プロフィール

nobotyan

Author:nobotyan
はや年寄りの割引が適用されるようになって数年。

愛妻が、愛猫が、愛犬が、ここのところ毎年天国に
先に旅だってしまい寂しい限りです。

でも涙して暮らしていても元には戻りませんから、
少しづつ前に進もうと考えてます。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


フリーエリア


フリーエリア

良かったら、是非ポチィと

フリーエリア


フリーエリア


DATE: CATEGORY:写真
今回で「那須高原・塩原編」は終了しますね。

那須高原とは違って、塩原地区は渓谷美と渋い湯治場を有していた温泉でしょうか。今は湯治湯はほとんど残っておらず大規模なチェーン店のようなホテルから家族経営の温かいもてなしをする温泉宿など種々沢山の宿泊施設があります。

明治期の文人俳人などが長逗留に訪れた歴史もあり、子供や女子的には受けが良くないような気もしますが、温泉と渓谷の青もみじから紅葉などは一見の価値があると思います。

今回は、その渓谷は載せませんし、温泉もです。でも、ドライブには役立つかな。

2017 5 19 大沼 新湯富士 ブログ用.jpg

ここは「大沼園地」ですが、お客様も少なく静かです。
小鳥の声や風の葉擦れの音などゆっくりと味わえる素敵なところです。
今回は風があったので水鏡の逆さの新湯富士は撮れませんでしたが大好きな場所です。まあ、ベタな景色かもしれませんね。

2017 5 19 萌黄の葉 ブログ用.jpg

まだ萌黄色。

2017 5 19 山桜 ブログ用.jpg

名残の桜ですが、もう散っているでしょうね。

2017 5 19 花の接写 ブログ用.jpg

これってトウゴクミツバツツジで良いのでしょうかね。ヤシオツツジの方ですかね。

遠くにひっそりと咲いていましたよ。

2017 5 19 つつじ ? ブログ用.jpg

これからは緑も、少年期から青年期に映り、勢いのある生命溢れる景色が那須地方を覆います。
吹き渡る風は、所謂【緑風】となって空を駆け抜け、また人々の頬を優しくなでて立ち去って行きます。

塩原温泉は癒しの温泉です。

ぜひ皆さんも那須地方の様々な自然に浸り、リフレッシュしに来て頂ければ幸いです。

では、これにてパート3で一応終了。
次は、所を替えてお届けする予定ですので、アップしたときは訪れてみて下さいね。

じゃあ、またね (@^^)/~~~

スポンサーサイト
DATE: CATEGORY:写真
那須地方、特に北那須方面は、歴史遺産としての有名な神社仏閣、お城などはありません。
那須高原の観光施設も目指す方向はヨーロッパのスイスやオーストリアの風情を味わえるように進めているようです。

那須町の方では、「ロイヤルブランド」を表に出しています。「ロイヤル○○○」などと、横文字を使っているのを見かけますしね。

一方、那須塩原市は、栃木県の北の中核都市として発展してきましたが、元をさかのぼるとそれ程の歴史も無く、多くの地域は明治期の開拓期以降となります。

その中心的な施設として、「那須疏水」が開拓に入植した人々の「命の水」として大切にされています。国に建国記念日があるように、4月15日は「開墾記念日」としてお祭りが学校行事にも組み込まれて毎年盛大に営まれます。

2017 5 19那須疏水の 頭首工 ブログ用.jpg

僕にこの歴史を語らせると長くなりますので簡便に (´・ω・`)
この那珂川から取水するための頭首工は象徴的な施設として地元の人に愛されています。

2017 5 22 那須疏水本流 ブログ用.jpg

疏水の中下流域の本流の様子ですが、昔は河川と見間違えるような素掘りの用水路でしたが、今はコンクリートの味気ないものになっています。でも、農家の目からは、大切な水を地下に浸透させることなく届けるという機能で役立っているのでしょうね。

誇らしげにこんな看板もありますよ。

2017 5 22 疏水の説明版 ブログ用.jpg

日本三大疏水の一つとあります。

下流域である西那須野地区の市街地内の小公園にはこんなモニュメントもあります。

2017 5 22 疏水のモニュメント ブログ用.jpg

水車も今は無くなってしまいましたが、昔は沢山あったそうで、田畑を潤すばかりでなく動力として役立っていました。

今は、小規模水力発電として、クリーンエネルギー分野でも活用が図られています。

あまりこの疏水開削と開墾の労苦ばかり語ると、昔から住んでいたという歴史がある小集落などからクレームが寄せられたという経験がありましたが、やっぱり目立つのは開拓の歴史と、明治期の歴史上登場する人物の話です。

明治期は、ヨーロッパの王侯貴族が所有していた荘園を模して、洋風建築の別荘と農場を有する明治維新の功績大であった人々がいました。維新の歴史に関心のある方なら、西郷、大山、鍋島、松方など苗字を聞いただけで判るでしょう。

そんな訳で、昔からの歴史を示すものも頭首工の近くの道端のありましたので載せることにします。刻まれた文字は薄れてきていましたが、江戸期の年号が読み取れました。会津から那須連峰の峠を越えて江戸を結ぶ街道(間道的なもの)もあったようです。

2017 5 19 西岩崎 馬頭観音 ブログ用.jpg

では、浅い歴史ですが、この那須地方の大切な歴史遺産としての那須疏水をお届けしました。

じゃあ、今日はこれにて (@^^)/~~~

DATE: CATEGORY:写真
5月の青葉時期も締めの段階になって来ています。
そんな訳で、大好きな5月、名残の新緑を愛でることに専念します。

どういう訳か、猛暑の夏になってしまったような陽気が続きましたが、やっぱり梅雨の季節はちゃんと来ないと、那須の農業地帯は困りますし、趣味の一つのアユ釣りのためにも川に水が少ないと困ります。

でも、お出掛けするには晴天が一番なことは間違いがないです。

ここしばらくは、我がブログは、青もみじを主テーマにお届けさせて頂きますね。

2017 5 19 那須連山 ブログ用.jpg

今日は那須高原をお伝えします。
那須高原は、若者や女子に受けるようなお店や美術館類が多くあり首都圏から多くのお客様をお迎えしています。

最大最高のお客様としては、御用邸がありますので天皇陛下などの皇族の方々になるんでしょうが、温泉から遊園地までありますから老若男女の多くの方々が楽しめるエリアとなっています。

ただし、僕は自然派なので核施設のガイド的な記事は殆ど載せませんが、お許しを。

2017 5 19 那須の空は穏やかに ブログ用.jpg

大きな空が魅力の那須高原です。登山、ハイキング、スキーなど、またこの頃はサイクリングも盛んでアウトドアスポーツも各種楽しめますよ。

2017 5 19 菜の花と那須山 ブログ用.jpg

今日は、那須を吹き渡る風(緑風)をお伝えしようとしたのですが、写真の技術とセンスが劣っているので意気込みだけでご勘弁を(ノ´▽`*)b☆

では、今日はこれにて (@^^)/~~~

DATE: CATEGORY:写真
今日は朝からお天気が悪い那須地方でしたが、今の夕方近くになってきて晴れてきました

2階の窓から見下ろす我が家の緑も微風に揺られて綺麗に輝いています。

実は昨夜は退職者の集まりがあり、4年振りに参加させて頂きました。そこそこの人数が集まって楽しく過ごしました。

そこまでは良かったのですが、地元に電車で帰って来てつい一人でバーに行ってしまいました。

カウンターにとまってマスターと話していたら、隣の本当に若いお客さんとも話すことになり、京都の立命館大学出身だということが判り、僕の父親も京都の田舎出身だということから始まり、大学の隣にある「レストラン 黒猫軒」、バーの有名店になってい居る「ロッキングチェア」など、色々話題が合って夜中の零時過ぎまで楽しく飲んで仕舞いました。

で、本日は、年甲斐も無く、極度の二日酔い! (-_-;)

雨にかこつけて出掛けることなく、自治会の仕事などやグダグダと昼寝も交え過ごします。

よって、長ーい言い訳になりましたが、今回は、昨日の「青モミジ」の繋がりでお茶を濁します。

これは、本当の「青」

2017 5 17 青い別荘 ブログ用.jpg

もう一つ、「青」

2017 5 17 つゆ草 ブログ用.jpg

日本語は難しいやねぇ。「青」と」緑」、どうなっているのって感じ。

こちらは、青モミジの系列の、緑の絵。

2017 5 17 芽吹きの季節 ブログ用.jpg

おまけとして、この緑。

2017 5 17 芽吹きの季節 (2) ブログ用.jpg

初夏やっぱりいいよねぇ p(*^-^*)q

春の、梅、桃、桜、可愛い女性の笑顔、みんなピンクで、とても心ウキウキするのですが、初夏から盛夏に掛けての緑は、心身とも洗われる気がして大好きなシーズンです。

そこに、青空の青、雲の純白さ、これらが揃えば鉄壁の自然美ですよね。

これは、風光明媚な場所でもなく、都会でも、我が家でも、普通の日常生活の中でも、何処に居ても感じ、味わい、目に映すことができる訳です。

ただ、残念ながら仕事や他の世事に追われていると、勿体ないことに出合えないのです。

今日も、昨日の若者にした悪い癖の「偉そうな話」をしてしまいました。

では、今日はこれにて撤収します (@^^)/~~~

DATE: CATEGORY:写真
今日はまるで梅雨入りかと思わせる陽気です。

そぼ降る雨で出掛けるのを躊躇しましたが、雨中の写真も撮ってみるのも良かろうと出掛けました。

のんびりしていると今最盛期の新緑や芽生えの感動などを味わい損ねる恐れがあるので、時間が許す限り出掛けたいのです。

2017 5 17 青モミジ(別荘) ブログ用.jpg

洋館大好きな僕のご馳走の館で、青モミジと洒落込んでみます。でも、雨が降っているので傘をさしての撮影では上手く撮れませんね。

今度は、雨対策のグッツも買って万全の態勢で、雨の中の風景も撮ってみます。今回は甘く見てました。

2017 5 17 青モミジ(矢板) ブログ用.jpg

このモミジ、とても清々しく、秋の紅葉に決して劣らず素敵な色気を感じます。

今日は色々忙しく飛び回り、この後、2つも集まりがあり、移動もしなければならないので、昼食はやっと、2時少し前に摂りました。

でも、コンビニ弁当に頼らず、それなりに手を加えて食べます。

2017 5 17 昼食 ブログ用.jpg

今夜は懇親会がありますので食べ過ぎに気を付けなくてはね。

どうも、リバンドしてきておりリタイヤしてから買ったパンツが何だかきつくなっています。多分、3,4キロは最低減らさないといけません。

ですが、飲むのも食べるのも大好きで、美味しいのだから中々自制が難しいです。

では、今日はこれにて (@^^)/~~~

(もし、誤字脱字があったら、お許しを 書きなぐりで済みません)

copyright © 2017 那須の緑風に乗って all rights reserved.Powered by FC2ブログ