プロフィール

nobotyan

Author:nobotyan
はや年寄りの割引が適用されるようになったオジサンです。

妻や、猫、犬は、天国で楽しく暮らしているでしょう。
僕は、寂しい限りですが、もう少しだけこの世で頑張ろうかなと。

皆さんにお役に立つことも、最小限ですが、やりながら少しづ
つ前に進もうと考えてます。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


フリーエリア


フリーエリア

良かったら、是非ポチィと

DATE: CATEGORY:地域の行事
今日は、朝早いうちは陽も出て、陽だまりは暖かかったのですが、いつの間にか雲が多いなり風花が舞っています。

でも、自治会の防災訓練の炊き出しで、多くの担当する役員さんたちが8時から集合して、防災訓練がスタートしました。

2017 11 19 ブログ  防災訓練 芋煮のサービス.jpg

今日のテーマは「炊き出し訓練」です。

それでも平時ですから、ちょっと贅沢な「芋煮会」のような炊き出しですが、まずはチームワークの訓練でもあり、現実、そんな贅沢は非常時には出来ないだろうというちゃちゃはご勘弁を。

順を送って今日の三島自治会の防災訓練をレポートしますよ。

最初は、まず、「防災士」の資格を取って頂いた方に、講和をして頂きます。地区では防災士を2名の方に取得して頂き心強いですよね。

2017 11 19 ブログ 防災訓練の事前講和.jpg

今日担当する役員の方々に聞いていただき、終われば直ぐに実学訓練です。

まず、調理場となるテントを立て、調理を開始します。

2017 11 19ブログ 炊き出しの準備 テント設営.jpg

作るのは、100食以上。

メニューは、塩おむすび、芋煮に、うどんも半玉入れます。
まあ、贅沢でしょうが、来て頂く方々に喜んで頂くのも、自治会員相互の交流を醸成するには必要です。

2017 11 19 ぶろぐ 自治会員の試食.jpg

11時からの提供時には、それなりの人が集まり、美味しいと食べて頂きました。
お代わりをして食べていた人も結構いましたし、親子連れで来た人も楽しく地域の行事に参加してくれたので、初めての試みでしたが、大成功だったと思います。

2017 11 19 ブログ 防災訓練 子供も美味しくね.jpg

子供さんも楽しい行事として思い出の一つになれば、これはこれで意義のある行事になったと思います。

自治会長をはじめ開催にご尽力して頂いた各役員さん、ご苦労様でした。

では、今日はこれにて (@^^)/~~~

何だかねぇ、僕が1人でお酒を飲んだような感じで、少し後ろめたいような気も (≧▽≦)
芋煮で飲む、燗酒も(自分で用意しましたよ)美味しく、はしゃぎすぎましたかね、いい年をしてね。



にほんブログ村  良かったら是非、「栃木情報」もクリックして下さいね。



スポンサーサイト
DATE: CATEGORY:グルメ、手料理
2連続ゴルフ関係の記事になりますが、本当は1日おきです。

年に1,2回ほど開いている幼少期から高校まで一緒に遊んだ同級生の4人の集まり。

幹事は何時も僕が務めています。

埼玉から来る友人と2人でゴルフ、その後、夕方からゴルフをしない2人を加えて懇親会。

11 16 宴会 1.jpg

朝から順追って進めると…。

11 16 夜明け前.jpg

これは、その早朝のいつもの我が家のベランダからの夜明け前の絵です。

昨日届いた安物のコンデジでの初物です。(実は、少し前、鳥も撮りたいので望遠が欲しいなぁと呟いたら、ある素敵なブロガーさんから、コンデジだって撮れるとありました。でも、望遠は考えず水に強いものだけ考えました。と言うのは、やっぱり一眼の望遠レンズが欲しいので、500円玉貯金を少し積極的に進めて早く貯めてその資金にすることにしました。この考え、亡くなった妻が聞いたら、今だってお金はあるのだから先に買って楽しんだ方が良いと、アドバイスくれたでしょう。性格なんですねぇ、そうは思えないんです (≧▽≦) )

ですから、今日のアップの絵は全てこのコンデジで撮ってみましたよ。

11 16 友人とゴルフ.jpg

お天気は晴れましたが、山から吹き下ろす風はとても冷たく寒いです。
僕のホームコースなのでヘタなりにもアドバイスをしながら楽しく遊べました。

夜は、僕の家から歩いて2,3分の「宴会場 三川屋」(僕は基本的には食べ物屋さんのお名前はブログには出さない主義ですが、写真を撮っていたら、FBのお仲間の若女将が「載せるの?」とあったので、名前は出さないよと返したら、出して良いと言われたので、了解済みですよ)

だって、不味そうに撮れていたら迷惑かけてしまう恐れがあるのでね、今回は例外。

美味しいお刺身で、仲間は喜び、幹事である僕も一安心。
今度は、家族や仲間との宴会で使用すると店の名刺をもらって行きました。

11 16 宴会 2.jpg

冬はやっぱり牡蠣ですね

生ビールを2杯飲んだら、体に気を使って焼酎にと言う仲間に付き合います。

11 16 宴会 3.jpg

結構、含み香が素敵な麦焼酎です。
醸造所は、娘が住んでいる福岡県のものなので余計に嬉しかったのですがね。

11 16 宴会 4.jpg

美味しい料理で、楽しい話で、でも、年寄りオヤジは体の不調も話題に上るのですがね (;^ω^)

昨日、同級生が亡くなったという話題にはしんみりしましたがね (合掌)

では、この後の午後6時からの彼のお通夜に行って来ます。

また、明日 (@^^)/~~~



にほんブログ村  良かったら是非、「栃木情報」もクリックして下さいね。

DATE: CATEGORY:ゴルフ
自治会員の懇親を深める目的の、小さなサークル仲間のゴルフに行って来ました。

僕は、発起人で、世話人です。誰かがやらないとこういう集まりは成立しませんしね (;^ω^)

地元の那須地方には、結構ゴルフ場が多くあり、月1程度のゴルファーなら毎回新しい場所でプレーできるでしょうね (^^)v

今日は、自治会の月1回の企画です。
僕を含めリタイア組が多いので、できる限り安いゴルフ場に設定しています。

今回も初参加者が居ます。

2017 11 14  ブログ 若者はやっぱり飛ばすね.jpg

我が家の前にオープンしたお店の若いご主人も参加してくれました。
流石に若いし、びっくりするようなドライバーショットを繰り出します。でも、長年ゴルフをしていますが、これ以上の下手なパットをする人は見たことも無いほどひどいのでスコアは纏まりませんでしたね。

IMG_0054.jpg

那須地方も平野部まで紅葉前線が降りてきてますね。

ゴルフ場の近くの紅葉の名所も、来週辺りまで紅葉祭りだと掲示してありましたよ。

今日回った仲間は、初参加の人もいたので僕の組にして、後続は見知った仲間でまとめてあげました。
那須のオジサンも、結構顔に似合わず、少しは気を使って世話しているのですよ (;^ω^)

終わって、このこの若い方の人たちに反省会に誘われましたが、一日置いて、小中高と一緒だった友人達との懇親会も段度ってあるので自重しましたね。酒飲み大好き人間ですが、歳を経て来たのでこの頃少しは考えて飲んでいます。

で、それでもやっぱり寂しいから、自宅で晩酌の用意をして、一人でチビチビやりましたよ。

2017 11 14 ブログ 1人反省会.jpg

野菜が足らないメニューですねと言う、お叱りの言葉が耳にはっきり届きます (;^ω^)
でも、野菜料理は、結構手間暇かかりませんか ?

生野菜をちぎったようなサラダなら簡単でしょうが、青汁でも飲まないといけませんかね?

a href="http://nobotyan.blog.fc2.com/img/20171114190431977.jpg/" target="_blank">2017 11 14 ブログ  黒じょかは良いよね.jpg

反省会に出掛けないだけ偉いだろうと、居直ってこんなもので楽しみます。

ああ、何か足らないなぁと、これも。

2017 11 14 ブログ 上がりのウイスキー.jpg

このブログ、生中継のように作っているので、酔い過ぎては失礼が発生する心配があるので、この辺で。

では、またね (@^^)/~~~



にほんブログ村  良かったら是非、「栃木情報」もクリックして下さいね。

DATE: CATEGORY:グルメ、手料理
空き時間を利用した撮影行で山の方へ向かいます。

それなりにヘタな撮影をしながら、ロケハンを兼ねて場所を探します。

今は、まだ自分の撮影ポイントを見つける時期で、まだまだ納得できるような場所は無いのですが、それでも自分なりに、こっそり探したいと思っているのです (;^ω^)

ああ、ここは良いなあと思った場所は、結局それなりのところで、ちょっぴり悲しい思いばかりです。

そんなことを考えて車を流していたら、お蕎麦屋さんがありました。

2017 11 06 とろろそば.jpg

平日でもあり、お昼時でしたがお客は誰もいませんでした。
僕より少し年長の女将がやっている10割蕎麦のお店で、僕が入って行ってからゆっくり注文を聞きます。

注文したら、しばらくして中から僕の席の目の前に蕎麦粉と水の入ったボールを持ってきて、世間話をしながらで蕎麦粉を捏ねています。

色んなお話をして、食べるまでの時間も含めて貸し切りでお話が好きな女将で楽しむお店でした。

立地も素敵!

2017 11 06蕎麦屋の北窓から.jpg

女将は僕の住む隣の市の出で、若い頃飲みに何度も通った「親不孝通り」の出でしたよ。20年ほど前に移転してきた様子です。

でも、今日は小春日和の穏やかな日で、空気も温か、霞んでくっきりとは山並みを眺められませんでしたが、素敵なロケーションのお蕎麦屋さんです。

お蕎麦自体が最上だったとは、自分でも蕎麦を打ち、有名店へは遠方まで出掛けて食べて来た身なので、お世辞になるので言いませんが、それでも景色も含め美味しく食べましたよ。

僕は、駅の立ち食いソバも大好き、乾麺だって食べますし、ストライクゾーンは広く固執するタイプではないので、それなりに美味しさを味わっていますよ。

2017 11 06  蕎麦屋の立派な梁.jpg

素敵な梁でしょう!
旦那様が建築関係の方だそうで太い梁が天井に架かり、家全体の風格を高めています。

まあ、蕎麦屋でなくても、美味しい喫茶店やケーキ屋さんでも、口コミ頼りでしょうが流行るかもと言う素敵な場所です。

2017 11 06 蕎麦屋さん.jpg

僕は、蕎麦が好きと言うのではなく、「蕎麦屋」が好きなので、蕎麦の味や香り、歯ごたえなどを語ることはしませんよ。

それは、人の好みの問題、僕はそうなんですね (判って頂けるかなぁ?)

では、今日もこれにて (@^^)/~~~



にほんブログ村  良かったら是非、「栃木情報」もクリックして下さいね。

DATE: CATEGORY:
僕の故郷は、栃木県の北部、関東平野の最北部、那須野の大地の中です。

大規模な扇状地で水が地下にもぐり、人が住むには不適な土地です。

川は、数本流れていますが、大雨の時以外は枯れ川で、扇端の下流の地域に表出するだけで、扇頂、扇央地域は、生産、生活に常時使える川がありませんでした。

よって、明治期の水路開削をもって、大規模は農業を中心とする開発が、富国政策を進める明治政府のバックアップに寄り拓けました。

2017 11 06 新旧の頭首工.jpg

別に歴史的なお話をするつもりはありませんが、結構社会科の勉強で、首都圏からもバスを仕立てて小学生の観光を兼ねた来訪があります。

上の写真は、新旧の那須疏水の頭首工です。

この場所は、清流の那珂川に接することができる素敵な場所で、訪れる人も多くはありませ。
ただ、この日は、僕より年上と思われるグループが、僕が駐車場に戻った時に車2台に分散して乗って、珍しく5、6人見学に来ました。

2017 11 06ブログ 那珂川源流域の晩秋.jpg

北方面を望めば、源流域の那須連山の雄姿が垣間見えます。
清流は、白い波を立てながら、岩を食んで流れ下ってきます。

水の流れを目にし、清流の音を頭の中に響かせ、頭上を流れる緑風のメロディーを聞いていると、ふぅーと深い息をしながら何だか喜びの満たされた感慨が湧き起ってきます。

2017 11 06 幹に絡む紅葉.jpg

那須の自然の懐の深さが判る地域の一つがここになります。観光地ではありませんがね。

2017 11 06  ブログ水路、トンネル.jpg

頭首工を過ぎ、一度表に出て、またトンネルに入り、再び今度は表出して広い大地にそれぞれ向かって、分水され大地を潤してゆきます。

多分に、今後も度々季節を移しながら訪れることでしょう。

では、今日はこれまで (@^^)/~~~



にほんブログ村  良かったら是非、「栃木情報」もクリックして下さいね。

DATE: CATEGORY:
栃木県北部に流れる那珂川は、清流としてつとに有名でアユ釣りや観光簗、川遊びなど、景観を愛でる水に親しめる大きな川です。

僕も、この中流域で今も遊び、子供の時分は、少し離れていて冒険気分で出掛け、支流で水遊びや魚を取ったりして自然児として楽しんで生きてきました。

ですから、何時までも清涼で、誰もが親しめる河川で場所であって欲しいと願っています。

2017 11 06 ブログ  紅葉と川と橋.jpg

今日は、上流部の橋がどう変遷したかを見に行って来ましたよ。

先の絵は、もう暫く前にはなりましたが、近代的な秀麗な橋を作り、今までの谷に降りてまた登るという道筋から快適に通過できまるようになっています。

でも、何だか、旧道は懐かしいものです。

2017 11 06 ブログ1963年 旧橋.jpg

旧道の橋は、この地域が明治時代の大事な頭首工の管理も担ったので、別な橋もあったのでしょうが、現存するのは50年ほど前に作られた橋が今も使われています。

冒頭の橋は、この橋の東南側の可成り高いところを通っています。

2017 11 06 那珂川の夢の橋.jpg

上流部かかる橋は、通過するときはゆっくり目にすることは無いでしょうが、こんな綺麗な川の上に架かっているのです。

ここは市域の最端ですが、現役の時には仕事中にも来たことがありますが、この流れの中で清流にしか棲まないという「かじか」釣りをしている人を見かけました。

「かじか」は、とてもグロテスクな顔をしていて、小さな魚ですが、焼いても、揚げてもめっぽう美味しい川魚です。

カジカ酒にして飲んだら、ヒレ酒より数段美味しいと思いますよ。貴重になってしまったお魚です。

自家用の稲なんでしょうかね、「はざ掛け」して干してありました。

2017 11 06 稲の畔掛けと夢の橋.jpg

普通流通しているお米は、コンバインで刈り取りその場で脱穀。
もみ殻にして、乾燥施設で保存できるようにまでしています。

天日でじっくり干して乾燥させたお米はやっぱい美味しいのですよね。

美味しいものは、やっぱり人の手間を経て慈しまれて育てられたものを、人の手と心を入れた食べ物を最良としますよね。

勿論、現代のように忙しい時を過ごす人間は、手抜きもあっても良いでしょうが、たまには面倒でも手を掛け気持ちを入れて調理をするものを口にするのが大切だと思います。

さて、誰に食べさせましょうかね (;^ω^)

親父メシを、上げ膳据え膳で食べてみたいという方は居ますかね?

では、また明日 (@^^)/~~~



にほんブログ村  良かったら是非、「栃木情報」もクリックして下さいね。

DATE: CATEGORY:写真
僕の周遊の最後の立ち寄り先の現況をお伝えしますね。

この場所は、写真雑誌でも時々見掛ける場所で、沢や滝がそれなりに簡便にアプローチできて、楽しい撮影ができるということで来訪者が多いのでしょうね。

我が街の最西部の山の中です。僕も、この辺はそれこそ50年位前からたまに遊びには出掛ける場所でしたね。
勿論、今のような道路には整備されていないので、ハイキングの場所として少数の人が訪れる所でした。

それこそ中学校を卒業し、まだ高校生になったばかりの、共学で無い男女の同級生が集まり、下のバスが来ているところから歩いて尾根を上がり、最後は塩原まで抜けるというかなり強行軍のハイクをしたことがあります。

楽しい思い出です。(今は、数年前の台風の被害でこのコースは閉鎖されているかもしれません)

2017 11 02 ブログ スッカン沢の尾根筋.jpg

スッカン沢はこんな感じ。
どうも今年は紅色が綺麗でないような感じなのですが、僕の思い違いなのでしょうかね。

誰か素敵な人を連れて行って見せて驚いてもらうには情けない色模様ですよね。

2017 11 02 ブログ スッカン沢の谷合.jpg

僕は、紅葉より空の雲や青空の方が好きなのでこの絵でもそんなに悪い気はしてないのですが、お伝えするにはやっぱりこれぞ紅葉と言う景色も必要ですよね。

取り着き地点の駐車場には首都圏のナンバーの車が多数駐車してましたよ。
僕は、皆さんが飽きた頃、落葉後の静かに美味しい景色を探して踏み込んでみますね。雪が降る前のスタッドレスのタイヤが不要な時季ね。

それもハイカー用の靴ではなく、地味な農作業に使うような長靴が最適と、ここに頻繁に通っているようなベテランカメラマンに指導を受けたので、格好に気を使わず従うようにしますね。

さて、次は、誰も相手にしてないような場所に。
僕が大好きな場所に向かいます。

2017 11 02 ブログ 独り待っていた僕の女王様.jpg

僕だけのシンデレラ。裸の木々の中で、独り秋の最後を謳歌するように無音の華やかさを放っていましたよ。
多分、誰も撮影には来てないような感じです。

轍も無く、ここしばらくは人が通った気配も無いのですが、開発地なので道路はそれなりに敷設されています。

僕の大好きな有名な女性カメラマンのYさんは、それこそ女性でも奥山へ分け入るようですが、僕は臆病でこんなところでごまかします。

勇気を出して山の中に分け入らねば素敵な絵はものに出来ないのでしょうがね。

歳を経るごとに臆病風が吹きまわっている僕です。

2017 11 02 ブログ 忘れ去られた高原別荘地.jpg

うたかたの夢の後、と言う感じで道路整備はされて居ますが、一軒も立地されてなくそのまま放置されています。

道路はアスファルト舗装なので劣化はしてゆくでしょうが、自然に戻るには相当の時間が掛かるでしょうね。

僕が、何回かお伝えしてきた山の奥、尾根筋の開発道路は、完全に廃道にするため通行止めになってます。
開発には膨大な経費が掛かり、工事時には人的な取り返しがつかないいない犠牲者も出ましたが、結局は自然にお返しするということになっています。

少子高齢化、都市への人口集中など、今まで地道に領土を広げて来た先人の汗と血の努力も、これからは昔に戻し野生動物や植物にお返しする時代なりました。

これは悪い話ではないでしょうね。

では、またね (@^^)/~~~

暫くは、那須地方の紅葉の風情をお伝えしてきましたが、これからは冬へと向かう静かな那須の生活をお伝えできればと思っています。

何でもない、普通の、あくびが出そうな、ゆったりした時間の流れが伝わるようなとは思っていますが、これまた、自力が無く表現がが未熟なんですよね。



にほんブログ村  良かったら是非、「栃木情報」もクリックして下さいね。


copyright © 2017 那須の緑風に乗って all rights reserved.Powered by FC2ブログ