分でしてと準備だけして出掛けました。

一度に、全てアップできませんので、一部だけ今日はします。

2016 11 24 夕景の雪景色.jpg
夕景が撮れるかもと、日射しを待ちましたがありませんでした。寒いところで足踏みしながら待ちました。
多分、諸先輩の傑作はこんな生半可な忍耐ではなくもっと頑張っているだろうと少しだけ学習しました (^_-)-☆

2016 11 24 雪の中の落ち葉.jpg
こう言う女子的な絵柄は好きですが、なかなかこれはという切り取りができません。
その内、場数を踏んでくればうまく撮れますかね。

さて、4時頃帰って見たら足場設置の職人さん達は居なくなっていました。

夕食は、簡単にギンダラの西京焼き、お客さんに出した具沢山の汁物などで済ませます。
2016 11 24 夕食.jpg

さて、晩酌も楽しく済ませ、この辺で今夜は店じまいです。

では、また明日。
DATE: CATEGORY:写真
今日は、寒くなる前にちょっとだけ、そう、2時間ほどでしょうか近隣の晩秋の景色を探しに出掛けました。

車を進めると、ちょっと立ち寄って撮りたいなと思っていた神社は、お祭り真っ盛り、う回路に回されてしまいました。
事前調査の不足のせいですね。

勿論、最大の目的地は静かに佇んでいました。
駐車場には車も無く、周りの落ち葉の片付をしているご婦人だけがいました。

写真を撮ることを申し出ると、.どうぞと言っていただきました。自分も、一眼で沢山撮っているけど、もう終わりになっていますと残念そうに言っていただきました。

紅葉最盛期も素晴らしいのでしょうが、季節外れの佇まいも美しいものです。
2016 11 23 山形農場の別荘の全景.jpg
山形有朋の別荘ですが、京都の無鄰菴の琵琶湖疎水を引き入れ、東山を借景にした庭園は何だかこの頃表出する機会が増えているような気がしますが、ここも素晴らしい風景を創出してくれています。

この那須地方も疎水は、琵琶湖疎水と並び称される「那須疎水」があり、また、明治の元勲たちが別荘を構えた土地柄でもあります。
2016 11 23 山形農場の小川.jpg
明日は関東地方にも雪が降るような予報です。
ちょっと遠方に出掛けようと思っていましたが、躊躇される事態になっています。

早朝に改めて判断しますが、雪が降ったら、遠出は諦め身近な被写体を探すことにします。
自然豊か那須地方も素敵な風景がありますから。

晩秋の空は澄み渡り美しいものです。
2016 11 23 山形農場の竹林.jpg
こうやって出歩くと沢山の素敵な風景との出会いが結構身近であります。

誰かをご案内して見たくなりました。

では、今日もこれにて。
DATE: CATEGORY:ゴルフ
今日は、6時頃に強い地震が襲って来て、去る3.11の光景を思い出しました。
丁度その時は、市議会本議の一般質問の途中でありましたが、中止し急遽対策本部を作って活動を開始しました。

その後は、混乱の極みだったのですが、心無い誹謗中傷や誤解なども発生し、職員仲間は家庭を心配するより先に、市民の心配をして懸命に頑張っているのに、苦しく悲しい思いをさせたと、お詫びと共にその努力に敬意を表しています。

でも、今回は、それ程の被害も無いようだし良かったです。

さて、放送を見ていると、落ち着いてきたようですので、予定通り9時頃家を出て、ゴルフ場に向かいました。

もう、晩秋の趣です。
ただ、今日は異常に温かいです。僕は厚手のシャツ1枚で、同行者は、半袖でプレーしてました。

いただいた毛糸の防寒帽子も持って行きましたが、暑すぎて次回以降に使います (-_-;)
2016 11 22 ゴルフ 1 ブログ用.jpg
落ち葉が舞い、ゴルフボールを探すのも枯れ葉に隠れてしまって大変な季節になりました。.
でも、外遊びができることに感謝せねばなりませんね。

2016 11 22 ゴルフ 2.jpg
陽が短くなってきているので、3時を過ぎると日も傾き、斜光の日射しにそれなりに晩秋の彩が出てきます。

そうそう、今日は、ランチはバイキングでした。初めて、撮影しましたので今日はアップします。
2016 11 22 ゴルフのバイキング.jpg
改めて見るとバランスは取れてませんね。好きなものが、何の脈絡も無く並んでいるだけですね。
少々反省しながら、本日はこれまで。

じゃあ、またね。
DATE: CATEGORY:写真
今日もお天気はぐずついていて気も盛り上がりません。
それでも、珍しく、菜園を少しだけ手入れしたり、風で吹き飛んでいたものを片付けたり、ほんのちょっとだけ農夫をしました (^^)v

秋も家の周りに到着です。
妻の残していった蝋梅、春最初に花をつけて、香りを周りに一杯振りまいてくれるので大好きです。

その中で、黒蝋梅が黄紅葉になっています。
2016 11 21 黒蝋梅 ブログ用.jpg
ウッドデッキに寄り添うように活けてあるので新緑から開花、黄葉と季節を通じ楽しませてくれます。

お隣の庭のイチョウの大木は見事に黄色に色づき何時も楽しんできましたが、ご主人が近隣に迷惑をかけまいと、一気に短く剪定してしまって残念です。
2016 11 21 隣のイチョウ ブログ用.jpg
それでも健気に枝を伸ばし、葉をつけ秋には黄色に色づいてくれました。
まだ、まだですが、これから一層深い黄色になって目を楽しませてくれるでしょう。

風が吹けば、僕の家のベランダまで落ち葉が遊びに来てくれます。
イチョウは、中々腐って堆肥になりにくいので嫌われがちですが、この黄色い葉が秋に似合う程度の高揚感を与えてくれます。

撮影していたら、良く見ると蝋梅の芽がもうしっかり早春の準備をしています。
早ければ、正月にも香りを振りまいてくれるかもしれません。
2016 11 21 蝋梅 ブログ用jpg.jpg
このように、確かに季節は巡り、周りの植物が一緒に頑張れと言ってくれています。
親しい人も優しい眼差しで、めげずに生きて行こうねと支えてくれます。

今日も無事に一日が幕を下ろしそうです。

今月生まれの僕は寒さに耐えられるように思えるのですが、どうも寒さは好きではありません。
熱燗は大好きですがね (-_-)/~~~ピシー!ピシー!

人肌恋しい季節と世の中では言いますが、無いものねだりはできませんので、ストーブを頼りに過ごします。

ではこの辺で。

copyright © 2017 那須の緑風に乗って all rights reserved.Powered by FC2ブログ