プロフィール

nobotyan

Author:nobotyan
はや年寄りの割引が適用されるようになったオジサンです。

妻や、猫、犬は、天国で楽しく暮らしているでしょう。
僕は、寂しい限りですが、もう少しだけこの世で頑張ろうかなと。

皆さんにお役に立つことも、最小限ですが、やりながら少しづ
つ前に進もうと考えてます。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


フリーエリア

良かったら、是非ポチィと

DATE: CATEGORY:地域の行事
4月から続いている自治会の行事が今日の資源ごみ回収で一段落です。

自治会にもよりますが、各種団体ごとに頑張っているところもあれば、我が自治会のように本体だけ実施しているところもあります。

実際には沢山の人の参加や協力で成り立っているとは言い切れず、役員と一部の搬出協力があるだけです。

ブログ アルミ缶の回収.jpg

資源ごみとしては、一番高価なのはアルミ缶です。
現役時代を思い起こせば、多分市の収入になっている金額として大きく、5千万円以上あった記憶。ですからステーションに出して頂くには嬉しいのですが、同じく自治会にとっても収入になるので有り難いものですね。

僕は、酒飲みなので結構貢献しています。

ブログ 倉庫からの搬出.jpg

通常持ち込んで頂けるよう自治公民館の脇にストック部屋を用意しています。

コンテナに入れて業者に渡すのですが、ここに皆さんで入れて頂きます。

ブログ 段ボールの積み込み.jpg

段ボールと新聞雑誌は分別してコンテナに入れます。
台風の影響で少し霧雨のようなものが落ち始めます。

自治会の域内を軽トラ2台で回収にも回ります。雨が降り出す前に終わりたいなぁ。

ブログ 新聞の積み込み作業.jpg

皆さんは黙々と作業を続けてくれています。本当にご苦労様と言わせて頂きます。

9時頃には終わりました。
それを待っていたかのように雨が少し強くなります。

協力して頂いた皆さんご苦労様でした。

では、今日はこれにて御仕舞 (@^^)/~~~

明日は、日曜日でも午後は雨になって来たので、主夫のお仕事である料理作りをしたのその内容を。


にほんブログ村  良かったら是非、「栃木情報」もクリックして下さいね。
スポンサーサイト
DATE: CATEGORY:地域の行事
昔、あだ名としてですが、じじ、ばば運動会と言っていた「高齢者スポーツ大会」が、もう41回を数えた行事となって今尚継続されています。

合併前からのもので、僕も仕事として所管していたことがあります。丁度アユ釣りの解禁日と重なる時期の行事なので泣き言を言っていたことも有ります。6月最初の土日がつぶれるのですからね。

昨日は、自治会の役員としてお手伝いです。勿論、年齢的には競技に参加できますがカメラマンを仰せつかりました。

ブログ 朝9時、強い陽光を浴びて入場行進です.jpg

土曜日に、飲み物などの食料買い出し、テントや机椅子などを軽トラに載せるなどの準備をし、当日は朝早くの7時30分から会場へ持って行って指定の場所に設営し、自治会の福祉部、婦人部が接待などをします。

会場地は我が自治会のエリアで近いのですが、それでもマイクロバスで送り迎えまでします。

熱射病が心配されるほどの好天です。

一斉に整列して入場行進で、開始されます。セレモニーの後、6種の競技が用意されていますよ。軽運動で済むものです。

順を追って紹介しますね。

ブログ 君といつまでも 2.jpg

ボールを顔の間に挟みリレーします。ご夫婦ではないのですが男女仲良くね、ヤキモチはダメですよ、今日は遊び。

ブログ とかくこの世はままならず 2.jpg

サッカーのワールドカップに行こうとドリブルの練習をしているのは無いのです。焦って強くけってしまってターンしてこられず遅れる人もね。

ブログ あばれ太鼓 1.jpg

棒でたたく様に転がして行くので、名付けて『あばれ太鼓』

ブログ 出たとこ勝負3 あんたに任せたよあいよ.jpg

走力より運の力が必要です。さいころの目で走る距離が違ってくるので『出たとこ勝負』
「あんた頼んだよ!」
「おお、任せとけ!」とご夫婦のリレーでアンカーが旦那様。

ブログ ボール送り 1 おーい行くぞー.jpg

まずは股の下をボールをリレー、後ろまで行ったら今度は頭の上をリレーし、先頭に戻ったらボールを持って走ります。
「おーい、早くボールを回せよー!」と言っているような声が(*^^*)

最後は玉入れです。

ブログ 天下分け目の関が原 2 .jpg

この競技.『天下分け目の関が原』と名付けて、ボールの数で点数にするので最終回で大逆転が有ったのでこの競技名にしていたのに、今はグループ分けで、順位による固定点数なので弱小自治会の逆転は難しくなりましたよ。

名前のイワレが判らないようで、何処かからクレームでも付けられて平凡な順位戦になったんだね。選手の多い大国主義ですね。
どの世界でも声が大きいとか、ドスの利いた方が有利なんかな?

まあ、そこは賞品は順位に関係無く皆同じで清酒1本が付きます。

反省会は、簡単なオードブルと乾き物、助六弁当が付いて、細やかに自治公民館へ戻って行われます。

今年は、何だか勢い余ってこの清酒も平らげてしまって、今日の朝はほんの少しだけ二日酔い気味でしたよ。
いい年して自制心に欠ける那須オジサンでした (;^ω^)

では、今日はこれまで (@^^)/~~~

昨日の日曜日に続き、今日もまるで夏日和。でもたまに冷風が吹いて来るので家の中で静かに過ごしました。

お蔭さまで、洗濯物は少し遅めに干したのにすっかり、パキパキに乾いちゃいました \(^o^)/
DATE: CATEGORY:地域の行事
日曜日のことです。

市内の各自治会主体の一斉清掃日でした。
自分の身の周りの公道周面や公園などのゴミを拾って自治公民館にそれぞれ持ち込むことになっています。

保護者の方と小さな子供さんが一緒になって協力してゴミを拾って来てくれるご家庭もいます。
勿論、協力をして頂けない人も沢山いますが、こんなご家庭は家庭でも躾も出来て間違ってもごみをポイ捨てるような大人にはならないだろうと思います。

ブログ 清掃奉仕 2.jpg

街中ですから、それ程のゴミが散乱している訳でも無く、人によっては朝の散歩時に拾ってくれている立派な人もいますから多くは無いです。

でも、集まって来たのは自治公民館の敷地で分別し、市が手配したごみ収集業者の協力の元で、直ぐ後には回収して頂けます。

その他は、自分たちの自治公民館の清掃。

実は、この清掃奉仕の記事はブログにアップする予定では無かったので、一眼カメラは持参していませんでしたが、老人クラブ会長が活動報告に使うので写真が欲しんだけどと言われたので、常時バックに入れている(ガラ系のオジサンのでは上手く撮れないのでね)コンデジで撮って提供しました。

そうなら、差上げた写真を活用してブログへと言うことにしましたよ。

ブログ 清掃奉仕 3.jpg

本当に頭が下がります。
特に僕より少しだけ歳上の方々は手抜きせず一所懸命作業をします。

僕なんかは、そこはどうせ道路が広がるんだから枝打ちも控えめにとか、草取りは除草剤を撒くからいい加減にとか、サボる方向で伝えますが、それはそれ、これはこれと綺麗に作業をしてくれますね。

ブログ 清掃奉仕 5.jpg

国道のバイパスが通ることで拡幅されるところも綺麗にしてくれています。

建物は古くできれば建て替えをしたいのですが、資金が未だ乏しく何時になるか判りません。
この建物の拭き掃除や窓拭きも手を抜かず。本当に頭が下がります。

ブログ 清掃奉仕 4.jpg

終わってみると綺麗になりました。皆でやれば2時間程度の作業です。

那須オジサンも少し心を入れ替えて作業を頑張る必要がありますね、反省、反省!

まず手始めに、お散歩で通る人がご不快にならないよう菜園やバラの手入れをできるだけ綺麗にしてみます。勿論、屋敷周りの公道の部分もね。

あれあれ、今その菜園を見て見たら、セグロセキレイが3羽来てホバリングの様な事をしたり戯れています。害虫退治をしてくれているのかな?

あとは、カラス、オナガ、ムクドリ、ハト、ちゅん君、ヒヨドリなど代り番こに隣接の電線などに登場です。

では、今日はこれまで (@^^)/~~~


にほんブログ村  良かったら是非、「栃木情報」もクリックして下さいね。
DATE: CATEGORY:地域の行事
お昼を食べて、皆さんが尾根筋を急登してきます。
70歳を越えても日頃から鍛えている人は10分以内で、遅れても20分以内で展望ポイントとしては最高位のD地点に上がってきましたよ。

この中の最高齢は80歳で、他の人でも70歳越え、また還暦過ぎの方も相当います。勿論、僕もとっくに過ぎていますよ。

ブログ 第1橋梁展望台のD地点の皆さん.jpg

今回の参加者の半数の方々が頑張って最も眺望が良い地点まで上がってきましたよ。
ここからならメーンの第1橋梁と、サブの第2橋梁を見ることができます。

春には遠き山の中腹には桜の園地のようなものが観て採れる絶景地点です。

皆さんこの景色の雄大さと美しさに感動してくれました。

まず列車が来るのは、第2橋梁です。
はるか遠くに小さく見て取れます。この小さく見えるのがポイントで、これを超望遠レンズで捉えても仕方なくこの大きさが良いのですよね。

ブログ 第2橋梁を行く只見線.jpg

右側の小さな集落の駅に停車。
しばらく走って森を抜けて、微かに音が聞こえて来たらビューポイントの第1橋梁に出てきます。

ブログ 第1橋梁の只見線.jpg

皆さんから思わず歓声が上がります。
今回は、少し生憎の雨による川の濁りがあり、綺麗な水鏡の列車を見て頂くことはできませんでしたが、それでも上と下に映る橋と列車、雄大な緑の山並みと小さいけれど確かな山村の息づく景色を堪能して頂きました。

ブログ 只見線第1橋梁を背にして.jpg

カメラマンが降りてしまったので、中々団体では撮れない集合写真も確保できました。この写真は貴重なので、「頑張ったで賞」と言うことで、僕は名前も知らない方が居ますので、自治会長のお世話になりお届けする予定です (^^)v

身体の調子で行けなかった方には、ゴメンナサイ 

皆さんは絶景に満足されて下山開始、僕はもう1本のお酒で、今日の企画は成功かな!と言うことで、一人乾杯してから遅れて下山。

ブログ さてお帰りを缶酎ハイがお見送りです.jpg

この景色、この満足感、また僕も写メールも済ませ、酔っぱらって怪我をしたと言われては末代までの恥じと、慎重に僕も下山。

降りきると、ご苦労さんとタンポポさんが綺麗なお顔で笑ってお迎えです。

ブログ 無事お帰りとタンポポさん.jpg

13時05分の感動を後にして、お土産買いやおトイレを済ませ最後の目的地に移動です。

途中の車中では、僕は運転手の助手席側の最前列、ナビも兼ねていますからね、それより有利なのは冷蔵庫が目の前で管理人ですから、残っているアルコールは自由気侭。

やれやれと、もう1本。

道の分岐点では運転手さんと確認しつつ、ちゃんと案内してますよ。ただの酔っ払いとは違いますよ。

ブログ この上を通り行く只見線の列車を想像しましたよ.jpg

僕もブログをFBと連動させているので、只見線の応援もしています、微力ですがね。
今回の企画もそのつもりです。

そこで見掛けましたが、この地点も楽しそうとバスから見て取りました。

只見線は、本当に素敵なローカル線で、そこかしこに写欲をそそる風景がありそうです。

ブログ 沼沢湖で集合写真の場所を探して試し撮り.jpg

ここが最終の立ち寄り先です。
沼沢湖です。観光地でも無く、そのような施設は妖精館と言うものだけで、キャンプ地とその管理棟があるだけです。

静かな山奥で、途中には小さな集落があり、茅葺にトタンを載せた会津地方の独特な家があります。
集落全体がお昼寝をしたような、ゆっくりしたj時間が流れています。

「こんなとこに住んでみたいなぁ」と誰か。

「でも、冬などは大変だぞー!」と誰か。

この湖畔で公式の集合写真を撮って皆さんに差し上げることにしました。
三脚を建て、僕もタイマーを使い参加しています。

その写真はブログでは割愛ですよ。参加者にはお届け出来ますからね。

これにて終了です。後は、地元も通っている国道400号で一本道です。

ブログ 一点の問題も無いような奥会津の五月晴れ.jpg

途中に寄ったのは、トイレ休憩を兼ねて昭和村のからむしの道の駅。近世以前からある織物で今は大変高価で、ワイシャッツでも最低5万円以上はするというもので庶民には関係ないものですね。

空は青く、緑豊か。

ブログ からむしの機織り機.jpg

これにて終了です。

はて、皆さんのお顔を載せたのに、自分だけ匿名では卑怯者の誹りを免れないので、載せないとは言ったものの、やっぱり最後に集合写真も載せることにしましたよ。僕もこの中には居ますね。恥かしいから見つけないでね。

ブログ用 沼沢湖の集合写真.jpg

今年から、今までの10月実施の日程を初夏に持ってきたので、日が長くたっぷり時間も使え、のんびりバスの旅が楽しめました。

今回は明るいうちに帰宅できました。

これにて、僕も自治会の役員も今年度一杯で辞める予定なので、最後のご案内になりましたが、喜んで頂けたようで嬉しい限りです。

毎年悩むのは、皆さんが余り行ったことが無く、でも素敵な場所を選ぶことでした。

それに、参加者が幼児から後期高齢者まで、足腰の悪い方もいれば、一応ハイキングと銘打っているので、歩くということも入れるとなると本当に難しい場所選びでした。

でも、それなりに喜んで頂けて、僕の経験や知識も地元の方に役立ったのかと、ちょっとした満足感も有りますよ。

では、これにて、自治会のバス利用のハイキングの旅、「完」です。

じゃあ、またね (@^^)/~~~


明日からは、ちょっと手を抜いて、休憩時間を頂き、撮り溜めてある、那須オジサンの晩酌飯を2日ほど入れさせていただきます。

その後は、多分ですが、那須の初夏の風物誌を彩るアユ釣り解禁に向けて、清流那珂川水系やその周りの風景を探しに出掛けてみます。


にほんブログ村  良かったら是非、「栃木情報」もクリックして下さいね。

DATE: CATEGORY:地域の行事
地元の自治会の恒例になっているバス利用のハイキング(とは言っても、殆ど歩かないのですがね)旅行をレポートさせて頂きます。

参加者へのレポートも兼ねて時系列に、少しいつもより写真も多く掲載することにします。
参加者の皆さんは、実年齢よりもすごく若々しく輝いているので折角ですから今回は顔を伏せないで置きますね。

朝8時、地元の小学校近くを集合出発、少し離れた道の駅にて残りの半分程度を拾い、いよいよ今回の目的地、福島県奥会津地方の只見方面に出掛けます。

ブログ 案内チラシ(しわくちゃです) .jpg

御年80歳の体育部長が主催者で、我々自治会役員がバックアップして開催されます。

貸し切りバスですが、ガイドさんや添乗員は付いていません。よって、ナビゲーターを兼ねて不肖私めが案内人になります。

最終目的地と言うか、皆さんが見たことのない風景をお見せしたくて選んだ「只見線の第1橋梁のある風景」です。

東北自動車道を北上し、途中郡山から磐越自動車道へ、最初は五百川パーキングでトイレ休憩。

バスに戻って、先を目指すと…。

ブログ バスの中から飯豊連峰を望む.jpg

バスの窓には、若い時分に2度ほど縦走経験がある飯豊連峰の綺麗に雪を被った霊峰が迎えてくれます。
周りを見渡すと、田植の最盛期のようです。

ブログ 柳津駅にてSLを見学.jpg

会津坂下で高速を降り、最初の訪問地の柳津駅に到着。

今回は、只見線の素朴で素敵なローカル線を感じて頂こうというのが僕の目算ですからね。
でも、子供達にSLを見てもらおうとの思いもありましたが、生憎行事が重なり子供や若い保護者はそちらへ行ったので今回は大人だけ。

ブログ SLの運転席の計器.jpg

機関者の運転手になったつもりで計器を見て少しテンションが上がりましたよ。

ブログ 柳津虚空蔵様にお参り.jpg

知恵の仏の虚空菩薩を本尊とする柳津の正式名称「福満虚空菩薩圓蔵寺」にお参りします。
僕は、多分ここには、5回ほど来ていて、その中の思い出には、紅葉の頃、その時分は、お寺もカメラには神経を使っておらず、この写真にあるような暖簾(のれん、御幕、帳のどれが名称なのか)などが入り口と向こう側の裏口には無く、見通せたのです。

暗い本堂内はいると、向こう側には真っ赤なそれは美しい紅葉が、入口が額縁効果で綺麗に見えたものです。

三脚やカメラバックは境内に持ち込み禁止とあります。三脚、一脚使用禁止とか、堂内撮影禁止とか言うのは 普通見掛けるものですが、よっぽど坊さんでもご立腹なのでしょうかね (;^ω^)

ブログ 虚空蔵の本堂を背に記念撮影.jpg

僕は案内だけでなく、写真屋さんも引き受けているので、集合写真を撮る必要があり三脚を使いたいのですが、ここは本堂の屋根だけ拝借してスナップ写真を撮りました。

さて、お昼前の最後の立ち寄り先です。

ブログ 美術館の前で集合写真.jpg

斎藤清美術館です。
今季の企画展で、「雲母 きら」展です。でも、本当は、皆さんにはやはり斎藤清の絵に親しみを持って、雪国会津の風景を味わってもらいたかったです、残念!

ここでもスナップで記念撮影。

これは美術館の中の休憩スペースから、ガラス窓にカメラをぴったり付けて、只見川越しに撮った虚空蔵の本堂です。

ブログ 斎藤清美術館の中からの虚空像菩薩の本殿を望む.jpg

さて、お昼近くになってきました。

本日のメーンイベントのために、また昼食のためにも先を急ぎます。
只見線は一日の運行本数が少なく、昼間見るには少ないチャンスを逃してはいけません。

最初に立ち寄った無人の柳津駅で再確認してきたところ、やはり13時過ぎが唯一の機会です。

ブログ 道の駅 三島駅 お昼に到着.jpg

ここの休憩スペースで食事をしてもらい、13時5分にビュウ―ポイントに来る列車を見てもらうために、役員が手分けし、下で集合させてそれぞれの体力に合わせて登らせます。

僕と体育部長は先に上がり待っていることにします。

途中には若い女性が一人三脚の準備中。この後に団体が上がってくるのでと予告します。お互い気分を害してはいけないので挨拶をしておきます。

最上部には、2人の男のお客さんが、体育部長、流石に年功があり、この2人にお菓子の賄賂を渡し見方につけておきます。

僕と体育部長は、絶景の五月晴れの元で2人でカンパーイ!
緑風という心地良いそよ風に吹かれながらのお酒は最高です。

ブログ 手作り弁当のお供に.jpg

僕たちは先発なので昼食を持って上がってきましたのでね。少しの役得が有ってもね。
勿論、僕は自分の弁当は朝早く起きて息子の分も含め作って来ましたよ。

おにぎり二つ、おかずを5種ほど入れて楽しい昼食でしたが、つまんで飲んでいるうちに本隊が上がって来たので、途中で止めて半分持ち帰りになってしまいました (;^ω^)


では、長くなりますので、後篇は明日へ。

じゃあ、またね (@^^)/~~~


にほんブログ村  良かったら是非、「栃木情報」もクリックして下さいね。

copyright © 2018 那須の緑風に乗って all rights reserved.Powered by FC2ブログ