プロフィール

nobotyan

Author:nobotyan
はや年寄りの割引が適用されるようになったオジサンです。

妻や、猫、犬は、天国で楽しく暮らしているでしょう。
僕は、寂しい限りですが、もう少しだけこの世で頑張ろうかなと。

皆さんにお役に立つことも、最小限ですが、やりながら少しづ
つ前に進もうと考えてます。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


フリーエリア

良かったら、是非ポチィと

DATE: CATEGORY:
昨日は近所の小学校の運動会。
家の空いている駐車場を、孫の応援に少し遠くから来る親類にお貸することになっています。

ここ暫くはたっぷり競技内容は我が家まで伝わってきており、今日はよりトーンが上がって賑やかそうなので、出掛けることにしました。

さて、何処に行こうかな?中途半端な薄曇り、写真を撮るにもちと不満。
そうだ、気になっているところに行って見ようと、隣接県の福島へ出掛けます。

ブログ 進入禁止のロックヒルダム.jpg

近頃はダムを見て歩くのが静かなブームのようです。
でも、僕はそんな趣味は無いのです。

今日は、依頼もされていないのですが、まるで不動産屋さんが所有者の別荘の状態を勝手に報告するような按配で、現況を写真に撮り報告書として送りつけたという感じで、写真も多くなりますが綴ってみますね。

ブログ やれやれ到着です.jpg

ここにはやっと着きました。
途中で、目印である看板を無視した結果です。開拓地の山の中の牧草地などぐるぐると。行き止まりの所まで行ったら、不思議にこんなところでやっぱり迷っている所沢ナンバーの車。

最後は、仕方なく道端に居た開拓農家の年配の女性にお尋ね。

「ここから、100間、いやー、200間かな、行ったところを左に曲がるんだよ」と。
僕、「100間って、100メートルとか、200メートとか言う意味ですよね?」と。

「道は良いんですかね?」と僕。
「舗装されているから大丈夫!」と自信を持って案内してくれます。

多分、僕は経験から、3、400メートル位で良いのかなと。

他に、適当な道もなさそうなので言われたようなところを曲がって、心細く進みます。道自体は綺麗です。

牧場のゲートが有って、開放されたそこを進むと、締めのゲートがまたありその先まで道は綺麗に整備されています。

ブログ 遊歩道も少しは整備されてますね.jpg

本当にこの道で良いのだろうかと不安が益々募らせながら走っていると、やっと水面が目に入ります。
車道は、駐車場のところで施錠されていて先に進めませんので降りて遊歩道を行きます。

結構綺麗に整備されている場所です。

歩いて行く先には、農業用水のダムのようのでその管理棟(無人)が有ります。

ブログ お洒落な管理棟.jpg

この先には、ダムをせき止めるための、堰堤があります。ロックヒルダムの一種なのでしょうかね。

ブログ ダム堰堤は静か.jpg

この堰堤の上も進入禁止で施錠されています。車どころか人間も入れません。

でも、静かですねぇ。
ひとっこ一人いません。
近くでは騒音を立てる道路も施設も有りません。

聞こえてくるのは、少し遠くの山の上で旋回しているトンビの「ピーロロォロー」の鳴き声。
小さく届くカッコウの声。時折吹いてくるそよ風が葉をなぶる葉擦れの音。

風は爽やかです。微かに優しい水分を含んだ空気が満たしています。

時間が止まったような長閑で静寂な森の中の小さな湖です。

ブログ ちょっと可愛い管理棟.jpg

管理棟がちょっとした可愛いアクセントになっています。
阿武隈川の最上流の土地改良区の灌漑施設なんでしょうね。

近くには確か自衛隊の演習地があるはずで大砲の音も聞こえる可能性もあるのですが、今日は休日ですからお休みなのかな?

中々味わえない本当に人工の音が聞こえない時間を過ごせました。
ああ、こんな時こそ一人コーヒーを沸かして、ゆっくり味わって過ごすことをしなくてはと、準備してこなかったことを悔やみましたよ。

小さなテーブルとイスは常備して車に積んでいるし、但しコーヒーと水を忘れてました (;^ω^)

ブログ 山法師が街路樹の進入路.jpg

堰堤からの戻りは途中から閉鎖されている車道を歩きます。街路樹は山法師、盛りです。

ちょっとメルヘンティックに。

ブログ ちょっとめるへんちっくにね.jpg

やはり福島なんだなぁと思えたもの。

ブログ 福島なんだなぁ、線量計がこんな山の中に.jpg

放射能の線量計が稼働しています。何の罪も無いこんな山奥まで悪影響を与えた原発は何なんでしょうね。
僕も現役の時にはこの問題で相当苦しめられました。

帰りには、道路からわが故郷でも日々見ている那須連峰の風景を福島側からパチリ。

ブログ 溶岩ドームの茶臼と朝日岳が見える.jpg

左は溶岩ドームの茶臼岳、その右の尖がりは朝日岳、そこから福島側へと尾根伝いに何度も若い頃は縦走をしていました。
那須のオジサンは、結構山屋さんでしたのでね。北は北海道の大雪山系から南は、南、北アルプスなどね。

帰りに戻ってきて目印になるはずだった看板を確認。

ブログ 君が牛の看板だったのか?.jpg

これって、やっぱり牛のある看板なんでしょうかね? (;^ω^)

でも、うろうろと開拓地区を走ったので怪しまれたかもしれませんが、結構楽しい迷子の時間でしたよ。

那須地方を自分の住む方向ばかりでなく色んな方向から見て見るのも楽しいかもね。

帰りは、山の方へ上がって甲子道路から那須高原へ抜け家路に付きました。

では、今日は長くなりましたが僕の小さなドライブ行でした。

じゃあ、またね (@^^)/~~~


にほんブログ村  良かったら是非、「栃木情報」もクリックして下さいね。
スポンサーサイト
DATE: CATEGORY:
五月、初夏の那須は最高ですよねぇ !

1年で一番輝いて居る時だと思います。
寒い冬から解き放たれ、爆発するが如く緑があふれる季節、空は群青、雲は純白で先端はキラキラと輝いています。

心はあくまでも柔らかく、顔は上を向いて、胸を広げて那須野の大地に広がる光景を素直に見て下さい。

ブログ この初夏の緑にあと何が必要なんでしょうか.jpg

仕事や世事にまみれて下を向いている人が何と多いことか。
詰まらぬことに、まるで鎧を着た様なかたくなさで対峙している人が殆どですよね。

何かに負けないようにとね。

この光景を見てごらん、あなたには何が大切なのですかね。

「 よろい脱ぎ 初音の声も 過ぎし日に 早や盛夏にも  気付かず過ごす 」 (あれれ、nobotyan 和歌になってるじゃんかぁ (;^ω^) )

ブログ 谷間の とどく水音 若葉かな.jpg

ここは、カメラマンやハイカーに人気で関東近県からも沢山のお客様が来訪するポイントです。
連休には大勢来て駐車場からあふれて路上駐車も多くありましたよ。僕はあえて参戦せず、地元民としてお譲りさせて頂きましたよ。

「 谷あいの 水音届く 若葉かな 」 (nobotyan 詠む)

ここはスッカン沢と言って滝あり渓流ありで人気のスポットです。
僕は、もう少したった中途半端な時期に出向こうと思います。

何せ人見知りする那須オジサンですからね。
この地で会ったベテランカメラマンの方には、以前にハイカーの格好ではなく、ベタに長靴で行くのがカメラマンの常識と教示されています。

ブログ 君咲て  匂うがような 夏のズミ.jpg

そうそう忘れる前に載せておかねば。

「 君咲て 匂うような 白きズミ 」 (nobotyan 詠む)

ブログ いろどりを  どちらが添える 夏の山.jpg

山を下ってきました。
どうも少ないとはいえ車が追いかけて来るような気配。

停車し、車の中からパチリ。

「 いろどりを どちらが添える 夏の山 」 (nobotyan 詠む)

さて、あなたならどちらに軍配を上げるんでしょうかね。

僕は、○○の方ですがそれぞれその人の思いも有りますからね。


最後は里に降りて来たところで、我が憧れの君にご対面。

離れたところから超望遠で覗いてみます。

ブログ やかた窓  君がお顔を  見ゆる夏.jpg

こんな別荘に住んでいる人はよほど素敵な方のはずですが、実際は無人の歴史遺産です。

京都の東山の明治期の別荘群の中で、唯一公開された別荘があるのですが、この持ち主だった人と同じ歴史的に有名な人のものですね。

僕はこの別荘に惚れているので頻繁に通っています。入館すると少しだけお金は掛かりますが外からならタダです。
滅多に来客が無いのですよね。

「 やかた窓 君がお顔を 見ゆる夏 」 (nobotyan 詠む)

さて、これにて初夏の僕のホームグランドの周遊は一旦お仕舞です。

では、またね (@^^)/~~~


にほんブログ村  良かったら是非、「栃木情報」もクリックして下さいね。

DATE: CATEGORY:
昨日に引き続き、旅ブログの登載の合間に溜まったオヤジメシを今日も消化です。

数年前に病院から息子に何を食べさせているのかと言う家族への指導がありました。
僕は、一々メモを取るのがエンドウなので、全て写真居記録して、きちんと提出しました。

写真では実際はご飯の量とか判りずらいのですが、バランスは取れているということでその後は指示がありません。

でも、正直には、塩分の量も調理に使う油糧も絵では不明なのでどうかなと思いますが、ぎちぎちやってどこまで長生きすれば良いのかも言えないので、適度なら食べたいものを食って、もし少し早く死んでしまっても何んの後悔も無いのではと言うのが僕の姿勢です。

水餃子は残り、タケノコも残り、主夫は食べるのだよ残り物をね でも、嬉しいことに山菜はあるのじゃ.jpg

今日も残り物の料理を消化しつつ、お隣さんからいただいた山菜と、自分でたまたま取ってきたフキノトウを天ぷらにしましたよ。

実はですね、まだ我が地方の那須はですね、例の大震災の放射能の影響で、山菜やキノコの中には規制値を超えるものがあり注意喚起されてます。

僕は、立場上公的には言えませんでしたが、それ程大量に食べ無ければ問題なしと考えており、菜園の片隅に作ったシイタケの原木栽培は普通に食べていましたね。

僕は、議論は全くするつもりはないのですが、ボーダーラインを越えた越えないで言い争っている人がいますが、日頃のたばこの害や車の排気ガスの問題はどうなの?貴方の食生活は、運動は?というスタンスです。

勿論、高濃度の汚染がある地域に住む人、帰還できな人に無視しろなんて全く思っていませんし、十分注意してほしいし、除染が進み故郷に皆で戻れるようになってほしいのです。でも、福島が顕著ですが、風評被害も無視できませんよね。

我が家は、娘を含めて問題ないよと言うことで、ずーっと福島のリンゴを取り寄せて、わざわざ九州まで送っています。

でも、高尚なことを語っても、那須のオジサンのように沢山のお酒を飲んでいるような人が語っても無意味ですよね。

粉もん大好き 魚も骨ごと食べてこっそそうしょう対策.jpg

那須のオジサンは、それなりに人間ドックに行っており、検査で骨も調べられますが、平均値だそうで、よって、少しは気にしますね。骨が弱って遊びに出掛けられなくなっては困りますからね。

で、骨ごと食べられる小鰺のマリネ。

有りがたや 頂きものの竹の子 ご飯と煮物を作ったよ.jpg

オジサンだって、主夫ですから季節の味わいも作らねば。

本当にありがたいことに、若い頃からの遊び仲間が季節にはちゃんとタケノコを届けてくれます。

このタケノコは、昔ちゃんと栽培していた農家のもので、今は止めているのですが、管理されてきたものでただ単に竹林で採れるものとは全く違い、柔らかく美味しいのですね。

こんな美味しいものを分け与えて頂ける仲間に感謝ですね。

「人は、人を思い、思いの心は自ずから人に通ず」、なんちゃって訳の若いらない言葉を残し、今日はサイナラ~ !!

では、また明日 (@^^)/~~~

そろそろ、こそっと出掛けた那須の普通の、本当にそこら辺に転がっている初夏をお届けしたいです。


にほんブログ村  良かったら是非、「栃木情報」もクリックして下さいね。
DATE: CATEGORY:
さて、本日が旅のブログの最終回になります。

長々と引きずっていて申し訳ないですが、もしかして、我慢の限界を超えつつ辛抱強くお付き合いして頂いた方が、一人でもいたならこれは望外の嬉しい出来事ですね。

それはもう仏の御心のように、寛大で慈愛に満ちた行為であり、ブログの書き手の端にしがみ付くnobotyanとしては、感謝感謝です。

歩きましたよ。スマホが無い僕としては、動物的感が唯一の道案内です。同行人のAさんがスマホでナビして残り距離など教えてくれるのですが、聞く耳を持たずひたすら歩きます。

ブログ スッキリ細打ちの蕎麦 このあとふと蕎麦の田舎を追加.jpg

どうも横移動の距離感は動物的感では役に立っていませんね。
白川通り、東大通、河原町通りなど、直ぐそこで間隔は短いと思い込んでいましたよ。

歩けど歩けど届かず、しかもやっと目的のお店に着いたら満席で断られる始末。
秘めた美味しい京都中華は雲散霧消でした。これで前々回と合わせて2回降られました。

ブログ 京都蕎麦屋の再訪 蕎麦前の.jpg

第2候補の純日本的なお店へ向かう予定でしたが、あまりにもお疲れ、5か月前に一人でたち寄ったお蕎麦屋さんが結構素敵で、多分髙橋さんの翁系(今は、達磨系?)と思しき日本蕎麦屋さんへ入ります。

ここは正統派!
しっかり蕎麦前を楽しめます。御所南門の前の、丸太通りに面しています。結構な人気店ですが、待っている先客が名前を書き込んだもののいないので、先に僕達は2階へ案内されます。座りずらい席ですが我慢。

ブログ この照り やっぱり京都はニシン棒でしょ.jpg

窓辺に面したカウンター席に入ります。お隣には欧米人の若い彼と、お供で食べ方を教えてあげている可愛い女性。

オジサンの僕は、羨ましビームを全開でこの男に向かって浴びせていましたね、年甲斐も無くね (*'ω'*)

こちらはオジサン2人、多分お隣いるAさんも同じことを思って、僕が妙齢の女性ならば嬉しいのになぁと思っていたことでしょうね。

ブログ 正調のかまぼこ.jpg

ここのニシンの炊いたものも蒲鉾もこの前に食べたものですが、今回も満足でしたよ。

この後、良く言う後の祭りのようなドタバタ騒ぎ。

まだお腹には隙間が残っているということで、田舎そばの追加注文。
出てくるまでに時間が掛かり、帰る新幹線の時間が差し迫っています。

ブログ 何とか間に合いました 新幹線.jpg

上手くタクシーを拾い急ぎますが、運転手さん、僕らのような慌てている人に慣れているようで色々アドバイスを頂きました。
でも、今回は役立たず、次回にはちゃんと活用させて頂きます。

ブログ 傘雲崩れを被った富士山です.jpg

僕らは、お土産を奈良でも買い損ない、京都でも間に合わず買えませんでした。

帰りの新幹線はお休みタイム。隣に座る相棒のAさんはすっかりお疲れの様子で終始お休みでしたね。
僕は、車窓を眺めて今回の旅の思い出に浸っていましたよ。

窓辺には、傘雲崩れの富士山がお帰りと手を振ってくれましたね。

ブログ 我が夕食の焼きサバ寿司.jpg

唯一、息子の夕食も兼ねた、本当に大好きな柿の葉寿司、本場の奈良で買えなかったことをお詫びします。

結局は、家路に着く新幹線の乗り換え時間を利用し、東京駅の祭りでいつものように、僕と息子の夕飯を買い求めたのでした。
柿の葉寿司は息子に、僕の焼きサバ寿司もお詫びに、自分はほんの数切れで、残りは差上げましたよ。

これにて、今回の奈良への旅は終了です。

長い間引っ張りましてすみませんでした。

元々僕のブログは長過ぎるというご指摘があるので、一日の長さだけは切ってお伝えしています。

さて、次は何処に行こうかな!

頻繁に旅が出来る御身分でもないので、.多分6月になると思います。その間は、折角の那須地方の素敵な場所に住んでいるのですから、目新しいところ、渋いけど地元民でしか訪ねない場所などお届けできたら素敵です。

では、旅のブログも終了、本日も終了と言うことで (@^^)/~~~

「お家のね 一人寝の床(とこ) 春に旅」(nobotyan、妻の命日近くに詠む)、家がやっぱり良いでしょうとKサンは言う。

旅ブログが終了してホッとしましたね。

これからは、地道に菜園管理や、近間の小鳥さん達に遊んでもらうことで、出来るだけ楽しい日常を過ごさせて頂きますね。

懲りずに付き合ってくれて、ご訪問して頂いてる、勝手に言いますがブログ仲間の方々に、感謝、感謝です。
今後とも、是非とも見捨てずによろしくお願い申し上げます   伏して、感謝とお願い!



にほんブログ村  良かったら是非、「栃木情報」もクリックして下さいね。
DATE: CATEGORY:
銀閣寺から、脇道を伝って哲学の道へと降りてきましたよ。

この辺になると、もう雨と言うことも有り散策している人は極僅かで、足元に注意しながらゆっくり歩きます。

ブログ 雨後の哲学の道.jpg

この疏水、琵琶湖疏水の一部で、わが故郷の那須疏水と一緒で、明治期に作られ日本三大疏水の一つです。
まあ、この「日本三大○○」と言うのは、どの分野でも人によって選定が違うので、学術的主張はしませんよ。

でも、ここも晴天で人が少なかったら、確かに最高のお散歩道ですよね。デートのお二人散歩にも最高。

ブログ 雨中の哲学の道のお散歩デート.jpg

カップルでのお散歩、本当に羨ましい限りです。

「疏水路で 思い出流す ひとり夏」(nobotyan 詠む)


そろそろ、今回の旅行では拝観予定の場所がお仕舞になりそうです。

ブログ 法然院の山門.jpg

哲学の道に隣接の法然院へ向かいます。
観光客は極少なく、京都のしっとりした雰囲気の素敵な空間に出合えました。

ちょっと残念なのは、お背中をお借りしたのは僕よりご先輩のご夫婦です。こういう絵は、出来れば少し若いカップルで寄り添っていてもらいたいのですが、まあ贅沢ですかね。

今日は、法要があり喪服姿の十数人の一団が本堂から山門に向かって出てきました。
我々は、隅に避けてお通しします。彼らが優先なのは当然で、ここは観光施設より前に、お寺なんですからね。

皆さんがお出になったあと境内へと入ります。ここは拝観料は取りません。

ブログ 法然院の水鉢.jpg

素敵な心配りの水鉢がありましたよ。
こんな小さな所まで気を使ってお寺を維持し、衆生の生きるものたちの行く先を照らしてくれているのですね、感謝。

仏の導く道、お寺の目指す心配りが少しだけ感じられましたよ。

ブログ 法然院のお池.jpg

しっとりとしたお池もまた風情があります。

その先には、コブシの花びらでしょうか、散華(さんげ)のように花を撒いて仏の歩む道を彩っているような。

散華には、戦時中の若者の命を散らすことを表現するのに使わていたようですが、これには僕はあまり使いたくないのです。

何処なのか失念しましたが、地方の子供たちの宗教行事で、集落の小さな子供達が本当に沢山の花びらを集めて、地蔵様か仏様かの渡御の様な道筋にまき散らす光景は、平和で素敵な行事ですが、こんな時にこそ「散華」と言う言葉を使いたいものですね。

最後に、悪い癖のブツクサを言ってしまいましたが、これにて御仏様へのご訪問は終了です。

最後は、残念ながら、この日は門を閉ざした「安楽寺」にて終了となりました。

ブログ 安楽寺 受け入れは特別な日だけね.jpg

もしかしたら、ここは秋のモミジの秘めた名所になっているのかも?

もう新緑から青もみじへと移ろい始めています。

こんなのを見たら、青もみじを求めて、またどこかに出掛けたくなりますね。
昨年は、5月に滋賀、京都の一人旅でした。

では、今日はこれまでです (@^^)/~~~

実はですね、今日は、妻の命日です。
朝の内に墓参りに行って来ました。

さて、明日で、そろそろエンディングに入りたいですね。
大好きな食い物のお話でまとめますかね、僕らしく。


にほんブログ村  良かったら是非、「栃木情報」もクリックして下さいね。




copyright © 2018 那須の緑風に乗って all rights reserved.Powered by FC2ブログ