プロフィール

nobotyan

Author:nobotyan
はや年寄りの割引が適用されるようになったオジサンです。

妻や、猫、犬は、天国で楽しく暮らしているでしょう。
僕は、寂しい限りですが、もう少しだけこの世で頑張ろうかなと。

皆さんにお役に立つことも、最小限ですが、やりながら少しづ
つ前に進もうと考えてます。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


フリーエリア


フリーエリア

良かったら、是非ポチィと

DATE: CATEGORY:写真
僕の周遊の最後の立ち寄り先の現況をお伝えしますね。

この場所は、写真雑誌でも時々見掛ける場所で、沢や滝がそれなりに簡便にアプローチできて、楽しい撮影ができるということで来訪者が多いのでしょうね。

我が街の最西部の山の中です。僕も、この辺はそれこそ50年位前からたまに遊びには出掛ける場所でしたね。
勿論、今のような道路には整備されていないので、ハイキングの場所として少数の人が訪れる所でした。

それこそ中学校を卒業し、まだ高校生になったばかりの、共学で無い男女の同級生が集まり、下のバスが来ているところから歩いて尾根を上がり、最後は塩原まで抜けるというかなり強行軍のハイクをしたことがあります。

楽しい思い出です。(今は、数年前の台風の被害でこのコースは閉鎖されているかもしれません)

2017 11 02 ブログ スッカン沢の尾根筋.jpg

スッカン沢はこんな感じ。
どうも今年は紅色が綺麗でないような感じなのですが、僕の思い違いなのでしょうかね。

誰か素敵な人を連れて行って見せて驚いてもらうには情けない色模様ですよね。

2017 11 02 ブログ スッカン沢の谷合.jpg

僕は、紅葉より空の雲や青空の方が好きなのでこの絵でもそんなに悪い気はしてないのですが、お伝えするにはやっぱりこれぞ紅葉と言う景色も必要ですよね。

取り着き地点の駐車場には首都圏のナンバーの車が多数駐車してましたよ。
僕は、皆さんが飽きた頃、落葉後の静かに美味しい景色を探して踏み込んでみますね。雪が降る前のスタッドレスのタイヤが不要な時季ね。

それもハイカー用の靴ではなく、地味な農作業に使うような長靴が最適と、ここに頻繁に通っているようなベテランカメラマンに指導を受けたので、格好に気を使わず従うようにしますね。

さて、次は、誰も相手にしてないような場所に。
僕が大好きな場所に向かいます。

2017 11 02 ブログ 独り待っていた僕の女王様.jpg

僕だけのシンデレラ。裸の木々の中で、独り秋の最後を謳歌するように無音の華やかさを放っていましたよ。
多分、誰も撮影には来てないような感じです。

轍も無く、ここしばらくは人が通った気配も無いのですが、開発地なので道路はそれなりに敷設されています。

僕の大好きな有名な女性カメラマンのYさんは、それこそ女性でも奥山へ分け入るようですが、僕は臆病でこんなところでごまかします。

勇気を出して山の中に分け入らねば素敵な絵はものに出来ないのでしょうがね。

歳を経るごとに臆病風が吹きまわっている僕です。

2017 11 02 ブログ 忘れ去られた高原別荘地.jpg

うたかたの夢の後、と言う感じで道路整備はされて居ますが、一軒も立地されてなくそのまま放置されています。

道路はアスファルト舗装なので劣化はしてゆくでしょうが、自然に戻るには相当の時間が掛かるでしょうね。

僕が、何回かお伝えしてきた山の奥、尾根筋の開発道路は、完全に廃道にするため通行止めになってます。
開発には膨大な経費が掛かり、工事時には人的な取り返しがつかないいない犠牲者も出ましたが、結局は自然にお返しするということになっています。

少子高齢化、都市への人口集中など、今まで地道に領土を広げて来た先人の汗と血の努力も、これからは昔に戻し野生動物や植物にお返しする時代なりました。

これは悪い話ではないでしょうね。

では、またね (@^^)/~~~

暫くは、那須地方の紅葉の風情をお伝えしてきましたが、これからは冬へと向かう静かな那須の生活をお伝えできればと思っています。

何でもない、普通の、あくびが出そうな、ゆったりした時間の流れが伝わるようなとは思っていますが、これまた、自力が無く表現がが未熟なんですよね。



にほんブログ村  良かったら是非、「栃木情報」もクリックして下さいね。

スポンサーサイト
DATE: CATEGORY:写真
僕の大好きな塩原高原の奥に、小さな沼を抱えて静かに佇んでいる「大沼園地」がありますが、びっくりすような様変わりでした。

こちらは、駐車場に全部で車が10台程度。時期ですから多いです。

園地の方へ全部行くわけでは無く、登山する人も多く、県外からも来訪も登山と園地散策が半々となるような場所です。
登山でも標高差はそれほどなく中級者以下で十分そうで、自然観察と言う感じの山行になるはず。


大沼は、水鏡に移る日本昔話にも出てきそうな、お椀を伏せた様なこんもりの山(富士似)が北西に控え、沼地には初夏にはズミの花、葦原、野鳥のさえずりなど小さな場所ですが自然が凝縮しているところです。

車を置くと出迎えてくれた紅葉が真っ盛り。
帰り際には、この楓の下で仕事でお世話になったご夫婦と久し振りに偶然出会いましたが、北海道から来たお客様を案内して来ていらっしゃいました。

この方、つい先に天皇陛下御夫妻が視察に訪れたという先進的な酪農家。その、お客さんは若い時分に酪農の勉強でお世話になったそうな。

那須地方は、本州では生乳生産日本一の酪農地帯です。
ちょっとで良いから、頭の隅に留めてね。

北海道には敵わないけど、首都圏に近いという地理的優位性があるので、経営も段々厳しくなっているようですが、頑張ってほしいものです。(ちょっと、脱線ですね。元の仕事の習性でこんな考えが出てきます、ゴメンね)


2017 11 02 ブログ もみじ真っ盛り.jpg

手慣れたところですから、さて何処へ行こうかと悩むお客さんを追い越し、一目散に大好きな水の上のステージ(木造のテラス)を目指します。

このテラスは、トップシーズンの秋以外は平日なら貸し切りになることが多いです。
僕は、ここにカメラを構え、撮影するとも無く佇んでいたり、座って物思いにふけっている時間が大好きです。

時に独り身の寂しさにどっぷり浸ることも有ります。

歩き始めて、水が多いなぁと気づきますが、先へと。

2017 11 02 ブログ 舞台のウッドデッキは水の中.jpg

始めはこの状況が理解できない僕でした。
沼を渡る橋の様な木道も無ければ、その先に続く木道と先端の大きなテラスも無いのですが、にわかには僕の脳が反応できません。

あれー。
台風で壊れて撤去されたの?と最初は考えましたが、直ぐにそんなに早く撤去できなはず。

次に、沼の中に壊れて沈んだのかな?
それにしては木材ですから、水際や水面の方にその形跡がないのです。

で、やっと気が着きました。
「水没したんだぁ!!」

良く見ると木道が水の中に先へと続いていて消えています。
カメラを出す気にもなれず帰ろうとしましたが、思い直して記録として撮りました。

2017 11 02  ぶろぐ 新湯富士は秋仕舞い.jpg

紅葉はやっぱり時期が遅すぎたのですね。
いつの間にか今年は色づく時期が昨年より早まっていたようです。

次は、丸々1年前の絵ですが、これより進んでいそう、それに台風の強風が葉をちぎり落としていったようです。

2016 11 03 大沼の新湯っ富士.jpg

今年も、標高の高い山の上の部分はこの連休が最後で終わりのようです。

でも、温泉郷の渓谷は、まだまだこれから月半ばまで大丈夫。
カエデ類が沢山あるエリアなので、渓流と一緒に素敵な紅葉が楽しめますから、まだ秋を味わっていない方はぜひ足を向けて下さいね。



にほんブログ村  良かったら是非、「栃木情報」もクリックして下さいね。

DATE: CATEGORY:写真
11月3連休は紅葉狩りの観光客で混雑状態。

僕たち地元の者は、裏街道やまだあまり知られてないところを探して楽しみます。

温泉のある渓谷沿いはまだ紅葉は見頃を過ぎてませんから、是非一度来てみて下さい。ただし、週末は混むことを覚悟してきてくださいね。

できれば温泉も楽しんでくださいね。

2017 11 02ブログ 覆いかぶさるモミジ.jpg

先に行くと行き止まりなのであまり観光客は来ませんが、段々年を経るごとに車の数も増えているような。別に危険な山岳道路ではないので多少の増加は大丈夫でしょうが、増えすぎると危険かもしれません。

何せ、不心得者が多く、カーブの途中や狭隘なところに平気で止まってカメラを出して撮影しているものも増えています。

渋滞を助長することが判らない自分本位な人も残念ながらいます。

紅葉の小さなトンネルを抜けてつづら折りの道を高度を稼げば、高い尾根筋の早めに訪れる紅葉が観られます。

2017 11 02 ブログ 尾根筋のパッチワーク.jpg

赤が綺麗な場所のはずですが、何だかこの頃はそうでもなさそうです。
パッチワークのようないろんな色が混ざり合う景色が目的ですが期待外れです。

振り返ってみれば遠景には雪を被った日光方面の山並みが見えます。
気持ちの良いパノラマを堪能できますよ。

2017 11 02 ブログ  遠くの山には雪が.jpg


僕の車以外は無いということでゆっくり見物できる環境だと判って頂けますね。

でも、今日の目的は、実はあまり規模が大きな林相ではないのですが、カラマツの部分があり、これが光を受けて輝くさまを写し取りたいのですが、時期はもう少し後、光の入り方も時間的に早すぎたようです。

2017 11 02  ブログ 尾根筋のカラマツ.jpg

もう一度、訪ねてみようかなと思いつつゆっくり下りながら、紅葉を堪能しました。前後の車もほぼ無いのでね。

では、今日もこれにて (@^^)/~~~



にほんブログ村  良かったら是非、「栃木情報」もクリックして下さいね。

DATE: CATEGORY:写真
那須地方の西部にある塩原温泉郷は、渓谷の美と温泉の豊富さが売りです。

御用邸がある那須高原の観光地とは全く趣が違って、静で豊かな自然美に抱かれているような温泉街として成熟した大人の魅力があります。大正天皇が使った小さな別荘も残っています。

もっとも混むのが、この11月上旬から中旬の紅葉時です。
ただし、僕がお勧めするのは五月の「青もみじ」なんですがね。

今回は、この温泉郷をぐるりと回る、僕の時々出掛ける周遊コース(簡単な撮影時間を入れて3時間程度)の秋の編になります。

2017 11 02 ブログ  朝日.jpg

朝早めに起きたら雲を避けて太陽がご挨拶に出てきました。
快晴とは行きませんが、これは撮影に出掛けないといけません。

少し家事を片付け、家を出たのは8時半過ぎ頃になりました。

めったに撮影しない温泉郷の真ん中あたりですが、駐車場に車を止め紅葉状況を簡単に撮りました。

2017 11 02  ブログ 塩原渓谷 釣り人独り.jpg

河原ではフライフィッシングのお客が1人楽しんでいるようです。
ここは箒川、一部はキャッチ&リリース(釣っても、放流すること)の部分があり、簡単に河川出られることも有り結構来客があります。

漁協の努力も有るのでしょうが、少しファンが増えてきているような。

紅葉は、イマイチパッとしないような感じですが、紅葉の証拠写真です。
車で来る途中では、まだまだもみじの葉が青かったので、多分紅葉は11月15日頃までは高い山の上の方は終わりますが、ここ谷合は十分楽しめそうです。

2017 11 02 ブログ 渓谷の岩にしがみつく紅葉.jpg

ここは所謂、渓流になりますので岸部は岩になっていて、生える木々も何とかしがみ付くように生えています。
見上げると、岩に松という日本画のような岸壁も有り、日本庭園の温泉郷と言う言い方も出来るでしょうかね。

2017 11 02 ブログ 屏風岩.jpg

湯に浸かりながら雨あがりの霧が上がって山容が見え始める時の幽玄さは美しい光景ですよ。

ああ、露天、野天。
塩原には沢山の露天(野天)風呂も有り楽しめるのです。寒くなってきましたので、ゆっくり浸かって、上がりには燗酒でもチビチビやると、やっぱり日本人で良かったなぁなんて思うのではないでしょうか(カップルならなおさらでしょうかねぇ) ?

では、今日はこれにて (@^^)/~~~



にほんブログ村  良かったら是非、「栃木情報」もクリックして下さいね。

DATE: CATEGORY:写真
タイトル名は若干違いますが、昨日のブログの続き。

アルコール大好きオジサン、写真もかなり頑張って撮りますが、呑むのもそれなりに頑張ります。(こんな時に、頑張る必要なし!との、チャチヤは耳に入りませんよ~ \(^o^)/ )

5K5A8989.jpg

結婚式で酔い潰される新郎と言う図式は今まで結構見てきましたが、ここの結婚式場は新郎新婦は同じフロアの高さにあるソファに座り、食卓になるテーブルは一切ないです。

よって、僕たちには食事は当然出ますが彼らには無いのです。
新郎新婦は食べている場合ではないという日本的発想なんでしょう。(なんか変 ?)

上の写真は、新郎のサイドテーブルで、飲み物だけが置いてあります。

テーブルのキャンドル.jpg

恒例のキャンドルサービスやケーキのカットなどもあるのです。

まあ、天井の方から新郎新婦がお色直し後にゴンドラで降りてこないだけでもましかも。

メーンのキャンドル.jpg

キャンドルもつつがなく点灯し演出が成功したようです。

多分に、相当のお金を掛け、設定された結婚式でしょうが、当人達も両家も満足しているのなら、招待される側は一緒に祝ってあげるだけです。

でも、何か二人の将来のために、夢や喜びのために使った方が良いのではと思うのは、貧乏人のひがんだ考えなんでしょうかね。

ブライダルビジネスに貢献しても仕方が無いようにに思うのですよ。(勿論、結婚を貶すのではないですよ!!)

帰りの記念写真.jpg

新郎新婦と両家の送り出しを受けて皆さんそれぞれ雨の中をお帰りでした。ご苦労様でしたね、台風が接近してくるのにね。

では、これにて終了 (@^^)/~~~

この後、写真整理が膨大な時間を要す見込み。まあ、可愛い甥っ子のためだから頑張ってやるしかないね (;^ω^)



にほんブログ村  良かったら是非、「栃木情報」もクリックして下さいね。




copyright © 2017 那須の緑風に乗って all rights reserved.Powered by FC2ブログ